ハッシュタグ「#リボベジ」で投稿する、おしゃれな再生野菜が人気

毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジが、最近ちょっとしたブームなんです。

カワイく育てるエコ野菜は
見せ方もおしゃれに!

もちろん、昔からやってる人はやっている再生栽培。ですが、何がブームかといえば、自分で“リボベジった”かわいい野菜たちを写真に撮り、ハッシュタグ「#リボベジ」をつけてSNSに投稿すること。たとえばInstagramには、こんなおしゃれなリボベジたちが。まるで、みんな観葉植物を育てるように楽しんでいる感じですよね。

十字に楊枝を刺しているのはアボカドの種。水につけた部分から根が出て、上に上にと茎が伸びていくそうですよ。

似顔絵とか書いちゃったり。

こちらは、水栽培すればプラス2回は食べられると言われている、豆苗の成長過程を紹介。すくすく伸びていく様子がよく分かります。

こんなにスクスク育ってくれたら、食べるのがツラい…なんて気持ちになっても不思議じゃありません。

ここに登場した小ネギや豆苗、にんじんや大根、小松菜、さらには三つ葉やクレソン、コリアンダーなど、葉ものや根菜いろいろ試してみたくなりますね。野菜を買うとき、根付きのものを手に取れば、思わずコップに刺した姿を想像してしまうかも!?

Licensed material used with permission by heeekochs, hina.hinatun, moegi.y, yqmq_333, sadoeee, honwakasou, chibi_93g, mi9939, souksouksouk, deco.miki

関連する記事

みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
春本番のその前に、干し野菜をたっぷり仕込んで普段の料理に活かしてみませんか?
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
世界18都市の番組が聴けるイタリア発のおしゃれラジオ「THE CITY RADIO」。
ここで紹介する「Farm.One」は野菜を栽培する農場です。前身はサイクリングフィットネスが体験できるジムでした。ギャップがありますね。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
中国発のテクノロジー企業「Xiaomi」は、スマホなどのデバイスをリモートで充電する技術を発表した。この技術が一般化すれば、スマホをリモート充電できるよう...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...