私たちが見てきたのは、野菜のほんの一面だったのかもしれない。

古来種のお豆や和洋の野菜を育てている岡山の「フヌイユ農園」。野菜って、日常的に目にする身近な存在ですが、農園を営む草野友希さんが撮る写真には、いつも見入ってしまいます。

市場には出回らない野菜たち。

「パンダ豆」というかわいい名前のお豆。まるで小石が並んでいるようです。

ニラの花束と、たまごナス

カステルフランコというチコリの一種の葉野菜。バラが一輪咲いているみたい。

お馴染みの野菜のあらたな一面。

ニンジンの花束。普段は「根っこ」の部分しか見ることがありませんが、こんなに繊細な花が咲くんですね。

脇役になることが多いパセリも、沢山あると水草のようで印象が変わります。

ブロッコリーの葉脈が「人肌」のように見えて、思わずドキッとしてしまいました。

Licensed material used with permission by Yuki Kusano
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
音楽配信サービス「Spotify」において2017年から2020年までに「もっともストリーミングされたアーティストTop10」がYouTubeで公開された。
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
2016年1月に銀座にオープンした「STAND BY FARM」は、千葉県佐倉市にある自家農園「在来農場」直送の、穫れたて&無農薬・無化学肥料で育てた野菜...
ゲームの中に登場しそうなパステルカラーの野菜たち。
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
デンマークの建築事務所「Henning Larsen」は、“建物すべてが木造で建てられた街”を構想中だ。
3月27日~3月15日まで、岡山デニムの廃材を再利用するサステイナブルプロジェクト「Sustainable Project Laforet×Okayama...
形の悪さや納期遅れを理由に、出荷できずに廃棄せざるを得ない野菜や果物をスムージーとしてオフィスに届けるサービス「Clean Smoothie」。月に2回、...
「株式会社行雲」が運営する美観堂から「美観堂謹製 岡山パクチーしょうゆ」が新発売。
2015年にアメリカで誕生した「Imperfect Produce」。規格外の野菜を売るサービスなんですが、そのインスタグラムのアカウントがかわいいんです...
Uber EATSをはじめとするオンラインの宅配サービスや、Amazon Goのような店舗運営を自動化する動きが、世界で急速に加速している。一方で、そんな...
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...