※応募終了『奇跡の2000マイル』特別試写会にご招待!世界が待ち望んだノンフィクションの映画化

1980年に出版され世界的な反響を呼び起こした、とある女性の回顧録がある。日本では「ロビンが跳ねた」というタイトルで発売された「TRACKS」のことだ。7ヵ月を費やして成し遂げた旅の記録を綴ったこの本は、舞台となったオーストラリアはもちろん、遠く離れたイギリスでも教材として使用されている。

発売以降、その驚くべき実話には映画化のオファーが絶えなかったようだ。『英国王のスピーチ』でアカデミー賞を受賞した名プロデューサー、エミール・シャーマンも映画化を熱望したうちの一人。

辛抱強い交渉の結果、彼はようやく映画化の権利を手にすることとなる。こうして、アカデミー賞を受賞した製作陣の手で待望の映画化を果たしたのが、7月18日(土)公開の『奇跡の2000マイル』だ。あなたは、これから紹介する映画の内容が実話をベースにしたものだと信じられるだろうか?

サブ3_R

主人公は24歳の女性ロビン。オーストラリア中央部の町アリス・スプリングスに、都会からたった一人でやってきた。

その目的は、広大な西部の砂漠地帯を踏破し、インド洋を目指す冒険の旅に出ること。距離にして、なんと2000マイル(約3000キロ)。その旅は、彼女の心の隙間を埋める「何か」を探すものでもあった。

サブ7_R

牧場や酪農農家のもとでホコリまみれになりながらも、荷物持ちとなるラクダの調教の仕方を学んだロビン。その後、なんとかラクダを調達するメドがついた彼女は、ナショナル・ジオグラフィック誌からの資金援助にも成功。1977年4月、4頭のラクダと愛犬を引き連れて、あまりにも果てしない旅の一歩を踏み出した。

「奇跡の2000マイル」メイン_R

サブ2_R

当然、旅は苦難の連続。凄まじい暴風雨により物資がホコリまみれになったり、荷物持ちのラクダが急に姿を眩ますこともあった。さらには、ある事情で200キロ以上も遠回りせざるを得ない状況にも。

サブサブ2_R

サブ8_R

それでも、度重なる困難に屈することなく、圧倒的な大自然の中を一歩ずつ前進していくロビン。この壮大な旅を通じて、彼女はかけがえのない宝物を手にすることに…。

サブ1_R

サブ6_R

サブ9_R

誰しもがうまくいかない人生に変化を求めることがある。日常に刺激がなく、なんとなく物足りなさを感じることが。そんな時、勇気を出して一歩を踏み出すことは、状況を改善する「特効薬」になり得る。この映画は、そうした当たり前な事実を、改めて我々に教えてくれるのだ。

サブ5_R

映画『奇跡の2000マイル』は7月18日(土)有楽町スバル座、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。ただし、今回はそれまで待ちきれないTABI LABO読者の方を、一足先に特別試写会へとご招待。ぜひ、この機会をお見逃しなく!

日時:2015年7月13日(月)1830開場/1900開映
会場:ブロードメディア・スタジオ月島試写室(中央区月島1丁目14-7旭倉庫2F)
定員:25組50名様 ※応募者数が定員を超えた場合は抽選

btn_kiseki_150708_02

Licensed material used with permission by 2013 SEE-SAW (TRACKS) HOLDINGS PTY LIMITED, A.P. FACILITIES PTY LIMITED, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM
CORPORATION, SCREEN NSW AND ADELAIDE FILM FESTIVAL

地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...
2016年4月30日(土)を皮切りに、『おそ松くん』、『天才バカボン』、『ひみつのアッコちゃん』などで知られる漫画家・赤塚不二夫の人生を追ったドキュメンタ...
1960年代、NASAで活躍し「人間コンピューター」とも呼ばれた女性たちの活躍を描いた映画『ドリーム』(原題「Hidden Figures」)。その映画を...
枯れた砂漠が一面、ピンク色に染まった!?アメリカのメディアを中心に話題沸騰の写真。ここが、世界でもっとも乾燥した砂漠だと聞いても、にわかに信じられませんよ...
映画もそろそろ終盤。感動のシーンが流れ、ストーリーに集中できなくなるほど盛大に号泣…。そんなフィクションのストーリーにも感情移入できるのは、あなたがとても...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
失恋の痛手を治すのは、思いっきり泣くことだ。そんな話を聞いたことがある。現実世界に目を向けるのは、あまりにも酷なことだから。泣くことで、悪い感情が吐き出さ...
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴローが製作・監督・脚本・主役の4役を務め、アメリカで「フードトラック」(路上で料理を提供する、キッチンを搭載したト...
好きな芸能人やアニメの影響で、コスプレしたり、完コピしたり。憧れの何かに影響されて、自分なりにマネする人は結構いると思う。デジタルアーティストのJan O...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
ハロウィンを味わう暇もなかった人もいるはず。せめて…と言ってはなんですが、今夜くらいは、海外のホラー映画に出てくるような洋風廃墟の世界へ遊びに行くのはどう...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.57
スマホやタブレットで映画を楽しむ人、最近とても増えましたよね。これから秋に向けて「夜長」をどう楽しもうか考えている人も多いでしょう。そこで、英BBC cu...
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...