今さら聞けない「ノンバイナリー」とは?

フェミニズム、ダイバーシティ、インクルージョン、ジェンダー平等の重要性が主張される現代。とはいえ、数多くあるジェンダーに関する言葉のそれぞれの意味を、正確に理解している人はそれほど多くないのかもしれません。

この記事では「ノンバイナリー」にフォーカスを当てました。ジェンダーの多様性について理解を深めるきっかけとなればと思います。

ノンバイナリーとは?

©Juanje Garrido/Shutterstock.com

ノンバイナリー(non-binary)とは、Cambridge dictionaryでは以下のように定義されています。

having a gender identity (= feeling of being a particular gender) that is not simply male or female

つまり、ノンバイナリーとは、ジェンダーを「男性」と「女性」で分けない考え方。「第三の性」や「ノンバイナリージェンダー」と呼ばれることもあります。

日本では、パスポートや免許証などの公的文書に性別記入欄があり、男女どちらかを記入をしなければならないことが一般的。一方、アメリカでは男女以外にもノンバイナリーを選択できる州があり、ノンバイナリーへの認識が広がっているようです。

▼参考記事はこちら▼

ノンバイナリーの代名詞「they」

英語でのノンバイナリーの人称代名詞は「they」。アメリカで最も信頼されているという『メリアム・ウェブスター辞典』にも「男や女など特定の性別では括れないノンバイナリージェンダー(トランスジェンダーやXジェンダーなど)の人たちを指す単数形代名詞を指す」として「they」が記載されています。

また、イギリスの歌手サム・スミス氏は、自身がノンバイナリーであることを公表。人称代名詞として「they」や「them」を使って欲しいと発言しています。

▼参考記事はこちら▼

ノンバイナリーとトランスジェンダーの違いは?

すでに説明したように、ノンバイナリーは「男女にとらわれない」考え方。

一方、トランスジェンダーは「性同一性障害者のうち、解剖学上の性とは逆の性で社会生活を行うが外科的手術までは望まない人」のこと。(引用:大辞林 第三版) つまり、身体の性別と心の性別の自認が一致しない人を指す言葉です。

まとめ

この記事では、あらためて知っておきたい「ノンバイナリー」のことをお話ししてきました。ジェンダーについて考えるときに最も大切なのは、相手が自分自身をどのように捉えているのか、どのように認識してもらいたいと考えているのかを知ることなのです。

Top image: © GoodStudio/Shutterstock.com

関連する記事

この記事では、ジェンダーフルイドの意味やノンバイナリーとの違い、ジェンダーフルイドなファッションについても紹介していきます。
この記事では、ステレオタイプ(固定概念)の意味や語源、身近な用例などを解説しています。
新たに追加された「X」は「ノンバイナリー」とも呼ばれる自身の性別を男性と女性のいずれかに限定することを難しいと考える人に設けられた選択肢である。
最近聞かない日はないともいえるジェンダーの話。この記事では、LGBTQの意味やLGBTQへの取り組みについて紹介していきます。
画期的なリユーザブルボトル「Origami Bottle」が登場した。ボトル形状では高さ21cmの大容量ながら折りたたむと5.5cmの超コンパクトサイズに!
同じ人種やジェンダーのセラピストを探せるアプリ「Ayana」の紹介。
新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと住...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
完璧にというには程遠いが、ジェンダー不平等は解消されつつある。カリフォルニア州バークレー市は、単語に含まれるジェンダー差までもなくすつもりだ。
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
備蓄のために保管され、賞味期限が過ぎてしまった廃棄予定のお米を活用した新たな紙素材「kome-kami(コメカミ)」。そんな素材を使用したノートと名刺が「...
この記事で紹介していく「パンセクシャル」は今後、LGBTと並んで一般的な考え方へとなっていくはずの言葉。そんな「パンセクシャル」を一歩先取りして、その意味...
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
先日、歌手サム・スミス(Sam Smith)は、自分のジェンダーを「男でもあり、女でもある」と表現しました。しかし、周りと異なるがゆえに、彼は多くイジメを...
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
世界的な調査会社「ギャラップ」がおこなった、性的指向に関する2020年の最新調査によると、アメリカの成人の5.6%が、LGBTを自認。「自分がLGBTであ...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
2020年内に新しく追加される117個の絵文字セット「Emoji 13.0」が絵文字の国際規格管理団体「ユニコードコンソーシアム」によって公開。
9月18日、絵文字の国際規格管理団体「ユニコードコンソーシアム」が「Emoji 13.1」として217個の新たな絵文字を発表した。これらは2021年中に利...
僕は21年間、ゲイとして生活してきました。こう語るのは明治大学3年生の松岡宗嗣さん。彼は現在、LGBTに関する出張授業等を行うNPOで活動中。その目的は、...
LGBT先進国ともいわれるタイから、ジェンダーレスなアパレルブランドが日本に初上陸。その独特なストリートウェアのビジュアルが20〜30代を惹きつけて止まな...
性の多様性を象徴するレインボーフラッグを持って行進する人たちの姿は、度々メディアに取り上げられます。が、実際に自分が参加するとなると、少しハードルが高い気...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
LGBTに関する法整備で世界に大きく遅れをとる日本。そんな状況でも、企業が婚姻の平等に賛同するメッセージを発信することは、社会を変える大きな力になるという。
めまぐるしいインターネットの普及やオリンピック種目になるのではないかという話題から、熱い注目を浴びるようになった「eスポーツ」スポーツとして本格的にプレー...
デジタルタトゥーの意味やインターネットやSNSを使う時に気をつけたいことをご紹介。
最近では女性の活躍を応援しようとさまざまな企業で取り組みが行われている。その根本にある考え方が「フェミニズム」。この記事ではフェミニズムの意味やどのような...