自分で選べて作れる!「レゴ義肢」に子供たちの目もキラキラ

コロンビアのデザイナーによって新たに開発されたこの義肢。なんと、レゴのようにカスタマイズできちゃうのだとか。

生まれつき肢体が不自由だったり、怪我で手足を失ってしまった子供たちに、自分の持っている可能性について考えてほしい。そんな願いから生まれたのが、この「IKO クリエイティブ義肢システム」です。

筋電位センサーとモーターで
自由自在

レゴの協力のもと進められた開発。腕に一番近い上腕部分には、バッテリーと筋電位センサーが内蔵されています。

さらにその先の前腕部分には、モーターを搭載。先端にレゴを繋げば、自由自在に思った通りに動かせる仕組みです。

義肢が楽しい
おもちゃになっちゃう!

自分の腕となるのは、いつも遊んでいるレゴと同じ。これなら抵抗もなく簡単に遊びながら組み立てられます。

物を掴む実用的なアームはもちろん…

ブルドーザーだって、この通り!何より子供たちが楽しそうですね。

自分の義肢を
自分で決める

当然ではありますが、これまでは子供が自分自身で義肢を組み立てることは困難でした。でもこの「レゴ」なら、必要なものを自分の手で作ることができます。

役に立つアームも、楽しいおもちゃも、子供が自分で本当に望むものを手に入れることができるのです。

このレゴ義肢は今はまだ試作品段階とのこと。早く製品化され、たくさんの子供たちの元に届いてほしいですね。

Licensed material used with permission by Carlos Arturo Torres Tovar, (twitter)
他の記事を見る
自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
言わずと知れた、デンマークの定番ブロック玩具、レゴ。子どもの頃に遊んだ人も多いのではないでしょうか?国を超えて、老若男女問わず支持されているレゴですが、自...
LEGO FORMAは、パーツを組み合わせて鯉やサメを組み立てる大人のLEGO。構成するパーツにギアのついた台座があり、動かすこともできます。
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
マスタードイエローの看板が目印渋谷をもっと楽しめるホテルMUSTARD HOTEL〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-3 SHIBUYA BRID...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
子供の優しい気遣いのようなユーモラスなこの作品は、ドイツ人アーティストJan Vormannさんによるプロジェクト。ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界4...
「はじめて夢中になったオモチャが、LEGO®でした」。自分自身がそうだったという人もいれば、子供や兄弟、甥っ子や姪っ子が、時が経つのも忘れるほど遊んでいた...
Stanely Bolland君は、レゴが大好きな男の子。ある日、FacebookでLEGOの模型製作の求人を目にします。手紙で応募したStanely君は...
これは、指を動かす感覚と同じだろうか? それとも、まったく違う? 本人に聞いた。
開催日は2月19日〜21日。作品を展示するのはナイジェリア系アメリカ人アーティストであるAmarachi Nwosuさん。
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
世界有数の名門校、英・ケンブリッジ大学が「LEGO教授」を一般公募!オモチャ好きには心躍るような話題を、科学系情報サイト「IFL Science」でMor...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
つい先日オープンしたLEGOLAND Japanや、園内で提供されるLEGOポテトなど、なにかとあの組み立てブロックが気になる今日この頃。僕を含めて、周囲...
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
この方法を試しているのは、小学校3年生に算数を教えているAlycia Zimmerman先生。計算を教えるための道具としてレゴを使っているそうです。とても...
日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。
下の動画では、0分30秒から実際に建築していく様子が確認できますが、出来上がりもイイ感じ。さっそく見てみましょう。この建物に使われているのは、基本的に木材...
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。
遺伝子組み換えの話題になれば、その対象が食であろうと生物であろうと、様々な議論を呼び起こします。そのなかでも注目されているのが「CRISPR-Cas9」と...
「mui」の見た印象は、たった1枚の板。だけど、いろいろなテクノロジーが詰め込まれているそう。開発は、日本・京都とアメリカ・ボストンを拠点にするNISSH...