崩れ落ちる「男のプライド」。彼氏を黙らせるNO.1映画がついに公開!

「自分の身は自分で守れ(Every Man for Himself)」という論文の存在を、一体どれだけの人が知っているだろうか?

これはスウェーデン・ウプサラ大学の二人の学者が2012年に発表した海難事故における生存レポート。3世紀にわたる18の海難事故の事例を検証しており、対象人数は30以上の国の15,000人にも及ぶ。

興味深いことに、この調査が明らかにしたのは「男性の生存率は女性の2倍以上で、乗客よりも船長や船員のほうが多く生き残っている」という事実。つまり、タイタニック号の事例のような「女性と子どもを先に助ける勇敢な男性像」は、現実とかけ離れた全くの幻想ということになる。

この論文をもとに、スウェーデンのリューベン・オストルンド監督が撮影した映画が、7月4日(土)から日本で公開される。外国語映画賞最多15冠を受賞し、全米を席巻した話題作『フレンチアルプスで起きたこと』だ。

フレンチアルプスサブ1_R


主人公はスウェーデン人のビジネスマン、トマス。仕事人間の彼は、つかの間の休日を利用し、家族サービスに精を出す。行き先はフレンチアルプス。家族4人で5日間のスキー旅行にやってきた。

フレンチアルプスメイン_R

絶景のテラスレストランで昼食をとっている最中、いきなり爆発音が鳴り響き、目の前の斜面で雪崩が発生する。それはスキー場の安全確保のため、人工的に起こしたものであったのだが、予想外に勢いを増した雪崩がテラスめがけて向かってきた。

幸い大事には至らず、人々は安心。ところが、雪崩の瞬間にトマスが見せた期待外れの行動は、家族を大いに失望させてしまう。そう、妻と子どもたちを守ろうともせず、一人で逃げてしまったのだ。

「フレンチアルプスで起きたこと」証拠映像_R

妻、エバはトマスの行動を問いただす。しかし、トマスは「逃げていない」と主張。次第に夫婦仲に暗雲が立ちこめ、子どもたちも反抗的に。

トマス号泣_R

「理想の父親」の座を取り戻そうと必死にあがくトマス。残された時間の中で、バラバラになった家族の心は、再び一つに戻る事ができるのか?

フレンチアルプスメイン2_R


この映画は、世の女性たちが「こういう経験、ある!」と自分の身に置き換え、共感できる物語となった。それは、ともすればシリアスになりがちなストーリーをコメディタッチで描いているから。

「私を守ってくれるヒーロー」は、あくまでもスクリーンの中だけでの話。現実にはそんな男性などいないことを、この映画は真正面から突きつけている。男性にとってはなんとも肩身の狭い内容だが、崩れ落ちる「男のプライド」をカップルで観に行くのもいいかもしれない。

 

btn_french_150630

Licensed material used with permission by magichour

サウジアラビア文化情報省が、12月11日に映画館の営業を35年ぶりに解禁することを発表した。一番最初に公開されるのが『少女は自転車にのって』ということを知...
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
世の中にカップルは星の数ほどいますが、彼氏が大好きで本当に幸せな女性は、彼氏にどんなことをしてもらっているのでしょうか?彼女を大切にしている彼氏は、LIN...
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
映画『ワンダーウーマン』の日本公開の宣伝で「天然系」や「男も恋をしらない」という謳い文句がソーシャルメディアで炎上しました。なぜこのような事が起こってしま...
『アップリンク渋谷』は、2017年公開の話題作(全47作品だって!)を、12月23日(土)〜2018年1月26日(金)の約1か月間、特別に再上映してくれま...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...
11月末から公開されているこの映画の主人公は、チェット・ベイカー。1950年代、黒人ばかりのモダン・ジャズ界で一世を風靡し、マイルス・デイヴィスを凌ぐとも...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
「最近彼女とケンカが絶えない」「なかなか彼女ができない」「好きな人を誘えない」などの悩み、もしかしたらあなたのプライドの高さが原因になっているのかも知れま...
『タクシードライバー』、『イングリッシュ・ペイシェント』に『シングルマン』。愛を失った男を描いた映画って、これまでどれほどたくさんあったた...
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
オスカー女優であり、プロデューサーであり、母親でもあるリース・ウィザースプーン。夢や野心、情熱を持って頑張る女性を応援するエッセイが9月4日、「Glamo...
失恋の痛手を治すのは、思いっきり泣くことだ。そんな話を聞いたことがある。現実世界に目を向けるのは、あまりにも酷なことだから。泣くことで、悪い感情が吐き出さ...
一般的に、人間関係で何かトラブルが起きたとき、女性のほうが感情的になりやすく、ほとぼりが冷めるのにも時間がかかる。だから、男友達と一緒にいるほうがラクだと...