一日分の野菜が摂れてしまいそうなベラルーシの「野菜グミ」

罪悪感の少ないヘルシースナックをはじめ、盛り上がりをみせる「健康間食」市場。お菓子にも“ヘルシー”さが必須な昨今だが、もっと需要があってもよさそうなのが「野菜グミ」。

もちろんフルーツ+αでの野菜グミはある。が、それとて主役は野菜ではない。ここで紹介するのはベラルーシの菓子メーカー「Krasny pischevik」が製造する野菜グミ「POLZA」。野菜から抽出したエキスにビタミンを添加。栄養価の高いグミとして人気らしい。

かぼちゃ、セロリ、コーン、トマト、にんじん。

こちらもフレーバーにマーマレードが含まれているようだが、中身はあくまで野菜が主役。なにより、原料の野菜やくだものからかけ離れたビビッドな原色やネオンカラーをしていないところがいい。

植物図鑑をイメージしたというパッケージや野菜のスケッチも、健康を全面に押し出しすぎることなく、秀逸なデザイン。

©PG Branding
©PG Branding

個人的にツボなのは、パッケージ背面のバーコード。遊びゴコロが見てとれる。

ベラルーシ国内だけでなく、東欧を中心に北米にも展開しているようなので、旅のお土産にいかが? 

Top image: © PG Branding
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
春本番のその前に、干し野菜をたっぷり仕込んで普段の料理に活かしてみませんか?
近年じわじわと増えつつある、グミ系お菓子のヴィーガン化。なんと、かの有名なお菓子メーカー「Jelly Belly」もヴィーガン対応商品の発売を開始!
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...