ブラックフライデーにあえて「何も売らなかった」英プロバイダーの「スマート戦略」

小売店が安売り合戦を繰り広げる「ブラックフライデー」。

購買意欲むんむんの消費者に対し、あえて何も売らないというカウンターに打って出た、英プロバイダー「giffgaff」のスマートなキャンペーンをご紹介。

11月29日のこと、コヴェント・ガーデンで実施した同社ポップアップストアには、100点の商品が“並んで”はいた。

その内訳は、50点がリファービッシュ品のスマホ。もう50点は「パイナップルの葉で造った靴」や「廃材を使ったジュエリー」、「リサイクルの自転車」といったどれも再生品ばかり。

ユニークなのは、これらのアイテムをゲットするにはお金ではなく、giffgaffとのある“誓約”が必要だということ。

「今後、新商品ばかりに手を出さず、極力リサイクル品を使っていく」

誓約が成立すれば、後日ショップでアイテムを受け取ることができるという仕組みだ。財布の紐がゆるむブラックフライデーに、あえて真逆のアプローチをとることで、ブランドアピールに成功したgiffgaff。

まさしく、戦わずして勝ったわけだ。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
LA発のグルメバーガー「FATBURGER」で、今年もバーガー50%OFFのブラックフライデーイベントの開催が決定!
世界27ヵ国の「イケア」にて「BlackFriday」にちなんだキャンペーン「#BuybackFriday」を開催。不要な家具を買い取り、必要な方に販売し...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
サステイナブルを主眼においた蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ株式会社」と、現代におけるお茶のあり方を提案する「TeaRoom」のコラボで誕生した、エシ...
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
9月16日〜30日の間、新宿「LUMINE2」にて、エシカルなアイテムや活動を陳列するポップアップイベント「エシカルコンビニ」が開催される。
この記事では、アップサイクルの意味と事例を紹介していきます。リサイクルと非常に似た言葉なのですが、その違いを知ればアップサイクルの魅力にきづけるはずです。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
「弟がうまいせんべいを焼いて、兄がうまく売っていく。だから『煎餅ブラザーズ』なんです」
アメリカで最も物が売れる日と言われているのが、感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の「ブラックフライデー」。さらに週が明けた月曜日は、EC業界がセールを始める...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
アメリカの「Ben & Jerry's」からワンコ用のアイスが登場!
モンゴルの伝統技法で生産された天然ウール100%のあったか「ルームシューズ」が発売中。
非常食は買って備えるだけでなく、日常から消費し、常に一定量を自宅に備えていくという方法を意味する「ローリングストック」。この記事では企業のローリングストッ...
5月21日にアーバンアウトフィッターズが発表した、洋服のレンタルサービス「Nuuly」。月額88ドル(約9500円)を支払えば、最大で800ドル(約8万6...
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
フィラデルフィア在住の女性の発案でアメリカ全土へと広まった「ミートボールフライデー」。みんなでミートボール入りのスパゲッティを食べるという風習が、じわじわ...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...