悲しくもないのに、なぜかSEXで泣いてしまう理由。

お互いの愛があって体を重ねているはずなのに、なぜか彼女が泣いている。

頬を伝う涙を見て、男性は驚くだろうし、不安な気持ちになると思います。もちろん、幸せな気持ちから来ていることもある。けれど、痛いわけでもないし悲しいわけでもないのに、SEXによって溢れてくる涙があるのです。

調査によると、46%の女性が「行為によって、なぜか泣いたことがある」と答えています。その理由を、行為中・行為後に分けて紹介します。

あくまで一説であって、断定できるものではないのだけれど、もし泣いたことがあるのなら「なるほど……」と、思えるのではないでしょうか。

36aac0d3ff9580fc31c1a654aba8350085e028f6

・SEXの最中に泣いてしまう理由

1985年、ウィリアム・H・フレイ博士によって、涙には3種類あることがわかりました

(1)基礎分泌
眼球を潤して、乾いたり固まったりするのを防ぐための涙
(2)刺激性分泌
ゴミが入った、玉ねぎがしみた時の反射的な涙
(3)情動性分泌
悲しい・嬉しいなどの感情からくる涙

SEXの最中に、感情の高ぶりとは関係なく涙が出るときは、体が刺激されたことによる(2)の反射的な涙だと考えられます。感情も動きやすい行為なので(3)も含まれているとは思うのですが、刺激性が強い場合は玉ねぎを切った時と同じように、感情を置いて反応するのです。

防衛本能が強い女性は、相手に好意があるかないかに関わらず、体のすべてを男性に預ける(服従させられると体は捉える)ことで、泣くことがあるとも言われています

・SEXの後に泣いてしまう理由

女子大学生230名に調査をした結果、約半数がSEXをした後に気分が落ち込み、泣いたことがあると答えています。

この状態は『ポスト・セックス・ブルー』と呼ばれることがあり、行為後に憂鬱、不安、嫌悪感を抱くことを表しています。人によっては、泣いてしまう場合もあります。

研究チームは、これを経験したと答えた女性に、恋人との関係が良好かどうかを確かめました。しかし、意外にも恋人との関係性にはほとんど影響がないという結果になったのです。SEXの質とも、今のところ関係は薄いと言われています。

まだ詳しい研究は世界的に進んでいない分野で、一説ではあるけれど、オーガズムによる女性ホルモンの変化によって、引き起こされるものなのだそう。


泣いた経験のある人が身近にいないと、自分だけがおかしいのか、体質的に性行為を受け付けられないのではないかと、悩んでしまうことがあるかもしれません。

けれど実は珍しいことではなく、誰にでも起こりうる可能性があるのです。黙って泣いていると、男性を困惑させてしまうかもしれない。

けれど少しでも自分自身で涙の理由を知っていたら、きっとお互いに安心できるのではないでしょうか。

この絵を見たとき、なんだかとても悲しくなった。なぜかというと、笑顔の下で泣いている彼女の気持ちが、少しだけわかるような気がしたから。作者であるvinci....
The Journal of Sex Researchの研究によれば、女性のオーガズムにこだわるのは「満足させたいから」というのは表面的な理由であって、「...
「男は泣くものじゃない」男女平等とは言っても、長い間に培われた文化は、なかなか消えないもの。自分の中にもそんな思い込み、ありませんか?写真家のMaud F...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
本能のままに、うちからわいてくる衝動のままに。
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
思いっきり泣いてしまいたい時ってありますよね?恋人、友人、家族など大切な人との離別や、仕事でうまくいかなかった時などなど。でも、音楽を聴きながら感情にまか...
さまざまな切り口で現代女性の価値観を記事にする「Elite Daily」人気ライターのGigi Engle氏。今回のテーマはズバリ「なぜ年齢が上がるにつれ...
失恋の痛手を治すのは、思いっきり泣くことだ。そんな話を聞いたことがある。現実世界に目を向けるのは、あまりにも酷なことだから。泣くことで、悪い感情が吐き出さ...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
一般的に、泣くことは“弱さの象徴”のように捉えられがち。しかしここでは、そんなイメージを覆す「Higher Perspective」の記事を紹介しましょう...
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
たとえ、愛するパートナーとのセックスでも、疲れていたり、乗り気になれない日もある。「早く終わらないかな…」なんて。そんなとき、つい「イったふり」をしたこと...
「オトコ大好き!SEX、大好き!」って公言してしまう女の子。個人的にですが、振り切ってる清々しさが好きです。そういう女の子の話って、面白いし(笑)『Eli...
女の子から新しいプレイを勉強したり、誘ったりするのって結構恥ずかしいと思う。そこで、「Thought Catalog」のHolly Riordanさんが紹...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
「泣き虫ほど、本当は精神的に強い人間」。まるで子供向けアニメの主人公のような、逆説的視点から、涙と感情の相関関係を解説した「Power of Positi...
研究結果を踏まえながら、最高のSEXのために必要なことや不必要なことが綴られている記事。数字も引用しつつ細かく説明しているので、今のセックスライフを少しで...
女性向けアダルトグッズを専門に扱うスペインのメーカー「Bijoux Indiscrets」が、オーガズムに達した女性たちの「声」を集め、サウンドライブラリ...
ドクロや兎、鹿を型どったキャンドル&ホルダーが話題になっています。その理由は、火を灯すと、まるで泣いているように見えるから。演出するのは「切ない」雰囲気!...
感覚の差をお互いに理解するのは難しいもの。とくに、男女でSEXの捉え方が全然違うというのはよく耳にする話ですが、どう感じているかにはそれぞれちょっとした特...
ここで紹介するのは「Elite Daily」の女性ライター、Gigi Engleさんの赤裸々な性体験についてのコラム。なぜ、年齢とともにセックスが「良く」...