韓国の大学で「私も逮捕して!」というポスターを学生たちが貼る理由

ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、「同性愛を罪とするならば、私も逮捕して!」という内容のポスターが貼られるムーブメントが起きている。

一連のカミングアウトの根底にあるのは、保守的な社会に対する若者たちの不満だろう。LGBTが一般的な用語として浸透している流れの中で「私たちの時代は違う」と声高に発しているように見ることができる。それにしても、若者たちを覚悟させるにいたった真意は何なのだろうか。日本のマスコミでは報道されない深い部分まで探ってみた。

以下、韓国メディアである『the hankyoreh:ハンギョレ』に掲載された記事を紹介しながら、考察したい。

韓国の大学生たちが綴る
ストレートなメッセージ

同性愛者を批判する大統領候補者達の発言を受け、ゲイ兵士のための学生団体による抗議運動が勃発

「私も逮捕して」と書かれたポスターが、韓国の大学のキャンパスに次々と貼られています。これは当初、ゲイの兵士を取り締まる軍の調査に抗議するために始まりましたが、5月9日の大統領選に出馬した有力候補者からの同性愛者批判のコメントを受けて、この運動の勢いは止まりません。

この「私も逮捕して」のポスターは、4月20日に西江大学校のキャンパスに初めて登場して以来、嘉泉(カチョン)大学校、檀国(タングク)大学校、大邱(テグ)大学校、釜山(プサン)大学校、誠信(ソンシン)女子大学校、新羅(シルラ)大学校、梨花(イファ)女子大学校にも貼り出されています。また、これらはソーシャルメディア上でも幅広く公開中。

4月24日、誠信女子大学校に貼られたポスターにはこんな文字が並んでいます:「ゲイの兵士が犯罪者なら、女子大のカップルも犯罪者。だから、私達も捕まえて」。一方、新羅大学校のポスターにはこう綴られています:「"同性愛は支持しないが、処罰の対象になるべきではない。だが、差別禁止の法律を作るつもりはない"と、有力な大統領候補の一人は語っています。その一方で、(この発言に対する) 謝罪を求めに現地に向かった活動家は逮捕されました」

「軍と路上で、友人達が捕えられていますが、大学の構内は本当に安全なのでしょうか?」

また、嘉泉大学校の壁に貼られたポスターにはこう記されています:「ゲイという理由だけで、軍は40名から50名の兵士を逮捕しました。テレビでは、セクシャルマイノリティへの嫌悪感に同調する多くの発言が成されています」

「この国は本当に民主主義国家なのでしょうか?」

誠信女子大学校、梨花女子大学校、檀国大学校の一部のポスターは破り捨てられましたが、残ったポスターには「(同性愛者に対する) 憎悪のありのままの姿を、私達は決して忘れない」と書かれています。

大統領選前に
真っ二つに別れた回答

一方、公開討論会での同性愛者に関する発言で批判を集めた、共に民主党のムン・ジェイン氏 (現大統領) は、軍によるゲイ兵士狩りを「人権の侵害だ」と述べています。4月30日、人権侵害と軍のセクシャルマイノリティ差別に関する、支援と報告のネットワークは、軍のゲイ兵士狩りに関する意見を求めて、第19回大統領選挙の候補者に対して実施した緊急アンケート調査の結果を発表しました。

「ゲイという理由で人々が人権侵害の被害者とならないように、おとり捜査の廃絶と、軍での人権教育の強化が行われるべきだ」と、ムン氏の選挙事務所は回答しています。

また、正義党のシム・サンジョン氏と、民衆連合党のキム・ソンドン氏も、本捜査を「人権の侵害」と述べています。

支援と報告のネットワークによると、このアンケートの調査票は大統領候補者6名の選挙本部に、4月20日に送付されました。

しかし、ホン・ジュンピョ氏 (自由韓国党)、アン・チョルス氏 (国民の党)、ユ・スンミン氏 (正しい政党) からは回答を得られていません。

先日(5月9日)の韓国大統領選で圧勝した民主党のムン・ジェイン氏は、ゲイ兵士の逮捕を「人権侵害」と声明した人物。「私も逮捕して」というポスター活動を皮切りにした同性愛者への偏見が強い韓国社会に対してのレジスタンスは、韓国のソーシャルメディアを見ている限り継続しているようだ。

Licensed material used with permission by Park Su-ji, ,
同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...
2008年。米・大統領選のシンボルとなった「HOPE」ポスターを作成した、グラフィティ・アーティストのシェパード・フェアリー氏。このポスターは、オバマ前大...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたウェブサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」の人気イベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業直後は住友銀行に就職。働いているうちに「自分自身でないもののフリ」をし続けて生きていることに気づき...
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
愛しあう人とキスをすることが、許されない人たちがいます。そんな彼らがあえて、”禁じられたキス”で必死に訴えようとしたこと…それは、同性愛者をはじめとする、...
Hyung Joon Wonさんは、韓国と北朝鮮の非武装地帯でコンサートを行いました。その目的は、平和的な南北統一を目指すことでした。
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
ポスターハリス・カンパニー設立30周年の記念展として開催される『現代演劇ポスター展2017―演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶』。渋谷のギ...
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
ある日、カリフォルニア市内がヘンテコなポスターでジャックされました。もちろん、これらは全部がフェイク。有名人や企業を勝手に使って、ちょっと行き過ぎでしょ!...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
シドニーを拠点に活動するディスレクシア(失読症)支援団体「Sydlexia」。彼らは、二つの側面から失読症の人を助けるポスターをデザインしました。
女性ライターのZara Barrieさんが人気を集めている理由は、その赤裸々な語り口調がとてもリアルだから。とくにセックスやLGBTについての記事は、米メ...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...