米ヴィーガンたち「バイデン支持」の理由とは?

勝利宣言で「結束」を呼び掛けた、次期大統領候補のジョー・バイデン。終盤までもつれにもつれた選挙戦、勝敗を分けたのが、コロナ禍での郵便投票だと言われている。

さて、「バイデン支持」の興味深いデータをご紹介。

ヴィーガン専門デートアプリ「Veggly」が選挙戦期間中に実施した世論調査によると、およそ75%のヴィーガンたちがバイデン支持を表明していたことが判明。登録者のうちの469人のみの回答のため、絶対数とは言い難いが、トランプ支持者はわずか6.5%に留まり、残りの18.5%は第3党への支持を示した。

種の保存法の改定をはじえ、絶滅危惧種に指定されてきたオオカミ保護の撤廃や、アラスカ国立公園でのクマの狩猟解禁など、オバマ政権下において確立された保護を次々と覆してきたトランプ政策。

環境保護にも熱心なヴィーガンたちの批判がそのままバイデン支持へと流れた見みても不思議ではない。また、クリーンエネルギーや気候変動対策においても、両者の間には大きな政策の開きがあった。

「再び尊敬される国に」を実現するため、いかにエココンシャスな社会を実現していくか。米ヴィーガンたちは、きっとそこにも注目しているはずだ。

 

Top image: © Chip Somodevilla/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
インターネットを活用した選挙運動が活発になるなか、バイデン陣営は「あつ森」を利用したキャンペーンを開始。選挙看板などをダウンロードして、ゲーム内で自由に使...
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...