子どもたちの挑戦。目が見えない人にどうやって「色」を伝えればいいの?

目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。

Cut.com」が今回チャレンジしたのは、全盲の人に、子どもたちが色を伝えるとしたらどう説明するのか、というもの。これまでの人生で一度も「色」を見たことがないという人に、どうやったら説明できるでしょうか。子どもたちの試行錯誤や、自由な表現に注目です。

どのくらい見えないの?

この実験に協力したのは、全盲のMackさん。まず子どもたちは、彼に「どのくらい目が見えないの?」と尋ねます。

Mackさんは「何も見えないよ。コウモリみたいなもんだ」と答えますが、子どもたちは「見えない」を理解するのに、苦労している様子。

女の子が「ブルーベリーの色は見たことある?」と聞くと、彼はこう答えます。

「僕はね、何かを見たっていう経験がないんだよ。そこがとっても大事なポイントなんだ」

どうやって伝えたら
いいんだろう?

Mackさんが「本当に一度も何かを見たことないんだ」と理解した子どもたちは、どうやって色について伝えたらいいのか、真剣に悩み始めます。

「どうやって伝えたらいいんだろう?」「一生懸命考えなきゃ」

イメージを伝えてみる

「緑はね、幸せなんだけど、ときどきイヤな感じなの」

「誰かがオナラをした感じ」

音で伝えてみる

「青ってどんな音と結びついてると思う?」と尋ねるMackさん。

女の子は低く唸って答えます。

こちらの女の子も、色を音で表現します。

「私の部屋は『アアアアーーー!』って感じ!すっごいピンクだから」

「あああ、あああ、あああ」と言いながら、手をうねらせる男の子。どうやら波のイメージのようです。

「キーーッ」と高い声を出して、黄色を表現したり。

物にたとえてみる

「オレンジはね、オレンジ」と果物のオレンジにたとえてみます。

「緑はね、腐ってる感じ。ゾンビみたいな」と男の子。

「ユニコーンが私の口の中で爆発するの」の回答には思わずMackさんも笑顔に。

「毎日学ぶことがあるなぁ」

と返します。

そんな、Mackさんと子どもたちの笑顔が溢れるコミュニケーションが詰まった動画は、こちらからどうぞ。あなたなら、どうやって「色」を伝えますか?

Licensed material used with permission by Cut.com, (YouTube), (Twitter), (Facebook)
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
目が見えない人の世界を想像しようとしてみても、なかなかうまくイメージできないかもしれません。まったく見えない状態で生活している人は、周りの情報をどうキャッ...
「ダイソン社」の慈善団体が、在宅中の子どもたちのために身近なものを使ってできる44の実験プロジェクトを無料公開した。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
オーストラリアを拠点に活動するスタジオ「yelldesign」から3種類のユニークなクリアパズルが発売。「ウイルス」「水槽」「窓ガラス」をモチーフにした、...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
これは、YouTubeの公式チャンネル「AsapSCIENCE」で公開された動画です。たぶん、見た後は自分の目を信じられなくなると思います。早速どうぞ。下...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
金網を製造する「石川金網株式会社」は、同社が製造する“純銅でできた金網”「おりあみ/ORIAMI」を用いたDIY銅マスクの作り方を公開中。同製品を購入して...
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
ロングセラー「花屋が作ったハンドクリーム」の第5弾「ローズミルラ」が、全国の「青山フラワーマーケット」で発売。これまで再現が難しいとされてきた本物のローズ...
表側の生地にアウトドア用品でお馴染みの「CORDURAファブリック」を使用。
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
子どもたちの「人助けをしたい」という願いを叶え、さらには行動力や実践力を身につけさせる米アトランタの非営利団体「Kids Boost」が注目を集めている。
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
路上で生活をする人々とすれ違うとき、見てはいけない存在かのように、多くの人が目をそらす。カナダ・モントリオールに住むフォトグラファーMikael Thei...
アメリカである過激な社会実験が行われました。「炎天下の車内で10分間耐えることができれば100ドル」というニセのチャレンジ企画です。冗談にしても少々、度が...