「イケア」のちょっと変わった「ブラックフライデー」とは?

クリスマス商戦がスタートし、1年でもっと黒字になるお店が多ことから「BlackFriday(ブラックフライデー)」と呼ばれる11月4週目の金曜日。

そんなタイミングに、世界27ヵ国の「イケア」のストアでサステイナブルなキャンペーンが開催される。

今回開催されるキャンペーンの名は「BlackFriday」ならぬ「#BuybackFriday(バイバックフライデー)」

「商品の衝動買いを促進するより、すでに使われている家具に第二の人生を与える手助けをしたい」という思いから生まれたこのキャンペーン。不要になった家具を買い取り、それらを必要とする新たな利用客に使ってもらうという。

これならゴミの増加余計な資源の利用を抑えられるだけでなく、循環型のサービスを発展させ、サステイナブルな消費への促進にもつながる。

イケア ブラックフライデー BuybackFriday
©イケア・ジャパン

なお、このキャンペーンでは、販売が難しいとされた家具であってもリサイクルしてもらえるのだとか。

日本では11月26日(木)〜12月6日(日)「サステナブルウィーク」と称して開催予定。不要な家具や壊れてしまった家具を持ち込み、新たな家具との出会いに期待してぜひ参加してみては!

Top image: © イケア・ジャパン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

LA発のグルメバーガー「FATBURGER」で、今年もバーガー50%OFFのブラックフライデーイベントの開催が決定!
ユーザーから買取りしたイケアの家具や展示品の購入などができるスペース「Circular Hub」が今月13日からIKEA港北に登場。
英プロバイダー「giffgaff」のブラックフライデー戦略は「何も売らない」という超強気なアイデアでした。
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
「イケア」はプラントベースフードの新メニューを販売。大豆などを使ったカツをのせたカレーや、肉にそっくりな野菜由来のケバブを入れたサラダ、さらには乳製品を使...
えっ、PEE(=おしっこ)?スウェーデン発祥の家具量販店、そう、あのイケアだ。彼らが新しい広告を出したという情報を入手したので調べてみたら、上の単語が並ん...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...