「生き返った男性」が森を生き返らせる

もし自分が病気か事故で一度死にかけて、その後「第二の人生」を送れるチャンスを得たとしたら、何をするだろうか。

アメリカのカリフォルニア州に、病気で命を落としかけて生き延びた後、木を植えて森を再生しようとしている男性がいる。彼の名前はDavid Milarch。では、なぜ木なのか?彼がそこに至るまでの想いを紐解いてみよう。

「私は一度死んだことがある」

「かつて一度、腎不全で心肺停止したことがあるんだけど、驚くことに生き返ることができた。生きることを諦めてはいなかったんだ」

それが、森林再生とどう繋がっているのだろうか?

彼が植えているのは、スギ科のレッドウッドだ。「切り倒して焼いたとしても、レッドウッドを死なせるのはほぼ不可能なんだ」。そう説明するこの木に「不思議な縁を感じる」という。

「過去からの遺産」が
約95%失くなる

米内務省の、国立公園に関するHPによると、カリフォルニア州沿岸に生息するレッドウッドは、110m以上にまで育つものもあるという。通常は600年ほど育つが、2,000年までいくものもある。

Davidさんのプロジェクトを映したショートフィルム『Moving the Giants』によると、元々生息していたカリフォルニア州の北部とオレゴン州南部にあったレッドウッドの、約95%が切り倒されて消えてしまったという。それらは、机やフェンスなどに使われている。 

「破壊の代わりに保護を」
自分たちの手で森を作る

Davidさんがレッドウッドを植え続けることには2つの目的があるという。

1つ目は、地球温暖化で多くの森が枯れてしまう可能性がある中、レッドウッドを保護していくということ。

2つ目は、私たち人類のため。二酸化炭素の拡散を防いでくれる役割を果たすこの木を守るということは、長い目で見ると自分たちのためでもあるということだ。

そして、このプロジェクトは大人だけのものではない。これからの未来を担う子どもたちも参加していて、「小さいレッドウッド」を植えることをとても楽しんでいるという。

命を失いかけた事がきっかけで、失われた森を再生するため奮闘するDavidさん。最後に、彼の言葉を紹介します。

「もし私たちが考え方を変え、すべての自然を破壊する代わりに、守り共存する道を選べば、ひ孫やさらにその子どもたちが、感謝してくれることだろう」

伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
メキシコ湾の海底に、氷河期時代に沈んだ森が存在することがわかりました。地元の漁師に「なぜか魚が大量に捕れるスポットがある」という情報を聴いたダイバーが海底...
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
福井県池田町は、かつて林業の町として栄えた町。しかし、今では森林資源の利用が減少の一途をたどっているのだそう。こうした状況の中、木や森の新たな価値を創造す...
コペンハーゲンを拠点とする建築事務所・EFFEKTが、高さ600mにもなる遊歩道のコンセプトデザインを発表しました。樹木で作られた螺旋階段を登れば、雄大な...
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
世界一背が高くなる樹、通称「レッドウッド」(正式名称セコイアメスギ:スギ科セコイア属)が自生することで知られる、アメリカ・カリフォルニア州の「レッドウッド...
「森林伐採」をひとまとめにネガティヴなこととして考えるのはナンセンスかもしれない。
一般的に知られている逆再生動画は、魔法のような不思議さをウリにしているものが多く、そのどれもが緻密な計算の上に成り立っていると思います。風景を撮るにしても...
しいたけ狩りを体験すべく、茨城県つくば市の「なかのきのこ園」へ。ひょっとするとここの社長・飯泉さんは、つくばのC.W.ニコルなのかもしれない。そんなことを...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
オランダの森の中に突如現れた、泡のような不思議な建物。おとぎ話の世界にでも迷い込んだかのようなこの場所、いったい何なのでしょうか。ここ「LOUD SHAD...
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。
インドネシア・スマトラ島。豊かな熱帯雨林が広がり、ゾウやサイ、トラやオランウータンが共存できる「地球上最後の場所」といわれるこの島から、いま世界へ向けて救...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
夏に非常に暑くなることから、「中国三大ボイラー」とも言われる都市のひとつ、南京。この南京の暑さを有効活用して造られた、2018年に完成するビルは、まるで森...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...