「イケア×レゴ」の遊びながら片付けられる「収納ボックス」

「イケア」「レゴ」がコラボした収納コレクション「BYGGLEK/ビッグレク」が、2月、日本に初上陸。順次、イケア店頭とオンラインストアにて販売をスタートする。

片付け自体がワクワクする体験になるよう開発されたという新アイテムは、子どもが喜ぶギミックが効いた収納ボックス

ボックスの上部と前面には、お馴染みのレゴブロックのスタッド(凸部分)が付いており、レゴで作った作品をそのままディスプレイして整理できるのだ。せっかく大作を作っても片付けるときには泣く泣く崩す……なんてこともないのはうれしい。

側面にある小さなスクエアは中身持ち主の印を付けたり、ボックス自体を作品として使うときには家に見立ててバルコニーにも。仕舞うだけでなく、遊びの舞台にもなる万能性を発揮してくれる。

ラインナップは異なるサイズのボックス3種類と、コレクションオリジナルのレゴブロック。対象年齢は5才以上となっている。

子どものクリエイティブな遊びの空間を妨げることなく、楽しく片付けられる収納ボックスの詳細はコチラから。

©イケア・ジャパン株式会社
©イケア・ジャパン株式会社
©イケア・ジャパン株式会社
Top image: © イケア・ジャパン株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「レゴグループ」と「イケア」は、8月27日、両ブランドのコラボレーションから生まれた遊び心あふれる収納ソリューション「BYGGLEK/ビッグレク」を発表。...
散らかったモノを収納するスペースがないなら、自分の生活空間にカスタマイズができる「収納ボックス」で解決!
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
9月1日、90年代から00年代前半にかけて爆発的な人気を誇ったテレビドラマ『フレンズ』の放送開始から25周年を記念したレゴの販売が開始される。
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
「レゴジャパン株式会社」から、インテリアとして部屋に飾ることが可能な「レゴ ボタニカルコレクション」が発売。アレンジ可能な「レゴフラワーブーケ」や緑の葉と...
「イケア」はプラントベースフードの新メニューを販売。大豆などを使ったカツをのせたカレーや、肉にそっくりな野菜由来のケバブを入れたサラダ、さらには乳製品を使...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。