ゴミと化した「コルク」を再生し、もう一度暮らしの中へ。

一度価値を失った何かに、新たな命を吹き込み蘇らせる──。一見するとゴミとしか思えないモノを、回収・再生して作るプロダクトが増えてきた。

ここで紹介する取り組みも、そんな昨今の流れを汲むもの。集められたのは、ワインの「コルク」。ただし視線の先には、単なるモノ作りを超えた壮大なテーマがある。

東京を、コルク再生の街へ

東京で毎晩のように楽しまれているワイン。年間消費量はなんと約1億2,000万本だそう。実は日本全体の約3分の1をこの都市で消費していることになるらしい。

そのワインボトルの栓に広く使用されているコルクを捨てることなく、収集し、再資源化する。この「TOKYO CORK PROJECT」は、ワインとともにコルクを大量に消費する東京を再生資源の宝庫と捉え直すことから始まった取り組みなのだ。

日本では育てられない
資源だからこそ

というのも、コルクの原料となるコルク樫は日本で育てることができず、原材料の生産は海外に頼るしかない現状があるから。そういう意味では、このプロジェクトは、今の東京でコルクを作る唯一の方法というわけ。

飲食店などにこのような回収BOXを設置し、ワインを飲んだあとに出るコルクを入れてもらう仕組み。協力の輪は広がり、今では750以上もの店舗が支援する取り組みに。

そして、もう一度
暮らしの中へ。

弾力性や保温性に優れ、ほぼ水を通さない。しかし、わずかに通気性がある。このような珍しい特徴を活かし、プロダクトとしてもう一度暮らしの中へ送り届けるまでがこのプロジェクト。

たとえば、こんなスツール。

コースターや、

プレースマットも。

これらのアイテムはこちらで購入可能。東京を「コルク再生の街」へと変えるプロジェクトは、私たちの知らぬ間に着々と進んでいる。

Licensed material used with permission by TOKYO CORK PROJECT
環境意識改革をコンセプトに掲げる〈GREEN MOTION〉の天然のコルクを使用したバスマット。乾きが早く、天然の抗菌成分のため、濡れた後は立てかけておく...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
とあるロンドンのオフィスに設置されたこの『Regeneration Pods(再生ポッド)』は、バイオフィリアと呼ばれる概念をもとに設計されたオフィスにあ...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。
デザイナーGavin Munroさんによるプロジェクト。イギリス・ダービーシャー州にある農園「Full Grown」で、生育中の木に接ぎ木や剪定をすること...
一般的に知られている逆再生動画は、魔法のような不思議さをウリにしているものが多く、そのどれもが緻密な計算の上に成り立っていると思います。風景を撮るにしても...
毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジ...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。