茨城にある、日本で一番「LGBT」フレンドリーな田んぼ

「新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」

そう考え、あまり好きでなくとも都会へと住む場所を変えるLGBTの人はたくさんいると聞きます。やはりそのロールモデルを作り上げるのは、いつも都会。

…しかし今、その考えを一新して地方から成功事例を作り出そう、という取り組みが茨城で起こっています。それが、農業プロジェクトです。

地方にも、LGBTが
ありのままでいられる場所を

D8aaf67df8055ecdee0bb5825605e15ef90fce9a

「世の中と “LGBT” のグッとくる接点をもっと」というコンセプトを掲げて活動している任意団体『やる気あり美』。

その接点作りのひとつとして、トランスジェンダーの人々のトータルサポートを行う株式会社G-pit net worksと協同で、茨城県笠間市にて「日本一 LGBTフレンドリー」を目指した農家を作るプロジェクトを開始しました。

097992906c18b032d150e91a71f292d5f4a77eb1

農業をはじめとする第一次産業は、年々就労人口が減少。その一方で、LGBTがありのままでいられる職場もまだ数多くは存在しません。そしてそもそも、LGBTの人が自分を隠すことなく仲間と触れ合える場所は、どうしても都会に偏りがち。

そんな現状を打破するべく、このプロジェクトは地方で多様なセクシュアリティの若者が働ける場所を育て、日本社会の根底を支える「農業界」に貢献することを目標としているそうです。

体を動かす「農業」は
誰もが「繋がれる」もの

C9d9dc7cc022f7a12a8912bf14527998367c63cb

先駆けとして、今年の6月に2回、契約農家での田植えイベントが開催。プロジェクトに賛同する60名が参加し、農作業によってさまざまなバックグラウンドを持つ人たちが「偏見を超えて繋がる瞬間」を体験することができたといいます。

「農業という体を動かす協同作業は、誰もが互いの違いをこえてつながっていくのにピッタリだと思いました。何かを共に作り上げる過程の中で、LGBTであってもなくても人は分かり合いつながっていけるはずだと、私たちは信じています」

と、代表の太田尚樹さん。

人と人が関われば、たくさんの感情や思いが生まれるのは当然です。最初からすべてをさらけ出したり認めあったりするのは難しいかもしれませんが、農作業を通して「さまざまな人同士が繋がる瞬間」を積み重ねていくことができます。

それは、「都会ではできないLGBTが生きやすい場所を作る取り組み」でもあり、ここからも新たな価値や制度が生まれるはず。

人と人とが繋がる
農業体験でできた「お米」

B714d2a30ffb57e1286848d953e3c2182ed5f8500dc5b1d38e22531ff66a212b01e577777936aa44

現在、農家プロジェクトのためにクラウドファンディング中。

集まった資金は、WEBサイト制作費やお米パッケージ制作費、農家プロジェクト・リーフレット制作費などに利用される予定です。

4710e5363fa33fedbab1cb2729c8079238c80fcf442b90597e3fa9ead24bdfed5bcae4cdd17e440d

誰もが、自分の好きな場所で自分らしく、多様性を認めながら生きていける社会を作るアイデアとして注目を集める「LGBTフレンドリー農家プロジェクト」。

お互いが認めあえる場所、その一歩として、このプロジェクトがシェアされ、成功していくことは、大きな可能性を感じざるを得ません。

Licensed material used with permission by Readyfor
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
茨城県つくば市は、日本で初めてセグウェイが公道を走れるようになった街。「セグウェイは、ロボットという位置づけなんです。移動するための手段というより、移動を...
このお店、居心地がいいんです。けん玉や古本、ちょっと変わった雑貨などたくさんのものが置いてある、茨城県つくば市のカフェ「千年一日珈琲焙煎所」。「オシャレじ...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
BBQって、夏場に外でワイワイ肉や野菜を焼くことだと思ってませんか? 茨城県つくば市にある「BAR-KIN(バーキン)」の店長・河合さん曰く、あれはただの...
そう、「つくば(オス・11歳)」は、ここ茨城県つくば市にあるハンバーガーカフェ「0298(ゼロニーキュウハチ)」のデキるスタッフ犬。
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
しいたけ狩りを体験すべく、茨城県つくば市の「なかのきのこ園」へ。ひょっとするとここの社長・飯泉さんは、つくばのC.W.ニコルなのかもしれない。そんなことを...
茨城県・つくば市。筑波山の麓に、おせんべいの手焼き体験ができる「日升庵」っていうカフェがあるって聞いて行ってみましたよ。そしたらここの店長さん、かつて日本...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
秋葉原からつくばエクスプレス約45分の茨城県つくば市。ロープウェイやケーブルカーのある筑波山のアクティビティや公道を走るセグウェイ体験、おしゃれなカフェな...
茨城県つくば市にある「小菊」は、つくば駅から15分ほど歩いたところにあり、地元民から出張のお父さん方まで幅広く人気の刺身居酒屋。この街は海に面していないけ...
「筑波山」は、秋葉原からつくばエクスプレスで約45分の茨城県つくば市にあります。ここは年間を通して山登りができる、日本の百名山のひとつ。ケーブルカーやロー...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
茨城県・つくば市の筑波山にある「ガマランド」は、ただのB級スポットじゃありませんでした。廃墟と化した遊園地ゾーンの下にひっそりとある「ガマ洞窟」。その暗闇...
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
茨城県つくば市、筑波山の麓にお店を構える「松屋製麺所」さんで、朝ごはんにラーメン食べてきましたよっと。いわゆる「朝ラー」です。でもこの松屋製麺所、その名前...
茨城県ひたちなか市にある「国営ひたちなか海浜公園」は、世界有数の絶景としてしばしば紹介されるほど、国内外問わず人気の場所。ここでは、インスタグラムに投稿さ...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...