「自閉症者が生きる世界」を疑似体験するドキュメンタリー、4月公開!

重度の自閉症を抱える作家・東田直樹が13歳の時に執筆した『自閉症の僕が跳びはねる理由』

理解が困難とされる自閉症の内面をわかりやすい言葉でまとめたその内容は、大きな話題となり、30ヶ国以上で出版された。

そして、累計発行117万部に及ぶ世界的ミリオンセラーとなった本著を元に、イギリスで製作されたドキュメンタリー映画『僕が跳びはねる理由(原題:The Reason I Jump)』が、4月2日(金)より劇場公開される。

ストーリーは、自閉症の少年少女を主人公に、その行動や家族のインタビューを通して自閉症者が生きる世界を紐解くというもの。

彼らが見て、感じていることが疑似体験しているかのようにわかるだけでなく、普通とは何か?個性とは何か?といった普遍的なテーマについても考えさせられる内容になっている。

“世界最大のインディペンデント映画祭”といわれる、アメリカの「サンダンス映画祭」にもノミネートされた話題作の待ちに待った日本上陸。

劇場でぜひチェックしてほしい。

©KADOKAWA

『僕が跳びはねる理由』

【公式HP】https://movies.kadokawa.co.jp/bokutobi/

Top image: © KADOKAWA
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世界初のセレクトショップ「コレット」。その閉店までの日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』」...
大人気アーティスト、ビリー・アイリッシュのドキュメンタリー映画『Billie Eilish: The World’s A Little Blurry』が、...
歌とダンスがすきな9歳のGeorge君は、自閉症を患っています。クラスメイトに自己紹介するために自身が制作した動画では、自閉症が自分の行動にどのような影響...
映画『エキストラ・バージン〜世界一のオリーブオイル〜』。世界最大のオリーブ畑を舞台に、次世代を担う若き生産者たちを追ったドキュメンタリー映画。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
「世界でいちばん貧しい大統領」と呼ばれた、南米の小国・ウルグアイの第40代大統領「ホセ・ムヒカ」を、若手日本人監督が追ったドキュメンタリー映画『ムヒカ 世...
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...