「ドローンサッカー」は、バリアフリーに楽しめる次世代スポーツだ!

eスポーツ同様、老若男女問わず、バリアフリーで楽しむことができる「ドローンサッカー」の大会が、2019年10月26日に茨城県高萩市でおこなわれる。ドローンサッカーのオープントーナメントとしては、国内初の開催だ。

ドローンサッカーは“最新”のドローンスポーツで、球体状のフレームを備えたドローンを5対5で飛ばし、ドーナツ型のゴールにドローンを通すことで得点を競うチームスポーツである。

趣味の世界から産業界まで、ドローンが活躍する世界が日に日に広がりをみせている今、ドローンが安全に運用されることは必須。

ドローンサッカーにおけるドローンの操縦は、原則的にGPSやジャイロやカメラ映像による制御など、飛行姿勢の自動制御機能を廃したマニュアル操縦ないしフルマニュアル操縦にておこなわれる。よって、このドローンサッカー競技へ参加することは、操縦技術の向上へ結びつくことも期待されるのだ。

また、時代の大きなキーワードである『ドローン』を主軸に捉えたイベントを、自治体が中心となって開催することも日本初の試み。ドローンサッカーをきっかけに、高萩市の町おこし、地域の活性化を図る狙いもある。

優勝金は20万円。当日はドローンの空撮体験や自撮り体験、ミニドローンの操縦体験などもでき、まさにさまざまな世代がドローンを身近に感じることができる楽しいイベントになりそうだ。大会参加条件やエントリー方法などの詳細は下記ホームページで確認を。

<ドローンサッカー参考動画>

© 2019 オートバックス

ドローンサッカーオープントーナメント大会2019

【公式ホームページ】https://drone-soccer.jp/

Top image: © 2019 株式会社茨城航空技術研究所
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
フォトグラファーやビデオグラファーとして活躍するDan Watsonさんは、3人の子どもたちと一緒にビーチで遊んでた。そこでドローンを使って撮影すると……。
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
「ANAホールディングス」と五島市は「自律制御システム研究所」「NTTドコモ」などと協力し、長崎県五島市における有人島間のドローンを用いた物流網の構築を目...
8月に開催された「スポーツクライミング世界選手権」のレポート記事です。
勝機を見出したIKEAは、医療用3Dプリンター技術を有するデザイン事務所「UNYQ」とeスポーツに特化した教育機関「Area Academy」の協力を得て...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
8月6日、女性のエンパワーメントを推進する目的でデートアプリ「Bumble」が、eスポーツ団体「Gen.G」と共同で、女性だけのeスポーツチーム「Gen....
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
2020年4月、「泊まれるeスポーツ施設」をコンセプトにしたホテル「e-ZONe ~電脳空間~」が大阪に誕生。
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
「デニムクライマー」と呼ばれるスポーツクライミングの土肥圭太選手にインタビューしました。