「樹齢50年の日田杉」を使用したサステイナブルな家具が登場!

「ディノス」は、創業50周年を記念し、樹齢約50年の大分県産日田杉の大径木を使用した家具を公式オンラインショップにて発売。

半世紀にわたって生きてきた大樹は、建築におけるニーズが減少しつつあり、森林循環のサイクルを滞らせるとともに、自然災害の被害を拡げる一因となり問題視されている。

そんな課題を解決するために開発されたのが、これらの家具だ。

日田杉だから生み出せる独特の渋さ味わい、そして深い色合いが特徴的な「ブックラック」2種と、従来の素朴で無骨なイメージの杉材にホワイトグレーの自然塗料北欧ナチュラルな雰囲気に仕上げた「カウンター下収納」をラインナップ。いずれも、長く使えば使うほど風合いが深まり、よりいい味を醸し出すという。

デザインのみならず、機能性にこだわり開発されており、随所に使いやすくするための工夫も凝らされている。

“九州三大美林”にも数えられる日田杉から作られたサステイナブルな家具。気になる方はコチラをチェック。

©ディノス・セシール
©ディノス・セシール
©ディノス・セシール
Top image: © ディノス・セシール
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事