SDカードを失くしたカメラマンが開発。本気で忘れ物をしないためのタグ付きシール

「あっ、あれがない!」外出先や旅行先で忘れ物に気づいたとき、とても絶望的な気分になりますよね。家に置いてきてしまっただけならいいのですが、外で荷物を広げたときに落としていたら、目も当てられません。

でも、このタグ付きシールさえあれば、きっとこれからは忘れ物ナシ。

シールを貼るだけ
安くて確実

忘れ物 タグ付きシール
忘れ物 タグ付きシール

「GearEye」と呼ばれるこの商品は、自分の持ち物をトラックするRFIDタグを使った商品。

とはいえ、じつは失くし物用のタグは、この「GearEye」が初めてというわけではありません。どこが画期的なのかというと、タグを貼るだけの薄いシールにしたことです。

これならペタリと貼るだけでOKですし、バッテリーも必要ありません。しかも一枚一枚が安価に生産できるので、たくさん貼りたいものがある人にとってはとてもありがたい存在でしょう。

タグに名前をつけて
管理できる

忘れ物 タグ付きシール

スマホの専用アプリを使えば、一つひとつのタグに名前をつけて管理できます。タップひとつで必要なものが全部揃っているかをチェックしてくれて、足りないものがあれば、どこにあるかも教えてくれるんです。

さらに、リストは複数保存可能。出かける場所や用途別にリストを作っておけば、持ち物が頻繁に入れ替わる人でも便利に使えます。

認識デバイスは
選べる2種類

忘れ物 タグ付きシール

タグを認識するためのデバイスは、専用の独立したドングルタイプと、スマホのケースになっているタイプの2種類。

ドングルは付属のキーリングでどこかにぶら下げるか、カバンの隅に入れておくだけでもOK。ケースタイプはつねにスマホと一緒なので、このデバイス自体を入れ忘れちゃった!なんてこともありません。

家の中でも使える!?
ありとあらゆるものへ

忘れ物 タグ付きシール

現在「KICKSTARTER」で支援を募集中。ドングルまたはケースとRFIDタグシール20個がセットで129ドル(約14,500円)。

貴重品を紛失することに比べれば、これだけでもお得と言える値段ですが、「GearEye」の真骨頂は大量のタグを安価に管理できるところ。

RFIDタグシールが80個に増えても、価格は169ドル(約19,000円)までしかアップしません。

過去に忘れ物や紛失で痛い目にあった人は、大量に購入して、ありとあらゆるものにこれを貼ってしまうのもあり。楽しい旅先や外出先で持ち物をなくしてしょんぼり…なんてことにさよならできるかも。ただ、悪用されないようにだけ、ご注意を。

Licensed material used with permission by GearEye
あっては困る旅行中の盗難や紛失。とくに旅行カバンがなくなっては、旅そのものを楽しむどころではありません。そんな、旅行中のトラブルを解決する次世代アイテムが...
「服ヲ、買ッテクレテ、アリガトウゴザイマス」。実はこのタグ、スマホに置くと「しゃべる」んです。声の主はウミガメやサクラ、スクールバス。買ってくれたお礼を、...
エティハド航空とパナソニック アビオニクスが手を組んで、時差ボケ防止アプリを開発すると発表しました。
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
プロのフォトグラファーが使っているカメラアプリ。スマホでの撮影に適したアプリの紹介、実際の加工方法までとっておきの5つを厳選しました。人や動物の動くものか...
財布やカギをなくした時に、スマホのようにGPS追跡できず泣き寝入りするしかなかった…という経験はありますか?「MAMORIO」は、世界最小の「落し物追跡タ...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
〈VICTORINOX(ヴィクトリノックス)〉の「スイスカード」。ポケットにもスリムに収納できます。26gと超軽量で中身もハサミ、ボールペン、爪楊枝までと...
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
「資生堂」は、高い技術と経験をもつ同社所属のヘアメイクアップアーティストの美的感性と、長年培ってきた研究知見をもとに「男性版顔立ちマップ」を開発。マップを...
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
クレジットカードやキャッシュカード、ポイントカードにマイレージカード。何枚も財布に入れて持ち歩くと、かさばって面倒ですよね…。そんな悩みを解決するために、...
いま、日本の一部のTwitterユーザーが「#KimOhNo」というハッシュタグをつけて、自分が着ていたり持っていたりする着物の写真を投稿しています。中に...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
1954年以来、半世紀以上にわたって名古屋のシンボルとして愛され続けてきたテレビ塔が、「THE TOWER HOTEL NAGOYA」として生まれ変わる。
「手話言語の国際デー」である9月23日、「Huawei(ファーウェイ)」はある画期的なアプリを発表した。このアプリは“シームレスな読み聞かせ”体験を可能と...
大切なテディベアを空港で失くしてしまったという4歳の女の子の悲しみの訴えがSNSで話題に。その投稿をローガンエアー航空会社のCAであるKirsty Wal...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
「Cubinote」は、専用アプリをダウンロードして、スマホやパソコンで文字を打ち込みプリンターへ送信するだけで簡単に付箋のメモが作れます。インクも不要!
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...