「イケア」と「レゴ」がコラボした「片付けが楽しくなる収納ボックス」

「イケア」「レゴグループ」がコラボレーションした収納ボックス「BYGGLEK」(ビッグレク)は、単なる収納ボックスではない。

ビッグレクの上面と前面には突起が付いており、そこにレゴブロックを組み立てることで、収納ボックスを作品の一部として使うことができるのだ。

突起は「LEGO System in Play」(レゴの遊びのシステム)の一部になっており、ほかのレゴブロック製品と共に使用することもできる。

また、ボックスのなかにレゴブロックを収納し、その上に作った傑作を残したままにもできるのだ。

大人から見れば散らかった状態も、子どもにとっては刺激的クリエイティブな環境。だから、遊んでいる最中に子どものクリエイティブな空間を片付けてしまうと、遊びそのものだけでなく、子どものクリエイティブな表現と成長の機会をも妨げてしまうことにもなる。

ビッグレクは、こうした大人と子どもの“見解の違い”を克服し、片付けること自体がワクワクする楽しい体験になるような収納ソリューションとして開発。

日本では2021年春に、全国のイケア店舗とIKEAオンラインストアにて発売予定とのこと。遊びごころ溢れるおもちゃ箱の発売が今から待ち遠しい。

©2020 レゴジャパン株式会社
©2020 レゴジャパン株式会社
Top image: © 2020 レゴジャパン株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事