6万以上のいいねを集めた、ちょっと恐ろしいネイル。

以前、奇術のようなメイクをするアーティストとして紹介したDain Yoonの新作が登場した。日々、腕を磨き続ける彼女は、ついに指先にまで「顔」を施すように。

まずは、この衝撃を自身の目で確かめて欲しい。

「いいね」が
60,000件以上の話題作

Instagramで公開したところ、6万以上のいいねがついただけではなく、4000以上のコメントがあった。「恐ろしい」や「怖い」という意見もあれば、「これぞ、芸術!」という多くの好意的な言葉も。 

5時間以上かけてネイルを仕上げた彼女はこう言っている。

これまでずっと、自分のカラダをキャンバスにしてきました。だって、世界でたった一つだけのキャンバスだもの。常に新しい芸術を追求していくつもりです!

このネイル以外にも続々と“新たな驚き”を生み出しているDain。最後に、前回の記事でも紹介していない新作メイクをどうぞ!

Licensed material used with permission by Dain Yoon
彼女の顔をぱっと見た瞬間、全身にビリビリと電流が走ったような感覚に。二度見したくないくらいの衝撃、でも……つい見てしまう。奇術のようなメイクを手がける韓国...
5年で10店舗にまでチェーンを増やすことに成功した、ロシアのネイルサロン『Nail Sunny』。急成長の背景には、Instagramに投稿しているユニー...
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
自宅で簡単にネイルアートが楽しめる、アメリカ発の「ネイルプリンター」デバイスが登場しました。スマホのアプリを使って、イラストや絵文字、写真を爪に直接プリン...
ネイルをしている人の指先には、やっぱり目が行きますよね。ていねいに自分で磨きあげることも、サロンでお気に入りのデザインにしてもらうにしても、結局は、自分の...
安くて近くて直行便もでている、韓国・大邱(テグ)。街の屋台をめぐると、手軽で美味なるフードが盛りだくさん。
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
子育てに苦労はつきものですが、とくに異性の子どもの場合、自分の幼少時代の経験が通用しないこともあり、なかなかうまく接することができないことがあります。フィ...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
駅に着いてから、「家にSuica忘れちゃった!」と気づくことがあります。そんな事態も、これさえあればなくなるはず。だって、手をかざすだけで改札が通れちゃい...
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!
たまには単色じゃないネイルも楽しみたい。単色だとしてもちょっぴり勇気がいる鮮やかカラーに踏み出したい。
じっくり見てみると、顔からはみ出た部分は厚紙だったり、絵の具の塗りムラがあったり、鼻の中にティッシュが詰められていたりと手作り感が満載(笑)。
ちょっと怖いかもしれませんが、ぜひ試してみて欲しいのがコチラ。新しいアイウェアやメイクを選ぶときに、できるだけ相性の良いものを選びたい人のために開発が進め...
韓国をベースに活動するタトゥーアーティストZzizzi Boyさん。Instagramのプロフィール画像は、『魔女の宅急便』に登場する黒猫ジジ。縁がありそ...
韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...