あ〜なるほど、想像力が鍛えられそうな10枚のアート

「組み合わせてみたら意外にフィットするもんだな」と、クリエイターのLea Brisellの写真を見て思ったんです。

でも、“まさかのモノ”同士がピッタリとあいすぎているためか、ちょっとツッコミづらいシュールさがあります。想像力が豊かな人ならではのひねった10のアイデアをどうぞ。

01.

「確かに」と、思うんだけど。

02.

本当にイイと思ったから、本物のハートを。

03.

うっかりドアノブを握った時を考えると………イテッ。

04.

美味しそう?いや、やっぱりアレにしか見えない。

05.

それだけ足があるもんね。

06.

意外に人気になるかも?

07.

編み物かと思ったら……今日の晩御飯はナニ?

08.

てっきり、もう一つ出でくるのかと。

09.

このトイレットペーパーを使ったら、血まみれになりそうだ。

10.

フラフープ回すのお上手なんですね。

Licensed material used with permission by Lea Brisell
他の記事を見る
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
どこまでもトリッキーな絵を生み出すのは、イギリス生まれのアーティストJulian Beeverさん。パフォーマーでもある彼は、自分とイラストが一体になるこ...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
ファインアーティストのFredrik Raddumによるブロンズ像。私の勝手なイメージかもしれないけど、ブロンズ像ってこう「ビシッ!」と決まっていものだと...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...