40年以上続く茨城・日立の「ランドセル大作戦」

ピカピカの一年生が新生活をスタートさせてから、早3ヵ月。ようやくランドセル姿も様になってきたところでしょう。ですが、来年度に向けた次の「ランドセル商戦」はすでに渦中。カラバリ、値段、軽さ……子ども以上に親は悩み事いっぱい!

そんな状況をサポートするのは、茨城県日立市。新入生全員にオリジナルのランドセルをプレゼント。「家庭の経済負担を減らす」を目的に、なんと、1975年にスタートしました。

ランドセルの相場は4万円前後。使用年数や耐久性を考慮したとしても、入学に向けて費用がかさむシーズンに「無料」はうれしいですよね。それに、保証書があればファスナーやベルトの破損なども無料で修理対応してもらえます。親としては、至れり尽くせりな取り組みです。

もちろん配布されるものだけじゃなく、好みのランドセルを用意して使ってもOK、という日立市のルール。いい意味での「ゆるさ」が、経済性と合理性の面で市民に配慮したカタチになっています。

©日立市提供
Top image: © 日立市提供
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
茨城県つくば市は、日本で初めてセグウェイが公道を走れるようになった街。「セグウェイは、ロボットという位置づけなんです。移動するための手段というより、移動を...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
納豆嫌いの人でも美味しくポリポリ。そんな「わらチョコ納豆」は、「明治おいしい牛乳」や「ほぼ日手帳」のデザインなども手がける佐藤卓氏と茨城・水戸で創業70年...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
このお店、居心地がいいんです。けん玉や古本、ちょっと変わった雑貨などたくさんのものが置いてある、茨城県つくば市のカフェ「千年一日珈琲焙煎所」。「オシャレじ...
そう、「つくば(オス・11歳)」は、ここ茨城県つくば市にあるハンバーガーカフェ「0298(ゼロニーキュウハチ)」のデキるスタッフ犬。

人気の記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...