正真正銘「とれたて野菜」で勝負するカナダのスーパー。

スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆。というのも、大型店舗の屋上を使って、オーガニック農園を造ってしまったというのだから。

世界初
屋上で栽培したオーガニック野菜を
直売するスーパー

その広さじつに2,300平方メートル。生産された野菜は、もちろんすべて下のスーパーで販売。そんなプライベート農園に詰まった、世界初のシステムと、その魅力を見ていきましょう。

3242d20ac9f47508bf095001c9f8a16728925b73621e3b91c6c913bcf315b0d00508353f658f2310

屋上でオーガニック野菜を作り、とれたてをそのまま店舗で販売する。

突飛なアイデアを実現するべく、スーパーの経営者であるRichard DanielとFrancis Ducheminは、都市で農業を営む人たちとプロジェクトチームを立ち上げました。

あらゆる可能性とアイデアを出し合い、彼らのチャレンジは着々と成功に近づいています。

51ff3081f0686923f68d1545bc66d5d1bc83b1ba5e2b2cb074d7eeac80dd179777f17a37391f9cf9

屋上菜園では、カナダのオーガニックラベル<Ecocert Canada>の認定を受けたオーガニックレタスやトマト、ハーブなど30種類以上の野菜が栽培される予定です。このほかミツバチの巣箱も設置され、少なくとも600本分のはちみつが採取される予定だとか。

さらには、除湿システムで得た水を再利用して灌漑し、屋上の農園に活かすというのも世界初の試み。こちらは認可を出願中だそう。

ルーフトップ農園に
集まるアイデア

104b025b0517459824748be21fc7f89379876fbc

この試みが世界初となったのには、理由があります。やはり普通の農業と違って、屋上で野菜を作るのは技術的に難しかった。しかし彼らはそこで諦めず、数々の問題を専門家たちと共に解決していきました。

例えば、農園の土壌の深さはわずか15cmだそうですが、これでは従来のやり方で野菜は育ちません。そこで農業の専門家が作った専用肥料を使用することで問題をクリア。 添え木が必要な野菜には、スーパーで使われなくなった容器にセメントを流し込み、添え木を刺すことで解決するなど、この場所ならではの利点を最大限に活かしきることに主眼をおいたのです。 

それでも、屋上で野菜を栽培するうえで一番の難敵が強い風と温度。これには、風除けと陰を作るためのハウスで対応しているようです。

新鮮でリーズナブル、
エコな野菜たち

2f5e68b5770ba54531db6c0e179a5aade984cd95

屋上で作られた野菜は、同じオーガニックものとは比較にならないほどリーズナブルな価格で提供される予定。しかも屋上から下の店舗に移動するだけなので、輸送にかかる二酸化炭素の排出量も削減。正真正銘とれたての新鮮で美味しい野菜をスーパーで買うことができるなんて、ステキな革命ですよね。

他のスーパーも
真似してくれたら嬉しい。

9421717d97043c4c5a7922792bf3104bf23c17d3B8829407e5886c6d664961355d456d494b48db72

ルーフトップ農園は、近隣住民の食への関心を高めると同時に、環境問題の解決の糸口にもなっているようです。IGA extra Famille Ducheminを経営するRichard Ducheminさんは「我々のアイデアが、他のスーパーにも広がっていくと嬉しい」と語ります。

大量生産、大量消費の舞台だったスーパーが、環境問題を考慮し、消費者と共にオーガニックな野菜を楽しむ方向に舵をきる世の中に。こういうの、ぜひ日本でも実現してほしいところ!

Licensed material used with permission by Philippe Grenier / 1One
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画で...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
2016年夏から2017年にかけて、オランダのフレヴォラント州にある自治体アルメーレ市に、100軒の家が建設される予定です。目的は自給自足できるコミュニテ...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
6月30日にカナダのBC州政府が、世界で初めて「性別不明(U)」の保険証を発行した。これは世界で初めてのこと。Kori Dotyさんは自身がトランスジェン...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
スウェーデンのスーパーマーケットチェーン「ICA(イーカ)」が、野菜や果物に貼られているブランドや商品コードの目印を、一部レーザー刻印に切り替えました。こ...
2016年夏、NYの港に登場する予定のこちらの船は、「Swale」と呼ばれるプロジェクトの一環。船上に設置されるのは小さな森のような施設で、新鮮な野菜やフ...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。1...
レストランの中には、その土地のユニークな個性を表現する手段として存在する場所もあります。ここで紹介するような、地元の食材をゲストの口元へと届けるべく努力を...