茨城・大洗に「宇宙港」ができるかも?

そう遠くない未来、こんな施設が、茨城県大洗港のあたりにできるかもしれない。

©スペース・バルーン株式会社

先日、この「スペースポートIBARAKI」という宇宙港のコンセプトイメージを発表したのは、ガス気球(バルーン)を利用し、成層圏をターゲットとした宇宙開発方式である「スペースバルーン」の事業などを手がける企業、「スペース・バルーン株式会社」

「スペースバルーン」自体は、すでに各国でも多くの打上げ実績があるものの、主にエンターテインメントを目指した「撮影打上げ」が多いのが特徴だ。

一方スペース・バルーン社では、会社設立後半年で「関東沖での高高度気球による飛行実験」を成功させた後、同種の飛行実験に繰り返し成功しており、この技術を応用・発展させ、今年には有人飛行実験を目指しているという。

同社によって応用開発されたスペースバルーンシステムは、通称「HATBA(High Altitude Transport BAlloon:ハトバ)システム」と呼ばれ、これは、未開拓の宇宙の入り口、いわゆる「成層圏」領域を活用した、地球から成層圏へ「運ぶ」という新規事業。

重量の大きなもの、複雑な構造や弱い構造の精密機器を安全に成層圏へ運び、一定期間、一定範囲を浮遊して地上へ帰還・回収できるこの仕組みを利用すれば、成層圏領域を活用した「宇宙開発の事前実験や実装・実証実験」「カメラやセンサー機器等を搭載したリモートセンシングによる産業発展への貢献」「防災活用」、そして「有人成層圏旅行の実現」など、さまざまな分野で、人類の持つ課題を解決し、産業発展や安心・安全な暮らし、夢の実現に貢献できるというのだ。

そして、この事業確立の先にある「究極の夢」、それが「スペースポートIBARAKI」宇宙港構想。

©スペース・バルーン株式会社

以下は、同社が発表している「スペースポートIBARAKI」のイメージ解説。

太平洋の大海原に向かう大洗港、大洗サンビーチ。

豊かな緑に覆われ、三日月形の弧を描く宇宙港桟橋の真ん中には、20人乗りの大型旅客キャビンを吊るす大気球が出発を待っている。

晴れ渡った空に海からの心地よい風と、子供たちの大歓声が交じり合い、搭乗する人、ビーチから、桟橋から、地上から、ホテルの窓からと宇宙港の様々な施設から見送る人の、それぞれの宇宙への夢を乗せて、自然の大いなる力を借りて今まさに成層圏旅行へと飛び立とうとしている。

もちろん、この宇宙港はまだ「構想」の段階で、実現するかはわからない。

でも、「宇宙旅行」に想いを馳せつつ、まずは、「成層圏旅行」から。なんて未来は確実に近づいてきているのだ。

©スペース・バルーン株式会社
©スペース・バルーン株式会社
Top image: © スペース・バルーン株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

実はすぐそこまで来ている、宇宙旅行に行ける未来。現状、いつから行けるのか、いくらで行けるかについて解説していきます。
日本でのスペースポート開港を目指す「一般社団法人Space Port Japan」が、今年6月に発表した「スペースポートシティ構想図」にワクワク。
9月15日、「Hotels.com」が近未来で可能になるだろう宇宙旅行に備えて、宇宙ホテルの宿泊予約を受け付けを開始した。
茨城県東茨城郡大洗町にある「大洗磯前神社」。そこには、海岸に立つ鳥居「神磯」があります。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
もともとは宇宙飛行士のトレーニングの一環として、出発前の宇宙飛行士たちに宇宙の香りに慣れてもらうために作られた「NASA」謹製のフレグランス「Eau de...
1975年から続く、茨城・日立の「ランドセル贈呈」のプロジェクト。日立市内の新入生全員にオリジナルのランドセルをプレゼントしています。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
10月16日、「Virgin Galactic」が宇宙旅行者向けのオーダーメイドの宇宙服を発表した。デザインは「Under Armour」が手がけている。
有人宇宙飛行の商業サービスを目指している宇宙旅行会社「Virgin Galactic」が、宇宙船として使用する予定の「VSS Unity」の客室デザインを...
「UHA味覚糖」が開発を進めていた宇宙日本食ミルクキャンディ「宇宙食 特濃ミルク8.2」。ついに「JAXA」の認証を受け、米国の宇宙企業「スペースX」が開...
茨城県高萩市の下君田地区。ここにある蔵をサウナ「コアミガメ」として改装中。
宇宙とリアルタイムでつながれる遠隔操作ロボット「space avatar(宇宙アバター)」の利用実証プロジェクトが本格スタート!
12月8日、米菓で初めて宇宙日本食認証を取得した「亀田の柿の種」が、ついに国際宇宙ステーションに到着。
11月5日、「アディダス」は「国際宇宙ステーション」の協力のもと宇宙空間での技術開発や研究をおこなうと発表した。アスリートのパフォーマンス向上に貢献するの...
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
「読む」、「書く」、「なにもしない」の3つの過ごし方を軸に、自分のために時間を使う贅沢を味わう"RETREA Healing Lounge"(リトレア ヒ...
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。