お弁当箱みたいな「家庭菜園セット」

キッチンガーデニングのキットはたくさん売られていますが、これの特別感には注目。

キッチンの表情を損なわないスタイリッシュなデザインで、“いかにも”な見た目の鉢はイヤ!という人にもってこい。まさに都会派!

ミニスコップから土まで
すべてが一箱に

この「Urbanoasis」は、水で戻る乾燥土や種がセットになった簡易ガーデニングキット。キッチンに置いてもバルコニーに置いてもOKです。デザインもシンプルなので、デザイン重視のシステムキッチンにも違和感なくしっくりくるはず。

オールインワンだけど
付属パーツもいい感じ

最大の特徴は、土や種だけでなく、育てるための道具がセットになっていること。

水やり用の小さなカップに、ミニサイズのスコップやフォークまで付属されています。見ているだけでワクワクしてきますよね。

簡易キットで栽培した経験がある人ならわかると思いますが、通常この手のキットってかなり小さくて、ある程度成長したら大きめの鉢に植え替える必要があったりします。それがなかなか面倒だったり。
けどUrbanoasisは、簡易キットには珍しく大きめのプランター。面倒な植え替えが不要で、きちんと食べられるサイズに育つまで、このポットひとつでOKなのです。

マニュアルは不要!
直感でスタート

キットのフタは、育てるときにポットの受け皿にできる無駄のない設計。

フタや土、種、道具には番号が書かれており、マニュアルを見なくても簡単に種まきができるようになっています。

フタや道具の台に使われているのはリサイクルされたコルクなどの廃材。環境について考えるためのメッセージにもなっているのがニクい。

自分でライトにキッチンガーデニングを試したいという人にはおすすめ。プレゼントに贈っても喜ばれそうですよね。簡単に育てられるので、子どもの理科教材にもいいかも。

インダストリアルデザイナー(Andrea Mangoneさん)ならではの、環境への配慮が花マルなこのアイテム。今年の春こそ、家庭菜園に挑戦してみる?

Licensed material used with permission by urbanoasis
家庭菜園のハードルをぐっと下げてくれる「OGarden Smart」。水やりをしなくても、日光が当たらないところでも、このマシンが勝手に調整してくれます。
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
豆苗は栄養価が高くリーズナブルな緑黄色野菜。2回まで再生栽培ができ、手軽な家庭菜園としても注目されています。そんな豆苗の育て方と失敗しないコツを紹介。あな...
ペットボトルを利用して、部屋で簡単に家庭菜園を楽しめるキット「Bottle Farm」が注目を集めている。このキットを使用すれば、ペットボトルを用意するだ...
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
野菜栽培に必要な6つのセンサーを搭載したアグリセンサー「grow CONNECT(グロウ コネクト)」が「Makuake」にて販売中。
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
世界64ヵ国で大ヒットを記録したホラー映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、 終わり。 』のVRアトラクションが、東京・お台場「ダイバー...
温め、冷蔵、冷凍、湯沸かし、スムージー、超多機能弁当箱「Neoven」。
家庭菜園に挫折した経験がある人、きっと多いことでしょう。自分で作る無農薬の野菜は魅力的だけど、実際に育てるのはけっこう面倒です。一生懸命お世話をしても結局...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
ガーデニングって何を育てるのか悩むけど、それ以上に肥料や除草剤など必要なものが多いし、その「手間」に頭を抱えがち。ハードルを少しでも低くして、元気な野菜や...
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
コーヒーやお茶を入れてカップを回せば、45秒以上自動で回転して飲み物をじっくりかき混ぜてくれるカップ「WENO°」が誕生。飲み物の色を透かしながらオシャレ...
VRゴーグルを通して仮想空間でのサイクリング体験ができる専用コントローラー「Blync」がクラウドファンディングサイト「Kickstarter」でローンチ...
タブレット端末のようなこのアイテム。じつは世界最薄の弁当箱。プラスチックフリー社会実現のために開発された「MolaBox」です。
日本でも珍しい京都の弁当箱専門店「Bento&Co」が開催した、弁当箱を使った国際コンテスト。「第7回国際BENTOコンテスト2015」の結果をご覧あれ。
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
自分で育てたフレッシュなハーブや野菜を料理に使うのに憧れています。ですがキッチンはどうしても必要なアイテムが多く、なかなかプランターを置くスペースまで確保...
レストランの中には、その土地のユニークな個性を表現する手段として存在する場所もあります。ここで紹介するような、地元の食材をゲストの口元へと届けるべく努力を...
サステイナブルな生活様式を提案するプロジェクトチーム「sunaho」が、台湾のホームウェアブランド「TZULAï」と共同開発した、コーヒーかすと竹粉が主原...