体育館の床で作った額縁ーーリユースアイテムは背景に惹かれる

写真は、静岡県にあるセレクトショップ『CO.NNECT.』が販売しているアートフレーム(額縁)。

“やれた”感じは、アメリカを中心に盛り上がっているクラフト系アイテムの流れで捉えてもイケてます。

ポイントは廃材の出どころ。体育館の床を再利用しているんです。

毎年、日本では
約500校が廃校に

F6acaa202a6d15b4e6c750e985322c8110231417

フレームの話題の前に、軽く社会的な背景を。

文部科学省の「廃校施設活用状況実体調査(2014年実施)」によると、全国の廃校発生件数は、2012年が598校、2013年が482校。じつに毎年約500校が廃校になっています。

同調査によると、廃止となった学校は公民館や老人ホームなど、さまざまな施設へと活用されているそうですが、なかには老朽化により完全に取り壊しになるケースも。

「自分が通った学校がもうない」という人は、決して少なくないわけです。もしかすると、この記事を読んでいる人の中にもいるかもしれません。

体育館の床は
とても優秀な素材だ

Ceff25bc33cf0339075a64f4fd16556a18e09001

話を件のフレームへ。

きっかけは2005年の夏。『CO.NNECT.』の覚上知幸さんが体育館の解体工事に参加したこと。

その際、床材がチップとして砕かれていく様に、とても残念な気持ちになったそう。

なんせ体育館の床に使用されている木材は、頑丈で良質。覚上さんは、チップにするのではなく、なんとかそのままのかたちで再利用できないかと考え、生まれたのがこのアートフレームというわけです。

木材の質感とコートラインの
バランスに惹かれる

1f1a09039040f9df966afef6e779b92891d27a16C1a1f239f575d5e22ce148521ac84278870dcbdd9eaf9f3308a6703c2ccd549b87ade882365bab7eEc713edb117ab8d944e4c3a3e0f56fbd0cff8ec2

使い古された木の質感に、バスケットボールなどのビビッドなコートラインがアクセントになって、唯一無二な存在感。

見た目だけでも十分そそられますが、バックグランドを知ることでさらに惹かれる、そんなプロダクトです。

4c1f0200a8988bd230b3155896c2bb3b9288e701

もちろんすべて1点もの。サイズによっても値段は異なります。小さなものは¥680から。

詳しくは『CO.NNECT.』まで。

オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
たった9秒。まばたき厳禁のオモシロ動画を見つけました。体育館の生徒たちの前に現れたのは、まさかのクジラ!?それは、一瞬の出来事だった…それは、ほんの一瞬の...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
京都の紅葉は、いまが見頃。昼間に眺めたい人もいれば、夜間ライトアップが好きという人もいるでしょう。そうそう、源光庵のように「窓で切り取られたもの」も話題に...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
環境先進国ドイツ第2の都市ハンブルグは、2016年2月テイクアウト用のコーヒーカップを禁止し、ゴミ問題への対策として世界にスタンスを示した。リサイクル大国...
以前、ビル・ゲイツが排泄物からつくった「水」を飲む動画を公開し話題になりました。様々なリサイクル事業が技術的に進歩している証拠でもありますが、その他にも汚...
瀬戸の奥へ奥へと向かうと、変わった壁に出会う。陶器で出来たアイコニックな幾何学模様は、瀬戸観光のパンフレットでは定番で、窯垣(かまがき)と呼ばれるものだ。...
Samsung(サムスン)が「The Frame」という名の新しい薄型テレビを発表。その名の通り、まるで額縁の中に飾られているような、アーティスティックな...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...