本当にヴィーガン!?「BOTANIST cafe」に新メニューが登場!

"おいしく食べてキレイになれる、身体に優しいメニュー"を提案する「BOTANIST Cafe」では、2018年9月からヴィーガン対応フードをラインナップしている。

先日、BOTANISTは、環境に配慮したサステイナブルな社会を目指す取り組みの第一歩として、また、多様なライフスタイルに合った商品を提供をしたいという想いから、ヴィーガンラインを発売。それを記念して、カフェでも好評のヴィーガンメニューをさらに拡充するという。

バター不使用なのに食べ応え抜群の「パウンドケーキ バナナ×カモミール」、チーズ不使用とは思えない濃厚さの「くちどけティラミス」、スイートポテトを丸ごと食べているような「スイートポテトのモンブラン」のスイーツ3種と、肌寒くなる季節に嬉しいスープ2種が新登場。

日本でもじわじわと人気の出ているヴィーガンフードに、気軽にトライできる場所として人気が高まりそうだ。

©2020 株式会社I-ne
©2020 株式会社I-ne
©2020 株式会社I-ne
©2020 株式会社I-ne

BOTANIST Cafe』

【公式サイト】https://shop.botanistofficial.com/

Top image: © 2020 株式会社I-ne
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
環境にやさしく長期的に使える。「スノーピーク」が先月26日から老舗「京屋染物店」とタッグを組んでつくった手ぬぐい生地のマスクを発売中。
「イオン」の限定商品として5月に登場したヘアケア商品「VEGAN STYLE」は、「ヴィーガン認証」「ハラール認証」の両方を取得したヘアケア市場初のアイテム。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
イスラエルのバイオ食品スタートアップ「Aleph Farms」が「イスラエル工科大学」と共同で、3Dバイオプリンティング技術を利用した培養リブアイステーキ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...