松の葉でつくった「森のウール」を知っていますか?

松といえば、世界中で使われている木材です。日本でもお馴染みですね。しかし、そんな松の「針の部分(葉っぱ)」をつかって、「森のウール」を作り出した人がいるそうです。

この素材を開発したのは、デザイン学校に通うロシア出身の学生、Tamara Orjolaさん。松はEUだけでも年間6億本ほど伐採されていて、針の部分は全総量の20〜30%を占めています。彼女は、本来であれば使われない針をどうすれば利用できるのか研究し、約1年かけて繊維の代わりとして大きな可能性があることを発見しました。

「松の針」から生まれた
羊毛みたいな繊維

007f5d850c077cf892f4b8d036618c77d553e1b99c0a4420078111c48d93992812ef9b52f7e355e9

PHOTO:Ronald Smits/Design Academy Eindhoven

粉砕やカーディングなどの工程を踏むことによって、繊維、複合材料、紙に変え、エッセンシャルオイルと染料を抽出することができるそうです。

精油は、針葉樹独特のクリスマスツリーのような匂いになるのが特徴的。

意外と丈夫な
ラグマットとスツール

15dcbbbf40cf4c801fd7b533b8ac314f454c52a5

PHOTO:Ronald Smits/Design Academy Eindhoven

Orjolaさんは、この松の針ウールで、ラグマットとスツールを製作。独特の風合いですが、繊維を使っているので見た目よりも頑丈なのだそう。他の用途としては、服の材料や紙、建築材にも使えるように準備中。

「松の木は、昔から食事、薬、建築、家具など、さまざまな用途に使われてきました。その知識は、世代を超えて古代より受け継がれてきたものです。いま、大量生産のなかで失われつつあるその知識を取り戻したいと思っています」

現在、商業展開に向けて協力してくれるパートナーを探している最中とのこと。いつか松の針でできた服や家具が、一般的になる時代がくるのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Tamara Orjola
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...
2016年4月30日(土)を皮切りに、『おそ松くん』、『天才バカボン』、『ひみつのアッコちゃん』などで知られる漫画家・赤塚不二夫の人生を追ったドキュメンタ...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
トマトの酸味はごはんともよく合います。ただし、チキンライス(ケチャップ)にしろ、トマトカレーにしろ、ごはんのおかずとなり得るには「じっくり煮込まれている」...
元家具職人がつくる、呼吸するジュエリー「su Ha」。ジュエリーは、デザイナーが自ら国内外を歩いて5年かけて選んだ素材からできている。だからこそ、それぞれ...
福井県池田町は、かつて林業の町として栄えた町。しかし、今では森林資源の利用が減少の一途をたどっているのだそう。こうした状況の中、木や森の新たな価値を創造す...
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...
デザインとは絶え間ない更新、再整列、成長を意味する──。これは、モダンコンテンポラリーチェアの名作のひとつとして、1963年に製作された「ボールチェア」の...
2015年11月24日に動物愛護団体「PETA Foundation」によって公開されたこの動画は、ウール製品を利用する人々へ向けた啓発を目的としたもの。...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
トイレットペーパーの製造には、年間約1,500万本の木が使われているらしい。この数字は、森林伐採理由の約15%を占めるとか。とはいえ、僕たちの生活に欠かせ...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
コペンハーゲンを拠点とする建築事務所・EFFEKTが、高さ600mにもなる遊歩道のコンセプトデザインを発表しました。樹木で作られた螺旋階段を登れば、雄大な...
動物のレザーや石油を使う合皮ではなく、天然資源を用いた繊維の開発は、今では国際的な課題と言ってもいいほど。そんななか、スペインの「ananas anam」...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...