100万人の雇用を生み出す「バイデン大統領」の大型施策

第46代米国大統領ジョー・バイデン氏は、先月末、「Buy American(アメリカ製品を買おう)」大統領令の一環として、アメリカ政府の公用車両約65万台を国産電気自動車に置き換えることを発表した。
 
「GSA(米国共通役務庁)」によると、公用車両は、2019年時点で約3億7500万ガロン(約14億リットル)のガソリンと軽油を消費していたようだ。
 
クリーンエネルギーへの転換を目指したこの施策は、同時に、アメリカの自動車産業に100万人の雇用を創出するきっかけに。
 
バイデン大統領は「この執行命令は、企業がより多くの部品をアメリカで製造することを要求するだけでなく、その価値によって雇用が生み出され、アメリカ経済に貢献することを目指すものだ」と語る。

また、アメリカ製にこだわるうえで、外国製の部品が含まれている場合でも、アメリカ政府が購入すればアメリカ製車両と見なすという既存の規則にもメスを入れると述べた。

交換予定時期は明かされていないが、「ロイター通信」によると、完全に交換するには200億ドル(約2兆900億円)以上の費用がかかるという。

大統領は、同額の200億ドルを全国ワクチン接種プログラムにも拠出予定。今後の大規模政策にも注目が集まるだろう。

Top image: © Win McNamee/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ヴィーガン専門デートアプリ「Veggly」が選挙戦期間中に実施した世論調査を発表。
バイデン氏の愛犬・メジャーの「バーチャル就任式」が1月17日に開催されるという。じつはメジャー、ホワイトハウスにやってくる歴史上初のシェルター犬として大き...
インターネットを活用した選挙運動が活発になるなか、バイデン陣営は「あつ森」を利用したキャンペーンを開始。選挙看板などをダウンロードして、ゲーム内で自由に使...
先日行われたジョー・バイデン氏の第46代アメリカ合衆国大統領就任式で、カマラ・ハリス氏やミシェル・オバマ氏など、多くの女性が「紫色」のドレスを選んでいたこ...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
11月7日、アメリカ大統領選挙でジョー・バイデン前副大統領が当選確実だと伝えられ、次期副大統領になることが確実となったカマラ・ハリス上院議員が、デラウェア...
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...