ニューヨークの川に浮かぶ「大きな野菜畑」で、食について考える

食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい

アーティストのMary Mattinglyさんはこう語り、船を改造して大きな庭園を作ることにしました。さて、この船はどうやって彼女の願いを叶えるというのでしょうか?

土地に余裕がない
ニューヨーク事情

ニューヨークといえば、世界一の経済都市といっても過言ではないほど。たくさんの人が暮らしており、土地は限られています。野菜やフルーツを育てる場所が少なく、農業経験がある人は少ないかもしれません。

Maryさんはこういった状況を理解しながらも、伝えなければいけない大事なことがあるという使命感を捨てることはありませんでした。諦めずに方法を探っていたところ、目をつけたのは川。そして、作り上げられたのが菜園をのせた船「Swale」でした。

やっとの思いで絞り出したこのアイデア、法的にも問題はないと彼女は言います。

食べ物を気にすることで
見えてくるものがある

では、船の上ではどんなことができるのでしょうか?

入場料などのお金を払う必要は一切ありません。スタッフが中を案内してくれるだけでなく、実際に育てられている野菜やフルーツを食べることもできるそうです。もちろん、育て方も教えてくれます。

この船が完成してから約1年半、1日に平均にして約500人の来場者がいて、60の学生グループの移動教室先としても選ばれたとのこと。

これまではブロンクスに停泊していることが多かったそうですが、2017年の目標は他の地域にも訪れることだそうです。

自分が口にするものがどのように育てられているのかを理解してもらうだけでなく、水質や土壌は味に影響するのか、という新しい疑問を持ってもらう意図もあるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Swale
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
2016年夏、NYの港に登場する予定のこちらの船は、「Swale」と呼ばれるプロジェクトの一環。船上に設置されるのは小さな森のような施設で、新鮮な野菜やフ...
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
あこがれの街。
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
「庭園と図書館さえあれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」とは、かの有名なキケロの言葉ですが、まさに「畑」を使うことで、地域の生活の質を向上させよう...
産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画で...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
パーティにおいて、みんなが楽しめることはMUST。しかもその楽しさは、SNSなどににじみでてくるくらいがちょうどいい。こんな体験型のフードで、時間と空間を...
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。──ぼくにとって「食」とは、どんな問題も解決へと導いてくれる...
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
Uber EATSをはじめとするオンラインの宅配サービスや、Amazon Goのような店舗運営を自動化する動きが、世界で急速に加速している。一方で、そんな...