「失読症」を理解するために作られたポスター

シドニーを拠点に活動するディスレクシア(失読症)支援団体「Sydlexia」。彼らは、二つの側面から失読症の人をサポートするポスターをデザインしました。そこには、「ディスレクシアの人の感覚を知りましょう」の文字が。

ポスターにちりばめられた
読めない文字

全体にちりばめられた記号のような模様はおそらく何かの言葉。でも、ばらばらに印刷されていてパッと見ただけでは文字として認識できません。

ディスクレシアの人はこのように、文字の処理が上手くできず、目の前の言葉をすぐに理解することが難しいという問題を抱えて生活しているのです。

加えて、もうひとつの重要なメッセージが。

ポスターを、折り紙の要領で順序に沿って折っていきます。すると…

このように、書かれていた文字の意味が形になって完成する仕組みになっているんです。先ほどのポスターにはFox(きつね)と書かれていたのですね。

ディスレクシアの人は、識字能力の代わりに、ものごとを絵として認識する能力に優れているとも言われています。文字が読めなくても、他の方法で認識すればいい。そんなメッセージも込められたポスターになっているんです。

Licensed material used with permission by Sydlexia
他の記事を見る
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
「シドニー・フィッシュ・マーケット」は近年老朽化が進み、デンマークの建築デザイン事務所「3XN」の設計図を基に建て直しが決まりました。
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
「Moto Zen」のスペックは「電話」と「電話」だけ。必要最低限のコミュニケーションを取りたい人向けのスマホだ。
醤油の原料には当然ながら塩が使われ、大豆にだってマグネシウムやカリウム、ビタミンが含まれています。ということで、秋口の熱中症予防にいかがでしょう。
現在、「Kickstarter」にて「Ekster」とトラッカーのセットが78ドル(約8,700円)。来年3月に届く予定です。
にわかには信じられませんが、実際に試してみるとどんな感覚かが実感できます。「Spritz」の機能は読書にかかる時間を大幅にカットできるという優れもの。その...
アーティストのフェデリコ・バビーナさんが公開した「Archiatric」という新しいプロジェクト。これは、心配性やうつ症状などの心の病気を、それぞれ異なっ...
もし愛犬がぐったりして体調が悪そうなら、熱中症になっている可能性があります。対策と症状を「Little Things」より紹介するので、快適に夏を過ごせる...
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
新たな観光スポットとして要チェックです。
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
好きな人から、LINEを無視された場合は悲しくなりますよね?既読無視の場合には、尚更嫌われているのかと気になってしまいます。また、未読無視の場合には、何か...
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...
2019年までにオフィスや社員食堂から使い捨てプラスチックを廃止すると明言し、環境対策に力を入れているVolvo。少しでも水質汚染を良くしようと、彼らはシ...
毎年夏になると、車内に残された乳幼児の熱中症による死亡事故を耳にします。アメリカ・テキサス州に住む10歳の少年Bishop Curryくんは、近所で起きた...
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
大切なテディベアを空港で失くしてしまったという4歳の女の子の悲しみの訴えがSNSで話題に。その投稿をローガンエアー航空会社のCAであるKirsty Wal...