「野菜の鮮度」にこだわったスーパーの秘策。売り場に「畑」をつくっちゃえ!?

産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?

これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画です。鮮度へのこだわりを追求した結果、行き着くとこまで行っちゃった。青果売り場のチャレンジ、お見事!

産地から食卓へ。
その中間に「菜園」アリ

リオデジャネイロのスーパー「Zona Sul」が始めた新鮮野菜のユニークな販売方法が、国内外で大きな話題を呼んでいます。理由は、顧客の求める地元で採れた、新鮮で、環境にやさしい野菜を提供する方法として、ある画期的な陳列スタイルを実現したから。

鮮度を消費者に実感してもらうこれ以上ない方法、と言えばもう一つしかありませんよね。そう、スーパーの青果コーナーに「畑」をつくっちゃったのです。

といっても、農夫が耕す畑を実際に併設する規模感ではありません。あくまでプランターレベルであることだけは、先に理っておきます。

名付けて「フレッシュガーデン」、でもその名に恥じぬクオリティは見ているだけでちょっとワクワクしてくるはず。

手を土で汚して
収穫する楽しみも

お客の目の止まる高さに巨大プランターを用意し、畑の土を盛って野菜を植え付け、畑そのままの小さな菜園を再現したのです。

レタス、バジル、チャイブ、クレソン……日々、契約農家から直送された鮮度抜群の野菜たちが、店内のプランターでもう一度土に戻る。

お客は土に植わった野菜から、好きなものを自分で収穫する要領で袋に詰めていきます。もちろん、掘り出す手を真っ黒にして。

でも、とっても楽しそう。

ハーブをちょっと摘んで香りを確かめたり。株の大きさを気にしながら欲しいものを選んだり。家庭菜園のような感覚をスーパーで味わえるなんて、うらやましい!

「自分で収穫できる」
SNSで話題が拡散

さて、この収穫スタイルの菜園販売を始めて以降、SNSを介して人気は瞬く間に広がり、Zona Sulを訪れるお客は右肩上がりに増え続けたそうです。もちろん、フルーツ畑ができあがるまでに、多くの時間は要しませんでした。

取り組みを始めて数週間、青果部門の顧客満足度は約30%上昇。野菜の売り上げだけ取っても約18%の収益増となったと、営業部長Pietorangelo Letaさんのニンマリ顏は以下の動画でチェックするとして、この店での成功をチェーン展開するすべての店舗で実現するのが次のチャレンジだとか。これだけの業績UPとなれば、鼻息も荒くなりますよね。

毎朝オープン前にスタッフが植え付ける野菜が飛ぶように売れていく。こうしたひと手間も、大手チェーン店舗だからこその試みなのかもしれません。「新鮮」であるとことを、とことんまで追求した結果がこの「店内に畑を再現」することでした。

一株、また一株と野菜たちが売れるたびにプランターの土が顔をのぞかせる。売り手も買い手も喜べる、ちょっと素敵なアイデアですよね。

Licensed material used with permission by WMcCann
「フェルトの女王」の異名をもつ現代美術アーティスト、Lucy Sparrowによるインスタレーション作品が人気だ。
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
「バターメモ ブロック」は、メモをそのままバターに見立ててパッケージされています。パラフィン紙のパリパリした感じとか、このままスーパーの食品コーナーに置か...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
まだ食べられるのに、消費期限が近いことを理由に大量に捨てられてしまう食品。商品の在庫や消費期限を追跡して、それに合わせた価格設定や入荷予測を自動で行う新し...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
2016年夏、NYの港に登場する予定のこちらの船は、「Swale」と呼ばれるプロジェクトの一環。船上に設置されるのは小さな森のような施設で、新鮮な野菜やフ...
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
スウェーデンのスーパーマーケットチェーン「ICA(イーカ)」が、野菜や果物に貼られているブランドや商品コードの目印を、一部レーザー刻印に切り替えました。こ...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
つい先日、動物園で産まれた人間の赤ちゃんについて紹介しました。お母さんが園内で破水し、そのまま出産したというお話。世界中のメディアが注目しSNSでも話題を...