一日分の野菜が摂れてしまいそうなベラルーシの「野菜グミ」

罪悪感の少ないヘルシースナックをはじめ、盛り上がりをみせる「健康間食」市場。お菓子にも“ヘルシー”さが必須な昨今だが、もっと需要があってもよさそうなのが「野菜グミ」。

もちろんフルーツ+αでの野菜グミはある。が、それとて主役は野菜ではない。ここで紹介するのはベラルーシの菓子メーカー「Krasny pischevik」が製造する野菜グミ「POLZA」。野菜から抽出したエキスにビタミンを添加。栄養価の高いグミとして人気らしい。

かぼちゃ、セロリ、コーン、トマト、にんじん。

こちらもフレーバーにマーマレードが含まれているようだが、中身はあくまで野菜が主役。なにより、原料の野菜やくだものからかけ離れたビビッドな原色やネオンカラーをしていないところがいい。

植物図鑑をイメージしたというパッケージや野菜のスケッチも、健康を全面に押し出しすぎることなく、秀逸なデザイン。

©PG Branding
©PG Branding

個人的にツボなのは、パッケージ背面のバーコード。遊びゴコロが見てとれる。

ベラルーシ国内だけでなく、東欧を中心に北米にも展開しているようなので、旅のお土産にいかが? 

Top image: © PG Branding
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
コリビングサービスの「ADDress」と「ANA」が連帯し、多拠点生活の推進を図る「航空券定額制サービス」の実証実験をスタート。期間は1月31日から2ヵ月間。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
ロシアの隣国ベラルーシの冬は、とにかく寒い。そのためか、カロリーをたっぷりと摂取できるような濃厚クリーミー料理が数多く見れらます。たとえばこの「マチャンカ...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
言わずと知れた、デンマークの定番ブロック玩具、レゴ。子どもの頃に遊んだ人も多いのではないでしょうか?国を超えて、老若男女問わず支持されているレゴですが、自...
プラスチックストローの代わりに注目するNEXTストローは「WARA STRAW」。東京都で本土唯一の村となる檜原村の畑で育てられた「麦わら」で、一本ずつ職...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
ハンガリー政府は、出生率の低下が深刻化したことを受け、不妊治療を無償化していく方針を発表した。
世界初のクラフトコーラ専門店・専門メーカー「伊良コーラ(いよしコーラ)」の総本店が、2月28日(金)、東京・下落合にある工房の隣にオープン。
ゲームの中に登場しそうなパステルカラーの野菜たち。
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
ちょっとだけって思いつつ、お菓子の袋に手を伸ばしたらいつの間にかキレイに完食。最初はそんなつもりなかったけど、なぜか止まらなくなるんですよね。私はこのアニ...
ロシアやポーランドに隣接する国ベラルーシ。冬場の平均気温はマイナス5度以下という寒さの厳しい気候条件だからこそ、ミルクの脂肪分をたっぷり摂取することができ...