目に見えるトレーニングの成果「パンプアップ」とは?

「パンプアップ」とは、一時的に筋肉が大きくなる現象ですが、繰り返していくことで、筋肉が肥大化する効果もあるそう。この記事では「パンプアップ」の意味や仕組み、筋肉の肥大化につながるパンプアップのコツをご紹介していきます。

パンプアップとは?

©iStock.com/AleksandarGeorgiev

パンプアップとは、以下の状態を指します。

筋肉内に多量の水分が貯留して筋肉がはれ上がった状態

もう少し詳しく説明すると、激しいトレーニングをすると、筋肉への血液やリンパ液の流入が多くなるので、筋肉が肥大化します。これは一時的なものであり、大きくなった状態の筋肉が持続するわけではありません。ただ、パンプアップを繰り返すことで、筋肉の肥大化につながる効果があるといわれています。

また、パンプアップするということは、トレーニングの内容が確かに筋肉に効いているという証です。ですので、パンプアップを「トレーニングが鍛えたい筋肉にしっかりと効いているかの目安」や「トレーニングをする1つの目標」としている人もいるようです。

パンプアップはなぜ起こるの?

パーソナルトレーニングジム「STUDIO KOMPAS」によると、パンプアップは筋肉への血液やリンパ液の流入が多くなることで引き起こされるようです。

筋肉はトレーニングによって強い負荷がかけられると、筋肉内のエネルギーが消費され、老廃物や乳酸などが溜まります。すると、筋肉は通常通りのパフォーマンスができなくなるので、不要な物質を流すよう信号を送り、血流が盛んに。この血流によって、筋肉が大きくなるのがパンプアップなのです。

また、盛んになった血流は不要になれば通常の血流に戻ります。そのため、パンプアップは一時的なものなのです。

バルクアップとの違いは?

バルクアップとは、筋肉量が増えることで筋肉が大きくなること。高い負荷をかけてトレーニングをすることで、筋繊維が破壊されます。この筋繊維は破壊を繰り返すことで、壊れにくく大きな筋肉を作ることができるそう。この筋繊維の破壊を繰り返すことで、筋肉を大きくなっていく現象をバルクアップというのです。ちなみに、この筋繊維を破壊したときに起こる痛みが筋肉痛と呼ばれます。

すでにお話した通り、パンプアップは一時的に筋肉に血液が集まることで起きる現象のことで、短時間でその現象をみることができます。それに対してバルクアップは、筋繊維の破壊を長いスパンで繰り返さなければいけません。破壊と修復を繰り返すので、バルクアップを起こすためには時間を要します。また、バルクアップはパンプアップとは違い、一時的で消えてしまうものではなく、一度大きくなるとより長い時間みることができます。

筋肉肥大につながるパンプアップのコツ

正しいフォームでのトレーニング

パンプアップを狙ったトレーニングをおこなっていると、だんだんときつくなり、フォームも崩れてきがち.......。ただ、楽なフォームでやるということは、筋肉に効いていないということ。もし、きつくてフォームが崩れてしまうようでしたら、重量を軽くしてみるなど、軽いトレーニングに切り替えてみましょう。ぜひ鏡の前で自分のフォームを見直してみてくださいね。

短いインターバルでのトレーニング

インターバルとはトレーニングとトレーニングの間の休憩のこと。激しいトレーニングをすると長めの休憩をしたくなりますが、パンプアップをさせるには休憩は短めにするのがオススメです。トレーニングの内容にもよりますが、一般的に30秒〜1分30秒ほどがいいといわれています。

トレーニング後のタンパク質の摂取

人間の筋肉は運動時にたくさんのエネルギーを消費します。ですので、運動後は非常に栄養を吸収しやすい身体となっており、筋肉を作るタンパク質を摂取するのに最適なタイミングであるといわれています。パンプアップは筋肉のエネルギー不足の証であるともいえます。こうしたタイミングで、筋肉を作るのに必要なプロテインなどを摂取することで、パンプアップを効率的に筋肉の肥大につなげることができるでしょう。プロテインを販売している森永によると、特に運動後45分以内の摂取がいいそうです。

まとめ

パンプアップについてご紹介してきました。筋トレは同じ時間・同じ内容でおこなっても正しくやらなければ効果は変わってきてしまいます。しっかりとした知識をつけておこなうことが大切です。

Top image: © iStock.com/Constantinis

関連する記事

6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
宅トレを簡単に、そして無理なくアップグレードできてしまう「トレーニングチューブ」。トレーニングチューブを使うメリットや選ぶ際のポイントもご紹介していきます。
インスタで受けられる「無料オンライントレーニング」3つを紹介。「クロスフィットトレーナーAYA」、「Under Armour」、「Fitness Base...
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
筋トレをムダにしない「ワークアウトめし」紹介します。
デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか?今回はこのデッドリフト筋を鍛えるべき理由をご紹介します。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
この自動販売機では、ドリンク購入前に脈拍数が計測され、その値が高ければ高いほど割引を受けられるという仕組みになっている。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...