ハッシュタグ「#リボベジ」で投稿する、おしゃれな再生野菜が人気

毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジが、最近ちょっとしたブームなんです。

カワイく育てるエコ野菜は
見せ方もおしゃれに!

9c4a05edf49b819fe3a9215d3d45b039c7da5245

もちろん、昔からやってる人はやっている再生栽培。ですが、何がブームかといえば、自分で“リボベジった”かわいい野菜たちを写真に撮り、ハッシュタグ「#リボベジ」をつけてSNSに投稿すること。たとえばInstagramには、こんなおしゃれなリボベジたちが。まるで、みんな観葉植物を育てるように楽しんでいる感じですよね。

E32ac79184a3736d61c371e6b75ad70933539e4dB19179e8295db495a121f9a28c210be0cfa8fa1a437404440fbbabb628f47ddb27b40104ee8aecc000828a88744889150a33b8803aa4960c940d27844b095f7a380ba5b46a0d55fccf858f29a5db92af

十字に楊枝を刺しているのはアボカドの種。水につけた部分から根が出て、上に上にと茎が伸びていくそうですよ。

A4cab46184577f38be796def518da2dc98f73047

似顔絵とか書いちゃったり。

A4358ce9856161f4877e2df36fc5d950b097f536

こちらは、水栽培すればプラス2回は食べられると言われている、豆苗の成長過程を紹介。すくすく伸びていく様子がよく分かります。

3cb271b429b5e1c4f21573eca828f5f029bb4736E39163c6e688668d04bfd644626a3eb43f72922d

こんなにスクスク育ってくれたら、食べるのがツラい…なんて気持ちになっても不思議じゃありません。

A7916d8d86e372887dad6cbfac638c8d9cfd5106

ここに登場した小ネギや豆苗、にんじんや大根、小松菜、さらには三つ葉やクレソン、コリアンダーなど、葉ものや根菜いろいろ試してみたくなりますね。野菜を買うとき、根付きのものを手に取れば、思わずコップに刺した姿を想像してしまうかも!?

Licensed material used with permission by heeekochs, hina.hinatun, moegi.y, yqmq_333, sadoeee, honwakasou, chibi_93g, mi9939, souksouksouk, deco.miki
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
YouTubeやSpotifyのURLを入力すれば、AIが2つの楽曲を自動でくっつけてくれる『Rave DJ』というサイトを発見。
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
ゲームの中に登場しそうなパステルカラーの野菜たち。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
家庭菜園に挫折した経験がある人、きっと多いことでしょう。自分で作る無農薬の野菜は魅力的だけど、実際に育てるのはけっこう面倒です。一生懸命お世話をしても結局...
寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャ...