「失読症」を理解するために作られたポスター

シドニーを拠点に活動するディスレクシア(失読症)支援団体「Sydlexia」。彼らは、二つの側面から失読症の人をサポートするポスターをデザインしました。そこには、「ディスレクシアの人の感覚を知りましょう」の文字が。

ポスターにちりばめられた
読めない文字

Afa317328a3f536a61866c7f4b9a9356873ffc8e

全体にちりばめられた記号のような模様はおそらく何かの言葉。でも、ばらばらに印刷されていてパッと見ただけでは文字として認識できません。

ディスクレシアの人はこのように、文字の処理が上手くできず、目の前の言葉をすぐに理解することが難しいという問題を抱えて生活しているのです。

加えて、もうひとつの重要なメッセージが。

Bc64011cb64c94788facab30d65a27b356bbf8a9

ポスターを、折り紙の要領で順序に沿って折っていきます。すると…

Fe7dcfde414caae32fa8905d8cecbe97d77cbbf4B3b85c334dbc584c8a0f9a273af1de18d5810cb2A96c636954e4759081ad7a847ec4f78a827329e7180b11ff5b9fa10463c3c1323776605154b91bc7

このように、書かれていた文字の意味が形になって完成する仕組みになっているんです。先ほどのポスターにはFox(きつね)と書かれていたのですね。

B8ee7206d4d03dbfe56830778e44521f25d71e94Da58e948ffcd0bd12bf06967100019b066a82b081e48777b2f6c60a48eb81fc0e2eea4342835e65fF21fb13e4afb3cc3360b118442875b722af4145e

ディスレクシアの人は、識字能力の代わりに、ものごとを絵として認識する能力に優れているとも言われています。文字が読めなくても、他の方法で認識すればいい。そんなメッセージも込められたポスターになっているんです。

Licensed material used with permission by Sydlexia
にわかには信じられませんが、実際に試してみるとどんな感覚かが実感できます。「Spritz」の機能は読書にかかる時間を大幅にカットできるという優れもの。その...
アーティストのフェデリコ・バビーナさんが公開した「Archiatric」という新しいプロジェクト。これは、心配性やうつ症状などの心の病気を、それぞれ異なっ...
もし愛犬がぐったりして体調が悪そうなら、熱中症になっている可能性があります。対策と症状を「Little Things」より紹介するので、快適に夏を過ごせる...
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
好きな人から、LINEを無視された場合は悲しくなりますよね?既読無視の場合には、尚更嫌われているのかと気になってしまいます。また、未読無視の場合には、何か...
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...
毎年夏になると、車内に残された乳幼児の熱中症による死亡事故を耳にします。アメリカ・テキサス州に住む10歳の少年Bishop Curryくんは、近所で起きた...
大切なテディベアを空港で失くしてしまったという4歳の女の子の悲しみの訴えがSNSで話題に。その投稿をローガンエアー航空会社のCAであるKirsty Wal...
何らかの精神的理由から、食事をとれなくなってしまう「拒食症」。「Me and My ED(私と私の拒食症)」は、そんな病に苦しむ患者たちの“心の声”をイラ...
やめたい、自立したいと思っていてもなかなか抜け出せないのが、「彼氏依存症」。遠距離で会えないから彼氏の気持ちが離れないか心配、とにかく別れが怖い、大好きす...
いつ誰にも邪魔されないで、自分と向き合った時間を過ごしたのかを考えてみてください。もし、思い浮かべられなかったら、依存症の可能性があるかもしれません。
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
残暑がまだまだ続きます。熱中症対策、万全ですか?東ヨーロッパから中東にかけて、多くの国で親しまれているヨーグルトドリンクがあります。ヨーグルトに水と塩を混...
画家でもありフォトグラファーでもあるTony Lucianiさんは、母Eliaさんの写真を撮り続けます。そのきっかけは、「認知症」が関係していました。
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつ...
花粉症シーズン真っ只中。辛くて薬が手放せない、なんて人も多いのでは? 早速、花粉症の症状を和らげる効果が期待できる食べ物や飲み物を紹介していきましょう。0...
ポスターハリス・カンパニー設立30周年の記念展として開催される『現代演劇ポスター展2017―演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶』。渋谷のギ...
2014年世界保健機関(WHO)が発表した男女別の平均寿命ランキングで、スイスは男性2位、女性3位の結果。欧州でも、少子高齢化が進む国のひとつです。高齢者...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...