映画館で配られた「飲めない」ミネラルウォーター。その深いメッセージとは・・・

カリフォルニア州ロサンゼルスの映画館で、ミネラルウォーターを使ったあるドッキリが仕掛けられました。

スクリーンショット 2015-06-01 4.09.40

満席の館内、スタッフがミネラルウォーターを無料で配りはじめます。「気が利くサービス?」観客たちは、ペットボトルを受け取ります。

スクリーンショット 2015-06-01 4.12.06

スクリーンショット 2015-06-01 4.13.15

ところが、「あれ…?」このペットボトル、いくらキャップをひねっても開けることができません。

スクリーンショット 2015-06-01 4.14.05

連れの恋人もお隣さんも、みんな開けようとキャップをひねってはみるものの、誰ひとりとしてミネラルウォーターを口にできないんです。次第にざわつきはじめる館内。

スクリーンショット 2015-06-01 4.15.25

すると、館内が暗転、映画が始まりました。スクリーンに目をやる観客にこんなメッセージが映し出されました。

スクリーンショット 2015-06-01 4.16.03

水を飲もうと思ったのに、開かなくてイライラされた方々へ。この子たちが、どう感じるかを想像してみてください

スクリーンショット 2015-06-01 4.17.16

スクリーンショット 2015-06-01 5.42.19

スクリーンショット 2015-06-01 5.42.55

スクリーンに流れたのは、小さな子どもたちが飲み水を求めて、数キロの道のりを行く姿。それがたとえ、汚れた水であってもです。

スクリーンショット 2015-06-01 5.51.08

スクリーンショット 2015-06-01 5.51.56

スクリーンに釘付けになる人々。ようやく、手にしているペットボトルが、いくら奮闘しても開かない理由に納得がいったはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、このドッキリプロジェクトを仕掛けたのは、国際NGO団体の「The Water Project」。アフリカ・サハラ地区へ安全な飲料水の提供と衛生環境の整備を支援する団体です。

深刻な水不足のため、多くの子どもたちの命が失われているアフリカの国々。なかでも赤道直下のケニア、ルワンダ、ウガンダ各国での深刻な水不足を解決するため、井戸を掘り持続的に水が供給されているかを確認するリモートセンサーを開発し、安定供給の実現に貢献しています。

shutterstock_246601219

それでもまだ、水不足の根本的な解決には遠き道のりだと、彼らは寄付をつのるべく、こうしたプロジェクトで人々に喚起を促しているんだそう。以下は「The Water Project」のサイトから、抜粋した水不足の深刻さが伝わる一文です。

清潔で安全な水が不足しています。今も発展途上国では、約1億人近い人々が、安全で清潔な水を口にすることができません。水は生命の源です。ですが、およそ10人に1人は安全な水を飲めず、毎日2,000人の子どもたちが、水が原因で死にいたる事実があるのです。

蛇口をひねれば、安心して飲める清潔な飲料水が止めどなく出る。それを当たり前に感じている人々がいます。反面、安全よりもまず、生きるために必要な水を探し求めて、日々歩き続ける人々が、まだ世界には無数にいることに気づかされる。そんなドッキリプロジェクトに、あなたは何を感じるでしょうか。

Reference : Upworthy
Licensed material used with permission by The Water Project

関連する記事

8月、「ハバリーズ」より、持ち運び可能な紙パックミネラルウォーターが発売。容器には100%再生可能な素材を採用。
リサイクル率が約97%というアルミ缶を使用した「ナチュラルミネラルウォーター・アルミボトル缶」が先月29日(月)から販売開始。
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
「サ水(さみず)」は、昨今のサウナブームの火付け役となった『サ道』の原作者であるマンガ家・タナカカツキ氏によるオリジナルデザインの富士ミネラルウォーター。
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
スキットルズを“飲める”ようになります!
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
クラウドファンディングで1000万円以上集めている「持ち運べる映画館」を紹介。
フルーツのフレーバーをつけたミネラルウォーターが今じゃたくさん売られているけれど、どうしても甘ったるさと香料っぽさがなじめない。そもそも加糖してる時点でミ...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
突然、予期せぬことが起こったとき。そのとっさの行動に人間性が表れるもの。世界中のさまざまなドッキリや検証動画に意外なメッセージが隠れているのも、そこに「人...
米最大の映画館グループ「AMC Theatres」が、個人向けに映画館を貸切レンタルするサービスを開始した。99ドル〜で最大20人で利用可能。最新作上映に...
米国で2番目の規模を誇る大手映画館グループ「リーガル・シネマズ」が、10月5日、全米にある536の映画館のすべてを閉鎖すると発表。閉鎖の原因は、新型コロナ...
12月3日、米エンターテインメント企業「ワーナー・ブラザース」が、2021年に公開予定の作品を映画館だけでなく動画ストリーミングサービス「HBO Max」...
「moviepass」は、月額9.95ドル(約1080円)で映画館に通い放題の激安プラン。3D・Imaxの作品は不可など多少制限はあるが、ニューヨーク中心...
映画『アイリッシュマン』を日本国内のスクリーンで観ることは諦めるしかない。日本では11月5日に「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で3回上映されるのみ。チケ...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
9.11を機に、国を守ろうと戦地へ向かった若い兵士たち。彼らは現在退役兵として暮らしているが、生きる目的を見出だせずにいた。そんな中、1人の元軍人が、アフ...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
古今東西、竹を有効活用した製品は数多くあります。しなやかで丈夫な素材の特性を活かした自転車フレームもそのひとつ。アフリカ各国でつくられ、海外へと輸出される...
東京都が推進するプラスチック削減の取り組みに株式会社三越伊勢丹(以下、三越伊勢丹)が小売業としてリユース容器のトライアルをスタート。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。