ブラックフライデーにあえて「何も売らなかった」英プロバイダーの「スマート戦略」

小売店が安売り合戦を繰り広げる「ブラックフライデー」。

購買意欲むんむんの消費者に対し、あえて何も売らないというカウンターに打って出た、英プロバイダー「giffgaff」のスマートなキャンペーンをご紹介。

11月29日のこと、コヴェント・ガーデンで実施した同社ポップアップストアには、100点の商品が“並んで”はいた。

その内訳は、50点がリファービッシュ品のスマホ。もう50点は「パイナップルの葉で造った靴」や「廃材を使ったジュエリー」、「リサイクルの自転車」といったどれも再生品ばかり。

ユニークなのは、これらのアイテムをゲットするにはお金ではなく、giffgaffとのある“誓約”が必要だということ。

「今後、新商品ばかりに手を出さず、極力リサイクル品を使っていく」

誓約が成立すれば、後日ショップでアイテムを受け取ることができるという仕組みだ。財布の紐がゆるむブラックフライデーに、あえて真逆のアプローチをとることで、ブランドアピールに成功したgiffgaff。

まさしく、戦わずして勝ったわけだ。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
LA発のグルメバーガー「FATBURGER」で、今年もバーガー50%OFFのブラックフライデーイベントの開催が決定!
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
長時間の有酸素運動でなくたってOK。自宅で1日3分で出来る「脂肪燃焼トレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYou...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
アメリカで最も物が売れる日と言われているのが、感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の「ブラックフライデー」。さらに週が明けた月曜日は、EC業界がセールを始める...
5月21日にアーバンアウトフィッターズが発表した、洋服のレンタルサービス「Nuuly」。月額88ドル(約9500円)を支払えば、最大で800ドル(約8万6...
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
フィラデルフィア在住の女性の発案でアメリカ全土へと広まった「ミートボールフライデー」。みんなでミートボール入りのスパゲッティを食べるという風習が、じわじわ...
「ブルガリ」がフレグランスや化粧品の開発でパートナーシップを組む「ICR社」と共同開発した、消毒剤を用いた「ハンドクレンジングジェル」。イタリア市民保健局...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
パタゴニアがすべての防水性アウターウェアにリサイクル素材を使用することを発表。
「弟がうまいせんべいを焼いて、兄がうまく売っていく。だから『煎餅ブラザーズ』なんです」
切なく官能的な作風でおなじみのイラストレーター・たなかみさきとコラボレーションした新商品「キットカット めかくしショコラトリー」がデビュー。
「ドラえもん」が、2020年でまんが連載開始50周年を迎えたことを記念し、「のび太さんのエッチー!」でおなじみのヒロイン・しずかちゃんのバスタイムをイメー...
2月11日、大手一般消費財メーカーの「ユニリーバ」が、子どもに訴求する広告・マーケティングの一部の廃止を発表。
イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。
BBQといえばお肉やソーセージがメインになりがち。炭火で食べるお肉も美味しいですが、ここであえてのシーフードバーガーはどうでしょう。ちょっと飽きてしまった...
ムクロジという木の実の外皮(殻)を乾かし水につけると、プクプク石鹸のように泡が立つ。この特性を利用した天然の洗濯用洗剤が、オランダやベルギーを中心にエシカ...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
こんなふうに「見える」ようになると、ちょっとは変わりそうじゃない?