提供された心臓や肺の60%以上が廃棄されている現実に、ミネソタ大学が立ち上がる

臓器移植。

他の治療方法では回復できない場合に取られる「最後の手段」であることが多く、多くの患者がドナー提供者を待ち望んでいる、というニュースなら一度くらいは耳にしたことがあるかもしれない。

心臓や肺は保存が難しく
60%は移植されずに廃棄

85e007ae983259464b272a99d5d2b02faa82343b

臓器を提供するのは、多くの場合「脳死」などによって健康な臓器を持ちながら亡くなってしまったドナーですが、当然ながらいつ亡くなるのかはわかりません。

実際、心臓や肺に関していえば、およそ60%の臓器がタイミングが合わず、移植ができないまま廃棄されてしまっているそう。移植を待っている人たちがたくさんいるのにも関わらず、です。しかし、技術的に仕方ない部分も大きいもの。

この問題を解決するために、さまざまな臓器保存に関する研究が進められてきましたが、今回、ミネソタ大学の研究によって、保存時間を大幅に延長する希望の光が見えてきたのです。

臓器の保存は
冷凍よりも「解凍」がカギ

主に組織が傷ついてしまうのは、じつは冷凍したときではなく「解凍」をするとき。

たとえば、冷凍したお肉を解凍するとき、電子レンジで急激に熱を加えるより、冷蔵庫に移してゆっくり解凍したほうがおいしいですよね。これは、加熱のスピードが速いと組織が不均一に解凍され、引き裂かれて破壊されてしまうため。

これと同じことが冷凍保存した臓器にも起こってしまい、保存の技術的ネックになっているのです。

ゆっくりと温めて
組織を傷つけずに解凍

De000842a226b1fb52bf224f694868a0ab382738

Image by University of Minnesota

今回ミネソタ大学が開発したのは、冷凍保存した組織を解凍する際、磁場とナノ粒子を組み合わせることで均一にゆっくりと温める技術(ナノ・ウォーミング)。

同様の技術はこれまでもあったのですが、1mmの組織片を温めるのが限界でした。それを50mmまで拡大したことで、より大きな組織の解凍へ繋がる見込みが出てきたそうです。

より大きな臓器が
解凍できるよう、研究は続く

52b7d3efe9ab3b7b3e133f44324b263ffe755d5f

Image by University of Minnesota

これから、ネズミやウサギ、ブタといったより大きな動物の臓器で実験を進め、最終的には人間の臓器の大きさまで解凍できるようにする予定とか。

この技術が確立されると、臓器移植がまた一歩大きく前進するかもしれません。

Top Photo by University of Minnesota
Licensed material used with permission by University of Minnesota
細胞から新しい臓器を作り出す再生医療は、ひと昔前では考えられないほどの進歩を遂げています。そしてこのたび、意外な素材から人間の心臓を作り出す研究が、米・ウ...
2014年10月24日、シドニーで世界初の「死んだ心臓」の移植が成功した。この心臓は蘇生される前に、約20分間にわたり機能を停止していた。これまで、移植に...
この動画は、心臓移植手術を受けたトレバー・サリバンくん(15歳)が、術後にその心境を語ったもの。目が覚めた後の感極まった様子を父親のフィリップさんが映像に...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
心臓のスキャンを、セキュリティに使えるよう開発したのは、ニューヨーク州立大学の助教授、Wenyao Xu博士のチームの専門家たち。近づくだけで、パソコンに...
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
2015年6月、ロンドンのデザインミュージアムが「デザイン・オブ・ザ・イヤー」に選出したのは、医療用デバイスであるマイクロチップ型の「人工臓器」だった。ハ...
もうドナーを待つ必要がなくなるかも?そんな可能性が感じられるニュースが、アメリカ科学振興協会が運営している科学誌「EurekAlert!」に掲載されました...
「Appleが新製品を出す」となると、行列ができるのはもはや定番の光景。そして、そこにインタビュアーが駆けつけるのも、お決まりの流れですよね。「いつから並...
生きていくうえで「脳が大切」というのは、すぐ理解できます。考えを司っていて、私たちのカラダの全身に影響をしているからです。そして、ここで紹介するのは、第二...
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...
漫画『王家の紋章』には、古代エジプトにタイムスリップした主人公が腕の骨を折り、治療を受けるシーンがあります。約3,000年も前に骨折治療なんてできたのか、...
孤独を感じていたり、社会的に隔離された状態にいることが、フィブリノゲンという血液を凝固させてドロドロにする成分の分泌に関係していることがわかりました。その...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
カップ麺やインスタントラーメンって、手軽で便利で美味しいのでついつい食べすぎちゃいますよね。でも、ベイラー大学とハーバード大学の調査の結果では、一部の乾麺...
中国、ハルビン医科大学の外科医Xiaoping Ren氏は、2013年に世界で初めて実験用マウスの頭部移植に成功した人物だ。これまでに約1,000頭ものマ...
患者の負担を軽減するために、傷を最小限に抑えて施術する「低侵襲手術」。これには、頑丈であり、かつ小さな道具が必要になります。2016年3月10日にブリガム...
HIV感染から女性を守る。これまでの医療技術とは全く異なる観点から、感染予防を可能にする新たな技術が「Popular Science」で紹介されている。H...
ストレスは思われている以上に危険だ。精神疾患だけでなく、死に直結する様々な病気の発症リスクがあるとされる。では、具体的にどんな病気のリスクがあるのだろうか...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...