「21年間、ゲイとして生活してきました。」とある大学生がカミングアウトした理由

僕は21年間、ゲイとして生活してきました。

こう語るのは明治大学3年生の松岡宗嗣さん。彼は現在、LGBTに関する出張授業等を行うNPOで活動中。その目的は、LGBTがより生きやすくするために、LGBTを理解し、支援してくれる「Ally(アライ)」と呼ばれる人たちを増やすこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近、メディアではよく「LGBT」という言葉が取り上げられているが、まだまだ多くのLGBTが自分のセクシュアルマイノリティを隠して生活している。彼らがカミングアウトしやすい環境を作るためにはAllyの力が必要不可欠なのだという。

明治大学の学生に
Allyを増やしたい!

Allyを増やす活動のひとつとして、2015年12月7日〜11日、松岡さん自身が通う明治大学で「MEIJI ALLY WEEK」というイベントを開催する。

■「MEIJU ALLY WEEK」とは?

簡単に言えば、明大生にLGBTの現状を広めてAllyになってもらおう!というもの。

それぞれの日程で開催する内容は異なり、まず7日〜9日はフラーヤーの配布やSNSを用いてのPR活動。
10・11日は学生にAllyのキャンペーンカラーである「白色」のファッションを身につけて登校、写真ブースで撮影。それをSNS等を使って「Allyになりたい!」「Allyになった!」などのコメントとともに発信、拡散してもらう。

ちなみに、白の上にはどんな色でも塗ることができる。これからひとりひとりが自分らしい色を表現できることを願ってキャンペーンカラーは白色にしたのだとか。

lgbt_02

■「男らしさ、女らしさ≠自分らしさ」

さらにもうひとつ。10日には駿河台キャンパスにてファッションショーを開催。タイトルは「Gender Graduation Fashion Show」。

開催の目的は多くの人に既存の「男らしさ」「女らしさ」によって、生きづらさを感じているLGBTの気持ちを理解してもらうこと。

そしてこのファッションショーを通して、今までで「男」か「女」かで考えていたことがグラデーションであることに気づいてもらう。もし無意識のうちに従来の「男らしさ」「女らしさ」に自分をあてはめている部分があったとしたら、LGBTもそうじゃない人にもすべての人がもっと多様に「自分らしく」生きることができるようになってもらえるようにすること。

明治大学から世界へ。
多くのLGBTが生活しやすい環境を

lgbt_03

明治大学にAllyが増えることで、明治大学に通うLGBTの学生が、より生きやすくなる。ダイバーシティ推進の一環として、2020年の東京オリンピックに向けても、LGBTについて考えることはとても重要だと松岡さんは言う。このイベントをきっかけに明治大学から世界へと発信していくことで、学内外の多くのLGBTが、より生きやすくなる、とも。

現在、松岡さんはクラウドファンディングサイト「READYFOR」のコチラのページでイベントの設営費用を募っている。彼らの活動の成功のために、またLGBTが住みやすい世界のために、協力したいという人は覗いてみて!

コンテンツ提供元:READYFOR

ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
嗜好の違いなんて結局のところ人それぞれ、べつに大した問題じゃあない。ところが、それが当たり前だと感じられるかどうかは、どうやらその「好み」によるというのが...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
デートは順調、家にも誘ってくれて、気づいたら色っぽいお時間に。なのに彼の「あそこ」がまったく協力してくれない。それはあなたが魅力に欠けているわけではなく、...
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
スマートフォンに関して、悩ましい問題のひとつに“ケーブルちぎれ問題”がある。毎日、充電するから負担がかかるのは当然だけど、繰り返し買い直す人も多いのが事実...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...