ついに登場!「Jelly Belly」より「ヴィーガングミ」が発売

近年、じわじわと増えつつある、グミ系お菓子のヴィーガン化

なんと、かの有名なお菓子メーカー「Jelly Belly」もヴィーガン対応商品の発売を開始!

「そもそもグミって動物性なの?」って思うでしょ?

じつは、グミに使用されるゼラチンの原料は動物の骨や皮

それをタピオカに置き換えて作ることで、ヴィーガングミの開発に成功したみたい。

味は「ベリーブルー」「グリーンアップル」「レモン」「オレンジ」「ベリーチェリー」の5種類。さらに、グミ好きには嬉しいノーマルサワーパウダー付きの2バージョンあるとか。

この動き、2021年のグミメーカーのトレンドになるかも?

©Jelly Belly
©Jelly Belly
Top image: © Jelly Belly
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

日本でもたくさんの人が食べたことがあるだろうカリフォルニア生まれのソフトキャンディー「Jelly Belly」が、オリジナルフレーバーの炭酸水を販売し始めた。
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
スウォッチには発売当初からスケルトンモデルがあって、1983年のモデル「JELLY FISH」は伝説的な存在!「BIG BOLD JELLY」は、あの往年...
「Belly Bowl」は、ドイツのアーティストNadine Schwarkによって作られた石膏製の赤ちゃん用ベッド。なんと、出産前にママのお腹で型をとっ...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
人気ドーナツストア「クリスピー・クリーム・ドーナツ」が、イギリスでブランド初となるヴィーガンドーナツを発売。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...