SwagでDopeでHipなドイツのおじいちゃん

台湾に暮らす90歳のムーン・リンさんが特に有名ですが、お年寄りのファッショニスタという意味ではこちらの方も負けていません。72歳のドイツのおじいちゃんの紹介です。

彼はフォトグラファーJannik Diefenbachさんの祖父にあたる方で、喜んで被写体になっているそうですよ。スニーカーを株のようにその時の価値に合わせて取引できるウェブサイト「StockX」から広告オファーを受けるほどの存在で、欧米ではちょっとした有名人。

ポージングはとってもBadassな雰囲気。年齢を重ねても新しいチャレンジをするって素敵ですね。

やっぱり年齢を感じさせないファッションスタイルが特徴的ですね。
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
2人の高齢者が老人ホームを抜け出し、このイベント会場に向かうところで警察に保護されていたそうです。
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
「Ping Pong Door」は、名前からも想像できるように、卓球台に変身するドアです。家に親戚や友だちが遊びに来たときに、ワイワイ盛り上がれそう。ビー...
コロコロ変わる4月の天気にやられてか、私は風邪をひいた。日本から最低限の薬は持ってきていたが、冬の乾燥で何度か風邪をひき、もうストックもない。そんなわけで...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。
ドイツ発〈sänger(サンガー)〉の湯たんぽです。ゴム製なので、金物のそれと違って柔らかく使いやすいです。表面のギザギザは、低音火傷を防ぐための構造で、...
舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケて...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...