100万人の雇用を生み出す「バイデン大統領」の大型施策

第46代米国大統領ジョー・バイデン氏は、先月末、「Buy American(アメリカ製品を買おう)」大統領令の一環として、アメリカ政府の公用車両約65万台を国産電気自動車に置き換えることを発表した。
 
「GSA(米国共通役務庁)」によると、公用車両は、2019年時点で約3億7500万ガロン(約14億リットル)のガソリンと軽油を消費していたようだ。
 
クリーンエネルギーへの転換を目指したこの施策は、同時に、アメリカの自動車産業に100万人の雇用を創出するきっかけに。
 
バイデン大統領は「この執行命令は、企業がより多くの部品をアメリカで製造することを要求するだけでなく、その価値によって雇用が生み出され、アメリカ経済に貢献することを目指すものだ」と語る。

また、アメリカ製にこだわるうえで、外国製の部品が含まれている場合でも、アメリカ政府が購入すればアメリカ製車両と見なすという既存の規則にもメスを入れると述べた。

交換予定時期は明かされていないが、「ロイター通信」によると、完全に交換するには200億ドル(約2兆900億円)以上の費用がかかるという。

大統領は、同額の200億ドルを全国ワクチン接種プログラムにも拠出予定。今後の大規模政策にも注目が集まるだろう。

Top image: © Win McNamee/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

3月31日、アメリカ合衆国第46代大統領のジョー・バイデン大統領は、「国際トランスジェンダー認知の日」に政府として公式に声明を発表。「国際トランスジェンダ...
ヴィーガン専門デートアプリ「Veggly」が選挙戦期間中に実施した世論調査を発表。
バイデン氏の愛犬・メジャーの「バーチャル就任式」が1月17日に開催されるという。じつはメジャー、ホワイトハウスにやってくる歴史上初のシェルター犬として大き...
インターネットを活用した選挙運動が活発になるなか、バイデン陣営は「あつ森」を利用したキャンペーンを開始。選挙看板などをダウンロードして、ゲーム内で自由に使...
「Teva」がインスタントカメラブランド「Polaroid」と初のコラボ。今月6日(木)からTeva公式オンラインストアで2つのモデルを発売している。
先日行われたジョー・バイデン氏の第46代アメリカ合衆国大統領就任式で、カマラ・ハリス氏やミシェル・オバマ氏など、多くの女性が「紫色」のドレスを選んでいたこ...
11月7日、アメリカ大統領選挙でジョー・バイデン前副大統領が当選確実だと伝えられ、次期副大統領になることが確実となったカマラ・ハリス上院議員が、デラウェア...
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
元大統領だとは考えられないエピソードで、ビックリ!
9月30日、「NASA」が宇宙から投票する方法を公開した。宇宙飛行士たちは、軍に従事する人やその家族と同様、不在者投票を申請する必要がある。そして、宇宙ス...
画期的なリユーザブルボトル「Origami Bottle」が登場した。ボトル形状では高さ21cmの大容量ながら折りたたむと5.5cmの超コンパクトサイズに!
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が、大統領官邸(通称“ロス・ピノス”)をカルチャーセンターとして一般公開しました。
「Twitter」は先月、メディアが意図的に誤解を招いていると判断した場合に「Manipulated media(操作されたメディア)」というタグをつける...
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
カニエ・ウェストに続いて、まさかのこの人も?!先日、パリス・ヒルトンが自身のInstagramにアップした話題の写真。
Google Chromeの拡張機能を使ってトランプ大統領のツイートを8歳児のクレヨン手書きフォントに変換してみたら……。
3月にオークションで落札されていたトランプの生家、Airbnbを通して宿泊できることになり話題を集めている。場所はニューヨーク州のクイーンズ区。家の中は幼...
大統領選の選挙活動の一環として、リサイクル可能なプラスチック製ストローを販売開始したトランプ陣営。数日でなんと14万本以上も購入されたという。22日、キャ...
アメリカ初の黒人大統領として8年間の任期を務めた、オバマ前大統領。11月に回想録を出版したオバマ氏が、インタビューにてミシェル夫人は当初彼の出馬に反対して...
アメリカ前大統領、バラク・オバマ。多くの人々の支持を集めるオバマ氏が、自身のTwitterにて電話番号を公開し、さらにテキストを送るよう国民に呼びかけた。
7月5日、ラッパーでありファッションデザイナーであるカニエ・ウエストは、11月の米大統領選への出馬を自身のTwitter上で表明。「これはおもしろくなりそ...
アラブ首長国連邦(UAE)の新たな観光スポット「Qasr Al Watan」。大統領官邸でもあるこの場所は、3月から観光客に開放されています。ツアーも組ま...
ハイチをはじめとする中米やアフリカの国々を、「Shithole」と呼んだとされるトランプ大統領。これに対して、ある広告代理店が華麗な皮肉を使ったキャンペー...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
「もし大統領になったら、どんな問題を解決したいですか?」。人気動画「0-100」は、0歳から100歳までに同じ質問を投げかける企画。このたびの問には、貧富...
「世界でいちばん貧しい大統領」と呼ばれた、南米の小国・ウルグアイの第40代大統領「ホセ・ムヒカ」を、若手日本人監督が追ったドキュメンタリー映画『ムヒカ 世...
8月24日、NASAが来たるアメリカ大統領選挙の前日に、地球に小惑星が接近すると発表した。地表に大きな被害を及ぼす心配はないそうだ。
7月9日、トルコに暮らすEnesさんが「未来の子どもたちのために、国家の日として植樹の日を制定しませんか?」とツイート。そして、現大統領レジェップ・タイイ...