ジェンダーフルイドとは?ノンバイナリーとの違いは?

「ノンバイナリー」と混同しやすい「ジェンダーフルイド」ですが、しっかりと明確な違いがあります。

この記事では、ジェンダーフルイドの意味やノンバイナリーとの違い、ジェンダーフルイドなファッションについても紹介していきます。

ジェンダーフルイドとは?

©iStock.com/AlexLMX

ジェンダーフルイド(genderfluid)とは、「性自認が一定ではなく、液体(fluid)のように流動的に変わる人」を意味します。(引用:TOKYO RAINBOW PRIDE)つまり、女性であったり男性であったり、ノンバイナリーであったり、LGBTQに定義されている立場を行き来するような、性が“流動的”に変わる人のこと。

ある日はメンズ服を着て、また別の日はレディース服を着るというのもジェンダーフルイドの表現のひとつ。しかし、これはあくまでも目に見える表現の話であって、ジェンダーフルイドの根本は、もっと内面にあるアイデンティティの話であることを忘れてはいけません。

▼参考記事はこちら▼

ジェンダーフルイドとノンバイナリーの違い

ジェンダーフルイドと意味の区別が難しいのがノンバイナリー。

まず、ノンバイナリーの考え方は「人間は男性と女性とでは区別できない」というもの。

ジェンダーは伝統的な2つに分けることはできず、もっと複雑であると考えられています。

一方ジェンダーフルイドは、ジェンダーの流動性に焦点をおいた考え方です。男女に分けられる時もあれば、ノンバイナリーのようにジェンダーを定義することに違和感を覚える時もあります。

▼参考記事はこちら▼

ジェンダーフルイドとファッション

ジェンダーレス、ダイバーシティの流れはファッション業界にも。メンズ、レディースという従来の区分ではなく、多様な性、ジェンダーの人が“自分らしくいる”ためのファッションの選択肢が増えてきています。

ジェンダーレスブランド「The Phluid Project」

まず紹介したいのがアパレルブランド「The Phluid Project」。このブランドの最大の特徴は、全ての服に“Men”や“Women”といった表記が一切ないところ。Webサイトをみてもそういった類の表記は一切ありません。このブランドの根底には、「恐れずにもっと自分をオープンして表現しよう」、というブランドコンセプトがあり、ファッションによって性別が縛られることなく自由に着ることのできる服が用意されているのです。

▼参考記事はこちら▼

「WWS×JOURNAL STANDARD relume」のユニセックススーツ

こちらは「ワークウェアスーツ(WWS)」と「ジャーナル スタンダード レリューム(JOURNAL STANDARD relume)」が一緒に作った性別や体型に縛られないユニセックススーツ。カップルでシェアしてでも使えますが、ジェンダーフルイドにも最適なスーツなんです。スカーフを巻けば女性らしく、ネクタイを巻けば男性らしく、また、上品な見た目ながらも、動きやすいデザインで、様々な状況にもってこいの1枚。

Top image: © iStock.com/FG Trade
この記事ではジェンダーの文脈で取り上げられる「ノンバイナリー」について解説していきます。
最近聞かない日はないともいえるジェンダーの話。この記事では、LGBTQの意味やLGBTQへの取り組みについて紹介していきます。
この記事で紹介していく「パンセクシャル」は今後、LGBTと並んで一般的な考え方へとなっていくはずの言葉。そんな「パンセクシャル」を一歩先取りして、その意味...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
アメリカンクラフトビールが50種楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」が横浜市「たまプラーザ」駅にある複合...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
LGBTQのニュースを見ない日はない、というくらい、ここ数年で一気にその認識や理解が深まってきているような印象を受ける。でも、そこに登場する人は若者が多く...
ドイツ・ベルリンにある博物館「Schwules Museum」は、1985年から2018年までLGBTQを題材にしたゲームを紹介する展示会「Rainbow...
新たに追加された「X」は「ノンバイナリー」とも呼ばれる自身の性別を男性と女性のいずれかに限定することを難しいと考える人に設けられた選択肢である。
先日、歌手サム・スミス(Sam Smith)は、自分のジェンダーを「男でもあり、女でもある」と表現しました。しかし、周りと異なるがゆえに、彼は多くイジメを...
新型コロナウイルスの影響で、2020年は世界的に献血が不足しているという。そこで、チェコの「赤十字社」が献血を促す啓発動画を公開
新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと住...
同じ人種やジェンダーのセラピストを探せるアプリ「Ayana」の紹介。
2021年の春、アメリカにLGBTQフレンドリーな銀行「Be Money」がオープン予定。店舗はLGBTQ人口の多い街であるロサンゼルスに構えるとのこと。
世界最大級のマッチングアプリであるTinderは、LGBTQユーザーのために新機能を追加した。その機能とは、同性愛が違法とされる国に旅行中のユーザーを「リ...
完璧にというには程遠いが、ジェンダー不平等は解消されつつある。カリフォルニア州バークレー市は、単語に含まれるジェンダー差までもなくすつもりだ。
「東京国立博物館」の一部をCGで再現したバーチャルミュージアム「バーチャルトーハク」が来月19日(土)からのスタート。
新型コロナウイルスやインフルエンザはもちろんですが、今年は同時に、見分けのつきにくい「風邪」にも気をつけなければなりません。「風邪にかからないためにできる...
2020年東京オリンピックに合わせて「新宿マルイアネックス」にLGBTQの交流・情報発信の拠点となる「プライドウハウス東京2020」の開設が決定。
ヴァージン・アトランティック航空は、2019年6月にニューヨークで開催されるLGBTQパレード「ワールドプライド」へ向かう、一度限りの特別便「プライドフラ...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
「It Gets Better Project」と「Teva」とのパートナーシップ締結を記念したサンダルが新発売。
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...