UKの森で育つ「生きた家具」たち

イギリスのミッドランズのある森で、家具を“育てている”カップルがいる。

彼らは従来の家具作りについて、50年もの歳月をかけて“強制的に”木を育て、その木を家具作りのために伐採することは、非効率的で環境負荷が大きいと考え、木を“理想のカタチに育てる”という独自のスタイルを確立した。

環境に優しいことはもちろん、この家具の魅力はひとつとして同じものはない、自然が織りなす木本来の「曲線」や「風合い」の美しさにある。

現在彼らの「家具農場」では、100個のランプと250脚のイス、50卓のテーブルが育てられている。とくに人気のイス(12500USD/日本円で約14万円)は2030年まで予約で埋まっているようだ。

家具が完成するまでに、ランプは約2〜3年、イスは約7〜10年、テーブルは約15年かかるという。なんでもすぐに手に入りやすくなった現代で、“待つ”という時間は愛しく、手にした家具は特別なものとなるだろう。

www.fullgrown.co.uk
Top image: © 2019 Full Grown
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
デザイナーGavin Munroさんによるプロジェクト。イギリス・ダービーシャー州にある農園「Full Grown」で、生育中の木に接ぎ木や剪定をすること...
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...