インドのおじいちゃんが葬式中に“生き返った”話

助かってよかった!

インドの英字新聞『The Times of India』で11月6日に公開された記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh Ramさんが、葬式中に“生き返った”そうです。

結論から言うと、インドに昔から伝わる蘇生方法を試した……ってワケではなく、単なる勘違いが原因でした。

医師がRamさんの“死因”を「家で気絶したあとに亡くなった」と判断してから、親族は葬式をとりおこなうことに。この地域の慣習である死者の体を水で洗う行為をしていたところ、Ramさんの体が震え始めて、その場にいた人が生きている!と気づいたようです。

なんでもRamさんは胸が痛かったから寝ていたといいます。いや〜、本当に良かった。

当事者の立場になってみるとしたら、ちょっとコワいですよね。まだ死んでいないのに、死んでしまったと思われたのだから……。

Top image: © iStock.com/baranozdemir, 2018 TABI LABO
他の記事を見る
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
インド北部の村に暮らす男性のこの奇行。合法か否かとか、もうそんな次元じゃない。
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
ひとりの男性が警察署に足を運び、「とあるオンナに心を奪われてしまった。オレの心を取り戻してほしい」と報告したそう。
描いているのは、ブラジルに住む韓国人のおじいちゃん。孫たち(12歳のArthur、11歳のAllan、2歳のAstro)は、韓国とニューヨークに住んでいて...
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
スニーカーを株のように取引できるWEBサイト「StockX」にも注目されるほどの存在で、欧米ではちょっとした有名人です。
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
Googleとインド政府が協力して開発したアプリが、現在、実用化に向けてデリーで試験導入中。なんでもこのアプリを使いこなせば、急にもよおしたとしても、慌て...