すぐに財布やカギを失くしてしまうアナタが絶対に使うべき「落し物追跡タグ」

財布やカギをなくした時に、スマホのようにGPS追跡できず泣き寝入りするしかなかった…という経験はありますか?

「MAMORIO」は、世界最小の「落し物追跡タグ」。大切なものを紛失から守ってくれる優れモノです。

重さはわずか3グラム。
アラートで紛失防止!

スマホとペアリングすることで「なくした!」ということに素早く気づけるのが、MAMORIOの重要な機能のひとつ。

例えば、こんなシーン。

こちらの女性。ポーチをベンチに置き忘れたまま、次の目的地へと行ってしまった様子。

でも「MAMORIO」が付いていれば大丈夫。

それほど遠くに行かないうちにスマホへお知らせ(有効距離は約30m)。

「置き忘れしていませんか?」の神の声。

急いで先ほどのベンチに戻って、「あったー!良かったー!」と、こうなるわけです。

しかし、「MAMORIO」のすごさはこれだけではありません。

ユーザーみんなで探す
「クラウドトラッキング」

MAMORIOのユーザー同士で、協力して落し物を探せるのが「クラウドトラッキング機能」。つまり、あなたの大事な落し物の近くを他のユーザーがすれ違うと、その場所を知らせてくれるんです!

もちろん、すれ違った本人はそのことが分からないシステムなので、防犯上の心配は無用。つまり、ユーザーが増えれば増えるほど落し物の見つかる可能性が高くなるとうわけ。

そのカバーエリア(ユーザーが過去に通過した場所)も随時更新されていて、2016年3月31日の時点で、日本の国土面積の約92%に達しているそう。

重さはわずか3g。デザインもシンプルなので、自転車や傘、ペットの首輪など様々なものにつけられます。価格はひとつ3,500円(税込)。

後悔先に立たず。大切なものは、しっかり自分で守っていきたいものですね。

Licensed material used with permission by MAMORIO
他の記事を見る
現在、「Kickstarter」にて「Ekster」とトラッカーのセットが78ドル(約8,700円)。来年3月に届く予定です。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
絶対に充電器を忘れたくない!という人にはよい投資かも?
ついつい、かさばってしまうのが財布。油断していると分厚く膨らんでしまうのは、お決まりのパターン。だから、ずっと、こんな財布を探していた。その名は「Slim...
「あっ、あれがない!」外出先や旅行先で忘れ物に気づいたとき、とても絶望的な気分になりますよね。家に置いてきてしまっただけならいいのですが、外で荷物を広げた...
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
持ち運びやすい袋に洗濯板の機能を組み込むことができないか?というアイデアのもと、開発されたのが「Scrubba Wash Bag」です。
僕が愛用している〈MINIMALIGHT(ミニマライト)〉の「PLAY WALLET」です。コンパクトなのに使いやすい。本当にスゴイ財布です。
一生涯の保証付きでモバイルバッテリー内蔵、ハンガーごとシャツも収納できて遠隔でスマホを使い鍵の開け閉めができる。使いたくなる機能たっぷりのスマートキャリー...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
大切なテディベアを空港で失くしてしまったという4歳の女の子の悲しみの訴えがSNSで話題に。その投稿をローガンエアー航空会社のCAであるKirsty Wal...
あっては困る旅行中の盗難や紛失。とくに旅行カバンがなくなっては、旅そのものを楽しむどころではありません。そんな、旅行中のトラブルを解決する次世代アイテムが...
「服ヲ、買ッテクレテ、アリガトウゴザイマス」。実はこのタグ、スマホに置くと「しゃべる」んです。声の主はウミガメやサクラ、スクールバス。買ってくれたお礼を、...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
アウトドアで過ごす機会が増えるこの季節、頭を悩ましがちなのが、スマホの充電問題。「何で買わないの?」とよく尋ねられるけど、ぶっちゃけどれもこれもイマイチ。...
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...