茨城にある、日本で一番「LGBT」フレンドリーな田んぼ

「新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」

そう考え、あまり好きでなくとも都会へと住む場所を変えるLGBTの人はたくさんいると聞きます。やはりそのロールモデルを作り上げるのは、いつも都会。

…しかし今、その考えを一新して地方から成功事例を作り出そう、という取り組みが茨城で起こっています。それが、農業プロジェクトです。

地方にも、LGBTが
ありのままでいられる場所を

D8aaf67df8055ecdee0bb5825605e15ef90fce9a

「世の中と “LGBT” のグッとくる接点をもっと」というコンセプトを掲げて活動している任意団体『やる気あり美』。

その接点作りのひとつとして、トランスジェンダーの人々のトータルサポートを行う株式会社G-pit net worksと協同で、茨城県笠間市にて「日本一 LGBTフレンドリー」を目指した農家を作るプロジェクトを開始しました。

097992906c18b032d150e91a71f292d5f4a77eb1

農業をはじめとする第一次産業は、年々就労人口が減少。その一方で、LGBTがありのままでいられる職場もまだ数多くは存在しません。そしてそもそも、LGBTの人が自分を隠すことなく仲間と触れ合える場所は、どうしても都会に偏りがち。

そんな現状を打破するべく、このプロジェクトは地方で多様なセクシュアリティの若者が働ける場所を育て、日本社会の根底を支える「農業界」に貢献することを目標としているそうです。

体を動かす「農業」は
誰もが「繋がれる」もの

C9d9dc7cc022f7a12a8912bf14527998367c63cb

先駆けとして、今年の6月に2回、契約農家での田植えイベントが開催。プロジェクトに賛同する60名が参加し、農作業によってさまざまなバックグラウンドを持つ人たちが「偏見を超えて繋がる瞬間」を体験することができたといいます。

「農業という体を動かす協同作業は、誰もが互いの違いをこえてつながっていくのにピッタリだと思いました。何かを共に作り上げる過程の中で、LGBTであってもなくても人は分かり合いつながっていけるはずだと、私たちは信じています」

と、代表の太田尚樹さん。

人と人が関われば、たくさんの感情や思いが生まれるのは当然です。最初からすべてをさらけ出したり認めあったりするのは難しいかもしれませんが、農作業を通して「さまざまな人同士が繋がる瞬間」を積み重ねていくことができます。

それは、「都会ではできないLGBTが生きやすい場所を作る取り組み」でもあり、ここからも新たな価値や制度が生まれるはず。

人と人とが繋がる
農業体験でできた「お米」

B714d2a30ffb57e1286848d953e3c2182ed5f8500dc5b1d38e22531ff66a212b01e577777936aa44

現在、農家プロジェクトのためにクラウドファンディング中。

集まった資金は、WEBサイト制作費やお米パッケージ制作費、農家プロジェクト・リーフレット制作費などに利用される予定です。

4710e5363fa33fedbab1cb2729c8079238c80fcf442b90597e3fa9ead24bdfed5bcae4cdd17e440d

誰もが、自分の好きな場所で自分らしく、多様性を認めながら生きていける社会を作るアイデアとして注目を集める「LGBTフレンドリー農家プロジェクト」。

お互いが認めあえる場所、その一歩として、このプロジェクトがシェアされ、成功していくことは、大きな可能性を感じざるを得ません。

Licensed material used with permission by Readyfor
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
昔ほど「一度は都会に出るべきだ」という風潮は弱まりつつありますが、それでも今だに多くの若い世代が「都会に住むこと」に憧れているもの。なかには都会に住むこと...
性の多様性を象徴するレインボーフラッグを持って行進する人たちの姿は、度々メディアに取り上げられます。が、実際に自分が参加するとなると、少しハードルが高い気...
「次のバケーションには、どこに行こうかな…」なんて考えている、旅行好きのみなさん。次は「フレンドリーさ」で選んでみるのはいかがでしょうか?もちろん観光名所...
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
茨城県ひたちなか市にある「国営ひたちなか海浜公園」は、世界有数の絶景としてしばしば紹介されるほど、国内外問わず人気の場所。ここでは、インスタグラムに投稿さ...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
僕は21年間、ゲイとして生活してきました。こう語るのは明治大学3年生の松岡宗嗣さん。彼は現在、LGBTに関する出張授業等を行うNPOで活動中。その目的は、...
9月1日、東急世田谷線・松陰神社前駅から徒歩2分のところに『カネサオーガニック味噌工房 松陰神社前』がオープンした。店主は安部美佐さん。宮城県の実家で手作...
北海道厚真町で、農家の跡取りとして原木しいたけを栽培する堀田昌意さんにインタビュー。PR方法を工夫したり、販売ルートを変更して販売量を確保するなど、経営に...
10月末、LGBT+によるスポーツ・文化の祭典である「ゲイゲームズ」の香港開催(2022年)が決定。アジア初だ。これにより見込まれる経済効果は10億HKド...
茨城県東茨城郡大洗町にある「大洗磯前神社」。そこには、海岸に立つ鳥居「神磯」があります。
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...