今さら聞けない!ブレインストーミングって何だっけ?

ディスカッションの方法のひとつである「ブレインストーミング」


会議や大学のゼミなどで一度は聞いたことがあるという方も、正しい意味やコツまで理解している人は少ないのではないだろうか。

この記事では、ブレインストーミングの意味をおさらいしつつ、そのメリットや取り組む際のコツについても紹介していきたい。

 

ブレインストーミングとは?

©iStock.com/SolStock

ブレインストーミング(brainstorming)とは、「自由な雰囲気で、他を批判せずにアイデアを出し合い、最終的に一定の課題によりよい解決を得ようとする方法」のこと。(出典:デジタル大辞泉

「ブレーンストーミング」と表記されたり、「ブレスト」と呼ばれることも。1950年頃にアメリカの広告会社の経営者であったオズボーンによって提唱された。

ブレインストーミングは「brain(脳)」と「storm(嵐)」が合わさってできた言葉。脳の中で嵐を起こすように、アイデアを巡らせるように思考する様からこう名付けられた。

「みんなで気軽に、たくさんアイデアを出し合って、最適解を導きだそうよ」というスタンスで議論を行なっていくのがブレインストーミングなのだ。

ブレインストーミングのメリット

メリット01. たくさん意見が出る

ブレインストーミングでは、とりあえず思いついたら発言してみようといったスタンスが大切にされている。ここでは、正しい正しくない、関係あるなし、は重要視されない。

そのため、自分ではよくないと思ったアイデアでも、発言してみることで、じつは優れたアイデアだったと気づくことも。さらに、その意見を聞いた他の人がそこから派生した意見を出すことで、より多くの意見が出ることに繋がる。

とはいえ、上司の前で格好悪い発言や間違った発言はできないという人も多いだろう。

そんなときは「テーマ・結論・数字・状況・気持ち」の5つを意識することで、発言の質を高められる。

▼参考記事はこちら▼

メリット02. アイデアの化学反応を起こせる

前述した通り、ブレインストーミングでは質の良し悪しに関わらず、多数の意見が飛び交う。その意見を聞いた他の人がさらにそこから派生した意見を出すことがある。つまり、よい意見はさらに良くなるチャンスがあり、さらにはあまり良くなかった意見もアイデアを組み合わせることで良い意見に変わりうるのだ。

メリット03. チームが活性化する

ブレインストーミングでは全員が気軽に意見を出しやすい雰囲気づくりが求められる。参加者ひとりひとりが雰囲気作りを意識することになり、話が弾みやすく、コミュニケーションが取りやすい関係性を築くことができるのだ。こうして作られた関係性は、ブレインストーミングの間だけではなく、普段のチームコミュニケーションをも円滑にする。

ブレインストーミングをうまく進めるコツ

©iStock.com/SolStock

コツ01. 質より量を意識する

ブレインストーングで何よりも大切なのは、たくさんアイデアを出すこと。「的外れなこといってないかな」と不安になっても、とりあえず口にしてみる。そうすることで、自己判断で切り捨てられた優れたアイデアを、取りこぼしなく1つのアイデアとして共有していくことができるのだ。

もし、自分の意見があっているか不安で言い出せないときには、「これが正解とは限らないのだけど」と一言添えてみることで、発言しやすくなるはず。

▼参考記事はこちら▼

コツ02. 否定はせず「いいね!」と肯定する

相手の意見を否定しないことも、ブレインストーミングでは大切。「でも」で否定するのではなく、「いいね!」と周りの意見を一旦受け入れてほしい。やはり、発言しても否定されてしまうような環境では、発言する側も萎縮して発言しづらくなってしまう。ブレインストーミングを円滑に進めるために、「いいね!」の精神は忘れてはならない。

ただ、これはイエスマンになればよいという話ではない。ときには軌道修正が必要な発言もあるだろう。そんな時でも、否定から始めるのではなく、いったん受け止めて、良い点を肯定しつつ、間違っているところを修正してみてほしい。

▼参考記事はこちら▼

コツ03. 自由に発言できる雰囲気を作る

ブレインストーミングでは「全員がたくさんアイデアを出すこと」が大切であるのと同時に、「全員がアイデアを出しやすい雰囲気作り」も大切。前述した、「いいね!」の姿勢もその一つ。また、チームの中には、少し消極的であんまり自分から発言できない人やアイデアに自信が持てずに発言すべきか悩んでいる人もいる。そういった人には、ぜひ「○○さんはどう思いますか?」など、声をかけて発言をしやすい環境作りをしてみてほしい。

コツ04. アイデアを記録する

ブレインストーミングをするときには、出てきたアイデアを記録してほしい。付箋に1つに1つのアイデアを書き、ホワイトボードや模造紙などの広いスペースに記録していくのがおすすめ。付箋に書くことでアイデアを視覚的にカテゴリ分けしやすくなり、大きなスペースに貼っていくことで、アイデアとアイデアの関係性などを線で結ぶこともできるのだ。

コツ05. アイデアを合体させる

ブレインストーミングの醍醐味ともいえるのが、アイデアの合体。いまいちだなと思ったアイデアでも、その欠点を別のアイデアと組み合わせることで優れたアイデアになることがある。付箋に記録したアイデアをうまく組み合わせて、面白いアイデアを作り上げてほしい。

まとめ

ここでは、複数人で行うことを前提に話を進めてきたが、ブレインストーミングは自分1人で行なっても効果的。目の前の課題に行き詰まったときにはぜひブレインストーミングを取り入れてみて。

Top image: © Jacob Lund/Shutterstock.com
この記事では、ステレオタイプ(固定概念)の意味や語源、身近な用例などを解説しています。
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
研修や会議で「ん?今、なんて言った?」というような言葉が出てくることはありませんか?そんな疑問を解決すべく、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を紹介。...
フランスで創設された「LinkedOut(リンクトアウト)」は、ホームレスの人々のためのビジネス特化型SNS。家がないってだけで仕事におけるスキルまで判断...
ウォーターローションとシリコンローションのいいとこ取りをしたような、肌なじみがいいテクスチャーが特徴です。
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
新卒で入社した企業に一生勤めるのは当たり前、なんて考え方は大げさではなく過去のもの。もちろん転職するのが正というわけでは決してないけれど、常に新たなキャリ...
ルックスのいい男性ほど、ビジネスにおいては損をしがちである。英大学の研究によるこの仮説は、デキるビジネスマンのイメージを払拭するもの。何かと得をしそうなハ...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
7月上旬、さまざまな視点から特定のモノやコトを評価するサイト「Reviews.org」にて、「Netflix」に関する情報が公開された。月額料金などが載っ...
ビジネスソリューションを生み出すアイデアに長け、これまで多くのビジネスリーダーにアドバイスをしてきたGordon Tredgold。長年のキャリアのなかで...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
少し前からよく耳にするようになった言葉「ダイバーシティ」。この記事では、ダイバーシティの意味や今日本でダイバーシティが必要とされている理由をご紹介。
家の中でのウイルス対策にピッタリ!オシャレな抗菌・抗ウイルスシート「Free-sheet(フリーシート)」をご紹介。
渋谷の新たなランドマークとして話題の「MIYASHITA PARK」に、国内2店舗目となる「eggslut」がオープン。
現代において、キャリアへの憧れは男女問わないものとなりました。女性の職場がまだ少なかった時代から長年トップCAとしてキャリアを形成してきた私ですが、いわゆ...
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
12星座の特徴や性格から、どんな仕事に向いているかという星座占い。おひつじ座は自発的に動けるような仕事、おうし座は着々とできる仕事、ふたご座は好奇心を刺激...
「The School of Life」の動画は、「やりがいのある仕事とは何か?」や「どうやって意義を見出すのか?」を考え直す機会を提供してくれます。参考...