米ヴィーガンたち「バイデン支持」の理由とは?

勝利宣言で「結束」を呼び掛けた、次期大統領候補のジョー・バイデン。終盤までもつれにもつれた選挙戦、勝敗を分けたのが、コロナ禍での郵便投票だと言われている。

さて、「バイデン支持」の興味深いデータをご紹介。

ヴィーガン専門デートアプリ「Veggly」が選挙戦期間中に実施した世論調査によると、およそ75%のヴィーガンたちがバイデン支持を表明していたことが判明。登録者のうちの469人のみの回答のため、絶対数とは言い難いが、トランプ支持者はわずか6.5%に留まり、残りの18.5%は第3党への支持を示した。

種の保存法の改定をはじえ、絶滅危惧種に指定されてきたオオカミ保護の撤廃や、アラスカ国立公園でのクマの狩猟解禁など、オバマ政権下において確立された保護を次々と覆してきたトランプ政策。

環境保護にも熱心なヴィーガンたちの批判がそのままバイデン支持へと流れた見みても不思議ではない。また、クリーンエネルギーや気候変動対策においても、両者の間には大きな政策の開きがあった。

「再び尊敬される国に」を実現するため、いかにエココンシャスな社会を実現していくか。米ヴィーガンたちは、きっとそこにも注目しているはずだ。

 

Top image: © Chip Somodevilla/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
「ヴィーガン」は食品に限った話ではありません。いまの時代を生きるうえで欠かせない、ヴィーガンフレンドリーなあれこれをまとめてみました。
「オレオ」はヴィーガン!? アメリカのヴィーガンがこぞって美味しいという「Accidentally Vegan(アクシデンタリーヴィーガン)」を紹介。
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
9月1日、テスラの公式Twitterが「モデル3」から革を完全に排除したと発表。動物由来の素材を使わないヴィーガン仕様の自動車の誕生だ。
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
「Holistic Holiday at Sea」が運営するヴィーガンのためのクルーズ。食事は、絶対菜食主義の人たちの食生活に配慮したものを提供。他にも、...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
岩手県の名産「南部せんべい」がヴィーガン認証を取得。国内で販売されているせんべいにおいて、この認証を取得したものは過去に例がないとのこと。
インターネットを活用した選挙運動が活発になるなか、バイデン陣営は「あつ森」を利用したキャンペーンを開始。選挙看板などをダウンロードして、ゲーム内で自由に使...
マクドナルドやバーガーキングに続いて、ケンタッキーフライドチキン(KFC)もヴィーガンに対応すると発表しました。イギリスのいくつかの店舗にて、期間限定でフ...
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
6月中旬にスコットランドでオープンした「Saorsa 1875」。客室内はもちろんのこと、部屋の掃除の際に使用されるプロダクトもヴィーガン。供給される電気...
この夏ロンドンでは、今年で2回目となる「Bare Fashion」が開催されます。メインとなるのはファッションショー。ランウェイの上を、ヴィーガンの洋服を...
コーチェラ・フェスティバル2018で伝説のパフォーマンスを見せたビヨンセ。その裏側では、こんなプロジェクトが進んでいたらしい...。
iHerb(アイハーブ)でおすすめの「Not-Chick’n」というヴィーガンコンソメの紹介です。ヴィーガンもヴィーガンじゃない人も試す価値アリ!
「Hilton London Bankside」に誕生した、ヴィーガンの人のためのスイートルーム。ヘッドボードやクッション、椅子にはパイナップルの葉の繊維...
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...