「いつものセックス」が最高に楽しくなる、30のヒント。

想いが通じ合っている人とのSEXほど、気持ちいいものってない。

もちろん体を重ねるたびに気持ちは高ぶっていくものだけれど、SEXにもある程度のレパートリーが不可欠だと思うの。だけど女の子から新しいプレイを勉強したり、誘ったりするのって結構恥ずかしいと思うんだよね。

とは言っても、全部彼に任せてたらただのマグロ女。そんな自体は絶対に避けたいじゃない?そこで、「Thought Catalog」のHolly Riordanさんが紹介してくれている【いつものSEXを少し刺激的に変えるヒント】を30個ピックアップしてみた。

超簡単なテクニックから、ハードなものまであるから、参考にしてみてね。

01.
連続同じ場所ではSEXしないこと。
ずーっと彼の家でなんて、飽きるでしょ?

02.
ムラムラは、会う前のメールからさせておくこと。
いつもは使わない手段で、遠隔から気持ちを高ぶらせてあげてね。

03.
「今日は……電気、つけっぱなしでもいいよ…」
いつも消してと頼んでいるなら、この一言は破壊力バツグン。

04.
ひとつひとつのキスをゆっくり。
愛情を込めて丁寧にすることで、気持ちは高ぶるから。

05.
彼がお酒を飲みすぎないように、コントロールしておくこと。
飲みすぎると、いざって時に困るでしょう?

06.
前戯はプラス10分。
たまには、とことん焦らさなきゃ。

07.
今日は絶対に演技ナシ!
本当に気持ちいいところをちゃんと教えて。

08.
アナルをするなら潤滑油は必須。
これ、オプションレベルだと思わないでね。必須よ。

09.
パートナーが至らないなら、
自分で自分を気持ちよくさせて教えてあげて。

10.
SEXする前に「骨盤底筋の体操」をしてみる。
オーガズムの感度が全然違うわよ。

11.
騎乗位に疲れたら、ポジションチェンジ。
ここで疲れてると長く楽しめないからね。

12.
たまには、着衣SEX。
全部脱がせない不自由さが、逆にハマるかも。

14.
いつもより、もう少し頑張ってみる。
匂いや味も、愛で乗り切って……(笑)!

14.
オーラルセックスは氷を使って、快感を倍増。
ふふ、試してみる?

15.
鏡の見える場所でSEXしてみる。
普段は見れない様子にドキドキするはず。

16.
彼が絶頂に達しそうな時は、最高に興奮させてあげて。
そうすると感度も全然違うから、マンネリなんか無縁よ。

17.
どうしたら一緒にオーガズムを経験できるか、
たまには二人で試行錯誤してみる。
こういうピロートークも、信頼し合っているからこそ。

18.
あ、注意事項なんだけど……
アナルから普通のSEXに変えるときは、
ちゃんとコンドームも変えないとダメだからね。

19.
史上最高のSEXを思い出しながら、
今の彼とSEXしてみる。

20.
枕を使って腰、お尻、そして胸の位置を調整。
新しいポジションと快感を生み出して。

21.
いつもより「口で」入念に。

22.
普段は言えない「して欲しいこと」を、
耳元でお願いしてみる。甘えた声でね。

23.
生理中でも、彼のために手で奉仕してみる。

24.
たまには玩具を使って、刺激的な夜を準備してみる。

25.
洋画みたいに、一枚ずつセクシーに脱いでみる。
視覚的な刺激って、結構盛り上がるでしょ?

26.
痛みが出たときには、それを伝えて
新しい体位を試してみて。

27.
ハロウィンやクリスマス
イベントの日は可愛くコスプレ!
これ、彼女から積極的にチャレンジしたら嬉しいはず。

28.
一人暮らしの家があったとしても、
たまにはホテルに行ってみる。

29.
お互いの自慰を、見せ合いっこしてみる。
結構ハードル高いけど…マンネリしそうなら試してみて。

30.
たまには従順じゃなく、「ダメ」って言ってみる。
もちろん、耳元でね。

続きが読みたい方はこちらからどうぞ。

みなさん、素敵な夜を♡

Licensed material used with permission by Thought Catalog

 

【TABI LABOのsarahahができました◎】

・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと

などなど、匿名でポッチっと受付中です。こちらからどうぞ

4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
ふと思ったんです。「年老いたら私のセックスライフ、どうなっちゃうんだろう」って。
「今のセックスで満足している人も、上には上があることを忘れないで」経験を重ねていくうちにそう学んだという「Elite Daily」毒舌ライター、Zara ...
「20代は、特定の相手に縛られることもなく、自由にセックスライフを楽しめる時期。だからこそ最高のセックスを経験できる」そう信じている人たちに物申したい、と...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
セックスセラピストの肩書を持つCyndi Darnell氏の意見は、「夜の営み」に悩むすべてのカップル必見。というのも、マンネリ化したり、義務的になってし...
回数を重ねていくことで相手を知る面白さもありますが、もっとセックスを楽しむために、重要なのは、お互いのコミュニケーション。相手の好みの体位やプレイを早い段...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
よく聞くセックスの話って、キレイなものが多いけど、自分のセックスって「ふつう」じゃなくて、「理想的」でもなくて、人にはとても言えない……。「The Sch...
本当のところ、いいセックスってなんだろう?どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケー...
こんな人と出会えたら、あなたのセックスライフは燃え上がる。そのために覚えておくべきポイントを「Elite Daily」より紹介します。
彼氏とのセックスレスに悩む女性はたくさんいます。きっかけは人それぞれですが、置かれた状況は同じと言えるでしょう。セックスの回数が多いのも悩みのタネになりま...
どういうわけか、パートナーとセックスしたくない―。たまに、そう感じてしまうことはありませんか?付き合いたてや新婚の頃の気持ちのままで一生燃え上がれたらいい...
彼女がセックスに対して、どう思っているかちゃんと聞いたことはありますか?彼氏に、自分がどういうセックスが好きなのか伝えたことはありますか?「Elite D...
愛し合うカップルなのであれば、相手のカラダが欲しくなるのは当たり前。でも、ストレスや慢性的な疲労、様々な刺激にさらされ続けている現代人、「そんな気分じゃな...
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...