お弁当箱みたいな「家庭菜園セット」

キッチンガーデニングのキットはたくさん売られていますが、これの特別感には注目。

キッチンの表情を損なわないスタイリッシュなデザインで、“いかにも”な見た目の鉢はイヤ!という人にもってこい。まさに都会派!

ミニスコップから土まで
すべてが一箱に

5517390620131328

この「Urbanoasis」は、水で戻る乾燥土や種がセットになった簡易ガーデニングキット。キッチンに置いてもバルコニーに置いてもOKです。デザインもシンプルなので、デザイン重視のシステムキッチンにも違和感なくしっくりくるはず。

オールインワンだけど
付属パーツもいい感じ

5925455462924288

最大の特徴は、土や種だけでなく、育てるための道具がセットになっていること。

水やり用の小さなカップに、ミニサイズのスコップやフォークまで付属されています。見ているだけでワクワクしてきますよね。

484787930687078455751646411489285155046106857472

簡易キットで栽培した経験がある人ならわかると思いますが、通常この手のキットってかなり小さくて、ある程度成長したら大きめの鉢に植え替える必要があったりします。それがなかなか面倒だったり。
けどUrbanoasisは、簡易キットには珍しく大きめのプランター。面倒な植え替えが不要で、きちんと食べられるサイズに育つまで、このポットひとつでOKなのです。

マニュアルは不要!
直感でスタート

60141175465574405334113896628224

キットのフタは、育てるときにポットの受け皿にできる無駄のない設計。

フタや土、種、道具には番号が書かれており、マニュアルを見なくても簡単に種まきができるようになっています。

フタや道具の台に使われているのはリサイクルされたコルクなどの廃材。環境について考えるためのメッセージにもなっているのがニクい。

4708967045398528

自分でライトにキッチンガーデニングを試したいという人にはおすすめ。プレゼントに贈っても喜ばれそうですよね。簡単に育てられるので、子どもの理科教材にもいいかも。

インダストリアルデザイナー(Andrea Mangoneさん)ならではの、環境への配慮が花マルなこのアイテム。今年の春こそ、家庭菜園に挑戦してみる?

Licensed material used with permission by urbanoasis
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
職業柄人に会うことが多いので、口臭には気を遣っています。コーヒーを飲んだ後やこってり系のご飯を食べた後には、ミントキャンディを一粒。ゴリッとカリッとした噛...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
家庭菜園に挫折した経験がある人、きっと多いことでしょう。自分で作る無農薬の野菜は魅力的だけど、実際に育てるのはけっこう面倒です。一生懸命お世話をしても結局...
ガーデニングって何を育てるのか悩むけど、それ以上に肥料や除草剤など必要なものが多いし、その「手間」に頭を抱えがち。ハードルを少しでも低くして、元気な野菜や...
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
日本でも珍しい京都の弁当箱専門店「Bento&Co」が開催した、弁当箱を使った国際コンテスト。「第7回国際BENTOコンテスト2015」の結果をご覧あれ。
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
レストランの中には、その土地のユニークな個性を表現する手段として存在する場所もあります。ここで紹介するような、地元の食材をゲストの口元へと届けるべく努力を...
自分で育てたフレッシュなハーブや野菜を料理に使うのに憧れています。ですがキッチンはどうしても必要なアイテムが多く、なかなかプランターを置くスペースまで確保...
屋内で野菜を育てて楽しむ「水耕栽培キット」に注目が集まっているのは、なにも日本だけじゃありません。あのIKEAが発売したと大きな話題になったものだけでなく...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
夫婦共働きが当たり前の現代社会。そんな中で、結婚相手として女性から支持を集めるのは、いわゆる家庭的な男性です。夫婦共働きとなると、家事や育児に協力的な男性...
自宅でハーブを育てよう!…とはいえ、水は?肥料は?光は?と考えると不安。そんなあなたには、手間がかからない上に見た目もキュートなこのアイテムがオススメ。水...
今年は梅どころか桜の開花もだいぶ早めの予報ですが、そろそろ家庭菜園のプランを考え始めるのがこの時期。さすがに気がはやいと思うでしょう、でも種まきからいくな...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。