一日分の野菜が摂れてしまいそうなベラルーシの「野菜グミ」

罪悪感の少ないヘルシースナックをはじめ、盛り上がりをみせる「健康間食」市場。お菓子にも“ヘルシー”さが必須な昨今だが、もっと需要があってもよさそうなのが「野菜グミ」。

もちろんフルーツ+αでの野菜グミはある。が、それとて主役は野菜ではない。ここで紹介するのはベラルーシの菓子メーカー「Krasny pischevik」が製造する野菜グミ「POLZA」。野菜から抽出したエキスにビタミンを添加。栄養価の高いグミとして人気らしい。

かぼちゃ、セロリ、コーン、トマト、にんじん。

こちらもフレーバーにマーマレードが含まれているようだが、中身はあくまで野菜が主役。なにより、原料の野菜やくだものからかけ離れたビビッドな原色やネオンカラーをしていないところがいい。

植物図鑑をイメージしたというパッケージや野菜のスケッチも、健康を全面に押し出しすぎることなく、秀逸なデザイン。

©PG Branding
©PG Branding

個人的にツボなのは、パッケージ背面のバーコード。遊びゴコロが見てとれる。

ベラルーシ国内だけでなく、東欧を中心に北米にも展開しているようなので、旅のお土産にいかが? 

Top image: © PG Branding
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
春本番のその前に、干し野菜をたっぷり仕込んで普段の料理に活かしてみませんか?
近年じわじわと増えつつある、グミ系お菓子のヴィーガン化。なんと、かの有名なお菓子メーカー「Jelly Belly」もヴィーガン対応商品の発売を開始!
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
「ほぼ日」から、初となるオリジナルの野菜ジュースが登場。フレッシュさ、無添加、手軽さ、おいしさと、ほぼ日のこだわりが詰まった一杯。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
少量の野菜に特化した「ぬか床キット」が登場。これ、一人暮らしにはうってつけかも。
ヨーロッパ最大級の野菜加工会社「HAK」の主導で考案された「The Helping Plate」。“子どもたちに、無理なく、より多くの野菜を食べてもらうこ...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
中目黒にあるアパレルショップ「DESCENDANT」にて、食と健康に関するポップアップイベント「FARM CLUB」が開催される。有機野菜の即売や、有機農...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
ロシアの隣国ベラルーシの冬は、とにかく寒い。そのためか、カロリーをたっぷりと摂取できるような濃厚クリーミー料理が数多く見れらます。たとえばこの「マチャンカ...
本格スパイス商「アナン」と、廃棄予定の野菜を活用した瓶詰めソースを作る「ファームキャニング」がコラボして作られた、新作カレーペーストの販売がスタート。
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
言わずと知れた、デンマークの定番ブロック玩具、レゴ。子どもの頃に遊んだ人も多いのではないでしょうか?国を超えて、老若男女問わず支持されているレゴですが、自...
ゲームの中に登場しそうなパステルカラーの野菜たち。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
日々の暮らしの中で自然と健康を取り入れることを目指している「タニタカフェ」の有楽町店が、低カロリー、植物性たんぱく質が豊富な「大豆ミート唐揚げ」など人気の...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
2015年にアメリカで誕生した「Imperfect Produce」。規格外の野菜を売るサービスなんですが、そのインスタグラムのアカウントがかわいいんです...
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
ここで紹介する「Farm.One」は野菜を栽培する農場です。前身はサイクリングフィットネスが体験できるジムでした。ギャップがありますね。
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。