※応募終了『奇跡の2000マイル』特別試写会にご招待!世界が待ち望んだノンフィクションの映画化

1980年に出版され世界的な反響を呼び起こした、とある女性の回顧録がある。日本では「ロビンが跳ねた」というタイトルで発売された「TRACKS」のことだ。7ヵ月を費やして成し遂げた旅の記録を綴ったこの本は、舞台となったオーストラリアはもちろん、遠く離れたイギリスでも教材として使用されている。

発売以降、その驚くべき実話には映画化のオファーが絶えなかったようだ。『英国王のスピーチ』でアカデミー賞を受賞した名プロデューサー、エミール・シャーマンも映画化を熱望したうちの一人。

辛抱強い交渉の結果、彼はようやく映画化の権利を手にすることとなる。こうして、アカデミー賞を受賞した製作陣の手で待望の映画化を果たしたのが、7月18日(土)公開の『奇跡の2000マイル』だ。あなたは、これから紹介する映画の内容が実話をベースにしたものだと信じられるだろうか?

サブ3_R

主人公は24歳の女性ロビン。オーストラリア中央部の町アリス・スプリングスに、都会からたった一人でやってきた。

その目的は、広大な西部の砂漠地帯を踏破し、インド洋を目指す冒険の旅に出ること。距離にして、なんと2000マイル(約3000キロ)。その旅は、彼女の心の隙間を埋める「何か」を探すものでもあった。

サブ7_R

牧場や酪農農家のもとでホコリまみれになりながらも、荷物持ちとなるラクダの調教の仕方を学んだロビン。その後、なんとかラクダを調達するメドがついた彼女は、ナショナル・ジオグラフィック誌からの資金援助にも成功。1977年4月、4頭のラクダと愛犬を引き連れて、あまりにも果てしない旅の一歩を踏み出した。

「奇跡の2000マイル」メイン_R

サブ2_R

当然、旅は苦難の連続。凄まじい暴風雨により物資がホコリまみれになったり、荷物持ちのラクダが急に姿を眩ますこともあった。さらには、ある事情で200キロ以上も遠回りせざるを得ない状況にも。

サブサブ2_R

サブ8_R

それでも、度重なる困難に屈することなく、圧倒的な大自然の中を一歩ずつ前進していくロビン。この壮大な旅を通じて、彼女はかけがえのない宝物を手にすることに…。

サブ1_R

サブ6_R

サブ9_R

誰しもがうまくいかない人生に変化を求めることがある。日常に刺激がなく、なんとなく物足りなさを感じることが。そんな時、勇気を出して一歩を踏み出すことは、状況を改善する「特効薬」になり得る。この映画は、そうした当たり前な事実を、改めて我々に教えてくれるのだ。

サブ5_R

映画『奇跡の2000マイル』は7月18日(土)有楽町スバル座、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。ただし、今回はそれまで待ちきれないTABI LABO読者の方を、一足先に特別試写会へとご招待。ぜひ、この機会をお見逃しなく!

日時:2015年7月13日(月)1830開場/1900開映
会場:ブロードメディア・スタジオ月島試写室(中央区月島1丁目14-7旭倉庫2F)
定員:25組50名様 ※応募者数が定員を超えた場合は抽選

btn_kiseki_150708_02

Licensed material used with permission by 2013 SEE-SAW (TRACKS) HOLDINGS PTY LIMITED, A.P. FACILITIES PTY LIMITED, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM
CORPORATION, SCREEN NSW AND ADELAIDE FILM FESTIVAL

映画『エキストラ・バージン〜世界一のオリーブオイル〜』。世界最大のオリーブ畑を舞台に、次世代を担う若き生産者たちを追ったドキュメンタリー映画。
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州は、換金されなかった宝くじの賞金を使って、ジャッキー・チェン主演のアクション映画『ポリス・ストーリー / REBO...
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
公開25周年を記念したカプセルコレクション。映画のアイコニックなシーンやセリフ、プロップなどがデザインされたTシャツやパーカーなどが展開されている。
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
世界で話題のVRアートアニメーションが日本でも観れる!
先日提供が開始された「VUniverse」は多数のストリーミングサイトを統合したプラットフォームアプリ。このアプリ使えば、あなたが視聴可能なすべての選択肢...
1960年代、NASAで活躍し「人間コンピューター」とも呼ばれた女性たちの活躍を描いた映画『ドリーム』(原題「Hidden Figures」)。その映画を...
2016年4月30日(土)を皮切りに、『おそ松くん』、『天才バカボン』、『ひみつのアッコちゃん』などで知られる漫画家・赤塚不二夫の人生を追ったドキュメンタ...
枯れた砂漠が一面、ピンク色に染まった!?アメリカのメディアを中心に話題沸騰の写真。ここが、世界でもっとも乾燥した砂漠だと聞いても、にわかに信じられませんよ...
「シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
米アニメスタジオ「ピクサー」が、ゲイカップルを主役としたアニメーション短編作品『Out(アウト)』を公開。「ピクサー」史上初となる“LGBTQを主人公にし...
今もっともオモシロいストリップクラブは「Lucky Devil Lounge」だ。少し前はダンサーが料理を届ける「Lucky Devil Eats」で話題...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
映画『アイリッシュマン』を日本国内のスクリーンで観ることは諦めるしかない。日本では11月5日に「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で3回上映されるのみ。チケ...
映画もそろそろ終盤。感動のシーンが流れ、ストーリーに集中できなくなるほど盛大に号泣…。そんなフィクションのストーリーにも感情移入できるのは、あなたがとても...
今まで映画についていろいろと書いたことがありますが、今回は懐かしい映画についての話です。
失恋の痛手を治すのは、思いっきり泣くことだ。そんな話を聞いたことがある。現実世界に目を向けるのは、あまりにも酷なことだから。泣くことで、悪い感情が吐き出さ...
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!