映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』の試写会が開催

2016年4月30日(土)を皮切りに、『おそ松くん』、『天才バカボン』、『ひみつのアッコちゃん』などで知られる漫画家・赤塚不二夫の人生を追ったドキュメンタリー映画が全国ロードショーで公開される。そして、その試写会が4月2日・3日にセブンシネマ倶楽部で行われる予定だ。

赤塚不二夫“生誕80周年”

Photo by 荒木経惟

注目するべきは“マンガも面白いが本人はもっと面白い!!!”との作品紹介文にもある、破天荒でデタラメな彼の人間ドラマ。だが、主題曲の作曲・唄を担当するタモリや、タブラ奏者のU-zhaanや音楽家の蓮沼執太など、豪華な制作陣や出演者も見逃せない。どんな話が聞けるのかーー。その詳細を見てみよう。

内容は、主に関係者インタビューや秘蔵写真、プライベート映像、幻のテレビ番組など、膨大な素材を再構築して作られたもの。最高傑作との呼び声も高い作品『レッツラゴン』のキャラクターがアニメーションで登場し、本人の肉声と関係者たちの視点で語られる様々な物語を案内する。

「笑ってくれれば死んでもいい!」

Photo by 國玉照雄
Photo by 荒木経惟

映画をプロデュースした坂本雅司氏は、こうコメント。

「あの突き抜けた明るさと同時にあるシニカルなギャグセンス。それは、閉塞的でどんどん不自由になっている社会で、我々を勇気づけてくれます。彼を現代に降臨させることで、どんなときも自由な精神でいられることや、すべて『これでいいのだ!』という、そんな開放性をみなさんと共有していきたいのです。これからの世界を生きていくうえで、そんな明るいバカバカしさこそが、大きなヒントのひとつになるのではないかと思っています」。

タモリの「ハナモゲラ語」炸裂?
ほぼ即興で録音した楽曲とは…

主題曲『ラーガ・バカヴァット』を唄っているのは、赤塚と親交の深かったことで知られているタモリ。ちなみに、“ラーガ”はインド音楽の旋法で、“バガヴァット”はサンスクリット語で「聖者」を意味する。“バカボン”の語源になったとされる言葉だ。

坂本氏からは、こんな裏話も。

「タモリさんには、当初はインタビューさせていただきたいと思っていました。ところが、あの有名な赤塚さんへの弔辞ですでに語り尽くしているため、改めて語ることは難しいというお返事だったんです。とはいえ、ふたりの関係はとても重要です。何か方法はないかと考えました。

今回、音楽を担当しているタブラ奏者のU-zhaanが『ヨルタモリ』に出演していたこともあり、歌ならもしや参加していただけるのではないかと、駄目元でお願いしました。すると、うれしいことにOK。多忙のなかレコーディング・スタジオに来ていただき、エンディング曲は『ハナモゲラ語』で歌って欲しいとも伝えました。チームは何度か『ヨルタモリ』でセッションをしていたため、録音も非常にスムーズ。ほぼ即興で歌っていただきました。いい意味でとてもいい加減な感じになり、まさに赤塚さんらしい曲になったと思います」。

2016年4月2日、3日とセブンシネマ倶楽部で開催される試写会には、プロデューサーの坂本氏に加え、漫画家・江口寿志氏や松尾スズキによるトークが行われる予定だ。貴重な話が聞けるかもしれない。詳しくはコチラから確認してみよう。

※都合により、出演者・内容が変更となる場合があります。

Licensed material used with permission by 株式会社グリオ
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
映画『エキストラ・バージン〜世界一のオリーブオイル〜』。世界最大のオリーブ畑を舞台に、次世代を担う若き生産者たちを追ったドキュメンタリー映画。
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
日本初「ピーター・ドイグ展」が「東京国立近代美術館」で開催。会期は2月26日〜6月14日まで。彼の世界観を体感できる貴重な機会です。
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
日本の高校野球を追ったドキュメンタリー映画『KOSHIEN: JAPAN’S FIELD OF DREAMS』がニューヨークでワールドプレミア決定。
映画『アイリッシュマン』を日本国内のスクリーンで観ることは諦めるしかない。日本では11月5日に「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で3回上映されるのみ。チケ...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.57
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...