アボガド、ラズベリー、大麦など…。「食物繊維」が豊富な食材11選

健康的なダイエットには欠かせない「食物繊維」。消化を促進してくれ、少量で満腹感が得られ、脳卒中や心臓病のリスクを下げるとも言われています。多く含まれる食材としてよく知られているのはごぼうや、最近ではチアシードなどなど。それだけじゃありません。

ここでは、「Greatist」からその他の食材を11種紹介。参考にしてみてくださいね。

01.
乾燥さやえんどう

Pea pods and Pea with Basket

食物繊維:1カップ当たり16.3グラム(調理済)

名前を聞くと、日本では耳慣れない食材ですが、インド料理の定番なのだとか。

02.
レンズ豆

食物繊維:1カップ当たり15.6グラム(調理済)

レンズ豆は調理時間が短く、他の食材とも合わせやすいのでさまざまな場面で役立ちます。

03.
ライマメ

食物繊維:1カップ当たり13.2グラム(調理済)

好んで食べる人は少ないライマメ。じつは、ベーコンやサワークリームとの相性は抜群なのだとか。

04.
アーティチョーク

Artichoke cut in half on white with copy space

食物繊維:中くらいのもので10.3グラム(調理済)

一般家庭の食卓にはあまり並ぶ機会がないと思いますが、レストランのメニューで見かけたらぜひオーダーしてみて♪

05.
エンドウ

食物繊維:1カップ当たり8.8グラム(調理済)

栄養素をより多く食事に加えるには、ピューレがよい方法。このタンパク質、オメガ3が豊富で、もちろん食物繊維もたっぷりです。

06.
ブロッコリー

Delicious broccoli and cauliflower has a wooden rustic table

食物繊維:1カップ当たり5.1グラム(調理済)

塩ゆでしてマヨネーズをトッピングするもよし、シチューに入れるもよし。11月〜3月にかけてピッタリの食材です。

07.
芽キャベツ

食物繊維:1カップ当たり4.1グラム(調理済)

ミニチュアのようなフォルムが可愛らしい♪盛り付け映えする食材のひとつ。

08.
ラズベリー

Fresh ripe red raspberries in a wicjer bowl on dark rustic wooden background

食物繊維:1カップ当たり8グラム(未調理)

自然のキャンディとも言われている(!?)くらいあま〜くて美味しいのに、食物繊維も豊富。小腹が空いた時のためにバッグの中に常備しておくのもアリ。

09.
アボカド

食物繊維:半個当たり6.7グラム(未調理)

食物繊維のほかにも、ビタミンやミネラル、食物繊維、良質な脂肪が豊富に含まれていて、栄養価は抜群に高い!

10.

食物繊維:中くらいのもので5.5グラム(未調理)

皮をむき、カットしてそのままっていうのが一般的な食べ方ですが、じつは豚肉との相性が◎だって知ってましたか?

11.
オオムギ

Ears of wheat on old wooden table.

食物繊維:1カップ当たり6グラム(調理済)

ビールの原材料として知られている大麦は、精米の約17倍、玄米の約3倍の食物繊維を含んでいます。

※注:これらの食品の中に含まれる食物繊維の量は、未調理と調理済みで多少異なる場合があります。

Licensed material used with permission by Greatist

毎日バランスよく栄養をとりたい──。こう思っている人ほど、ランチ時にサラダを“ドカ食い”していたりします。コンビニサラダでも、レストランでも。だけど、結局...
最近お腹の調子が優れない…そんな時は、食べる物を考えなおすのが一番の近道だ、と「Little Things」のPhil Mutz氏。たしかにごもっともな意...
麺がおいしい季節となりました。生麺や乾麺、茹で麺など。麺にも様々な種類がありますが、ささっと食べられる茹で麺は忙しいときや料理に時間をかけたくないときに重...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
テレビ番組で特集が組まれるほど注目されている「パクチー」の美容・健康効果。では、具体的にどんな効果があるのでしょうか? 今さら聞けないパクチーの秘密と、そ...
クスクスをサラダでいただくフランス生まれの「タブレ」。もともとはアラブ諸国のサラダがルーツです。クスクスを使ったものがこれまでは一般的でしたが、ヘルシー志...
ヘルシー志向の人でなくとも、「フムス」という料理を知っている(もしくは食べたことがある)人は増えてきました。ひよこ豆をペーストにしたものが最もポピュラーで...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
健康食材としてのアボカドの認知度は、今や疑いようのないもの。ところが、本当に栄養があるのは、なんと果肉よりも種なんだとか。ライターAlanna Ketle...
食物アレルギーではないはずなのに、何か特定の食べ物を食べた後は決まって具合が悪くなる。コレ結構多くの人が抱えている悩みだそう。吐き気や胸焼けに限らず、疲れ...
いま、密かなブームとなりつつある「玉ねぎヨーグルト」を知ってますか?どこにでも手に入る玉ねぎとヨーグルト、これだけ。どちらもカラダにいい食材ですが、合わせ...
畳に使われる「いぐさ」が実は食べられるってことを知っていますか? 食物繊維はレタスの約60倍で、お腹の環境を整えるのに抜群の効果を発揮してくれるそうです。...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
東洋医学では、春は解毒機能をもつ肝臓の働きが活発になり、冬に溜まっていた老廃物や毒素を排泄するといわれています。そして、旬の春野菜には肝臓の機能をサポート...
オーガニックアイスクリームブランド全米No.1が代官山に上陸。
味はもちろんのこと、料理をする際は健康効果も意識したいところです。ここでは春野菜との「食べ合わせ」だけで、健康効果の向上が期待できる組み合わせを紹介しまし...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...