都市生活者のための「ミミズと暮らす」卓上コンポスト

ミミズに手伝ってもらって有機ゴミから堆肥(腐植土)をつくる。いわゆる「コンポスト」が室内でできる。こう聞いて敬遠したくなる人の方が多いのは承知。ベランダでも庭でも、場所はある訳ですから。でも、ゴミ箱よりも近くにそれあれば、もっと捨てるゴミが減るかもしれない。

ミミズの力で野菜くずを堆肥に
室内用の卓上コンポスト

食品廃棄物を有機肥料に替えるコンポスト。その概念自体は何も新しいものではなりません。日本の家庭でも、生ゴミを処理して堆肥にする知恵は、農家などで古くから培われてきた生活の知恵。

ガーデニングを楽しむ人やエコ、エシカル意識の高い人たちの間で数年前からベランダやバルコニーで始めるコンポストがちょっとした話題になったことも。本来こうした堆肥づくりは「家の外」がきほんのき。どうしても時に発生してしまうハエや悪臭を避けるためです。

ところが、ここで紹介する「BIOVESSEL」は、設計段階から室内での使用をイメージしてデザインしたというんだから驚き。キッチンやテーブルの上に置かれたコンポスト、しかも中にはミミズですからね。

でも、このミミズこそがBIOVESSELの要。

悪臭なし。
森の中にいるような
なつかしい匂い!?

普通、生ゴミは発酵のプロセスにおいて悪臭を発します。が、入れた野菜くず(生ゴミ)をどんどん食べて分解してくれるのがミミズを使ったコンポスト。これなら、悪臭を放つ発酵の前に効率良く分解が始まるため、臭いが気にならない構造だとか。

もちろん、ベースの上にはちゃんと空気孔の空いたフタが付いているので、ミミズが脱走することも、構造上はありません(多分)。

さて気になるのは堆肥になるまでにかかる時間。開発者の実験では青梗菜のヘタ(60g)が分解されるまでに要したのが、ちょうど24時間。ジャガイモ、ニンジン、キュウリから出る野菜くず(200g)で72時間、これが最長。量にもよりますが、だいたい3日もあれば栄養抜群の堆肥が完成する計算です。

さすがに無臭という訳にはいかないようですが、「森の中にいるようななつかしい土の香りに感じる」という意見も。これはミミズコンポストの先駆者ジョージ・シェフィールド・オリバーが1941年に自著の中で記した言葉。

ミミズに餌を与えればいい土壌ができる。それを初めて知識と技術を用いて世に知らしめた人物の主張だけに、説得力が増すんじゃないでしょうか。

食品廃棄は家庭から
減らしていける

ところで、このプロダクト開発には多くの専門家が関わっています。たとえば生物学者、ボタニスト、ランドスケープデザイナー、建築家など。生物学的観察と実験で得た知見を生かし、自然界の力にテクノロジーをかけ合わせることで、このBIOVESSELが誕生したのです。

というのも、アメリカで毎日捨てられる生ゴミのおよそ45%が、野菜やフルーツのくず(皮やへた)。その中には使用されないまま腐らせてしまったものも。国連環境計画(UNEP)によると、その総数は年間約13億トンにも。

これら食品廃棄に回された生ゴミが温室効果ガスの排出、ひいては地球温暖化、気候変動に加担しているという現実を食卓から変えていきたい。そこに開発チーム「BIONICRAFT」のビジョンがあることを最後に。

現在、クラウドファウンディングサイトで出資を募りながら、スターターキットを先行販売価格149ドル(約15,000円)で予約受付中。最初に用意するものは、栄養たっぷりの腐植土とイキのいいミミズ数匹です。

都市型サステイナブルなミミズコンポストに興味のある人は、こちらから。詳しい説明は以下の動画でチェック。

Licensed material used with permission by BIONICRAFT
他の記事を見る
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
自給自足ですべてをまかないながら、都市生活にはない“自然との共生”をコンセプトにしたライフスタイル。ニューヨーク、サンフランシスコ、バンクーバー、メルボル...
メキシコ本場の味が三軒茶屋で。 手作りの青いタコスの専門店LOS TACOS AZULES〒154-0011 東京都世田谷区上馬1丁目17-9https:...
Bella Foxwellさんのインスタアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
持続可能なエネルギー社会の実現は、21世紀を生きる私たちにとっての至上命題。官民一体となっての代替エネルギー開発が進んでいます。環境にやさしいことは、まず...
ボツワナの都市ではなく、郊外に暮らす人々のライフスタイルにフォーカスするフォトグラファーLetso Leipegoさんの写真を紹介。
デザイナー、Katerina Kampraniさんがつくっているのは、使いようのないひねくれた生活用品たち。斬新、だけど要らない。でもキニナル。変なツボを...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
雨季以外はほぼ夏というダナンで、住人がエアコンの使用に依存することなく快適に暮らせるよう考案された、アイロンビーズのような家があります。
いまある日常をすべて捨て、自由気ままな無期限の旅に出る…あこがれはあれど、簡単にできることではありません。それをスパッと決断。6歳の娘とアジア圏を暮らすよ...
フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
不幸だった14年の結婚生活に終止符を打つために、離婚記念パーティを開催したKimberly Santleben-Stitelerさん。彼女はウェディングド...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
とにかく羽を伸ばす、のも大切なんだけど。
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
世界でもっとも物価が高い国のひとつとされる日本。海の外には、少ないお金で豊かに暮らせる国がたくさんあります。その中でも「Higher Perspectiv...
家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表の沖幸子さんは、イギリス、ドイツ、オランダで生活マーケティングを学び、暮らしのデザイナーとして活躍している人物...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...